中古車売却 中古車買取 コラム

手続き

車の抹消登録に必要な手続きとは|廃車の方法と手続きの流れ

更新日:

乗らなくなった不要な車は素早く処分することが大切で、まずは抹消登録をして名義を取り除く必要があります。抹消登録とは廃車手続きのことで、これを行うことで車から名義を消すことができます。抹消登録を行うにはどのように手続きを進めるのか、廃車手続きの種類から一連の流れまで理解し、スムーズに愛車を処分しましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

自動車の抹消登録の種類

抹消登録を行う際には、まずはどの方法で手続きを進めるかを考えなければなりません。車の抹消登録は大きく2つに分けられ、それぞれで手続きの内容や完了後の車の扱いが異なります。抹消登録の種類ごとの違いを知り、車をどのように処分するかに合わせて、適切な手続きを行いましょう。

解体が前提の永久抹消登録

永久抹消登録は、解体を前提とした廃車方法であり、手続きを行うには事前に車を解体処分しなければなりません。解体後15日以内に手続きを行う必要があり、抹消登録完了後は二度とその車に乗れないことは理解しておきましょう。 永久抹消登録は、車を完全に処分したい場合に用いる手続きで、古くなって故障した車や事故で大破した車て行うことが多いです。また、災害によって故障、あるいは紛失した車の名義を消去する場合にも、永久抹消登録を行います。

一時的に走行不可にする一時抹消登録

一時抹消登録は、名義を一時的に消去する手続きであり、車体をそのまま残すことができます。抹消登録時には、車検証とナンバープレートを返納するため公道を走ることはできませんが、保有するだけなら抹消登録後どれだけ長期間持ち続けていても問題ありません。 一時抹消登録後の車は、名義を再登録して使用を再開できるため、長期間使わないものの、将来的に使用を再開する場合に適用されることが多いです。名義を抹消している間は、自動車税の課税対象にならないため、余計なコストをかけずに保有し続けたい人におすすめです。 また、車体を残せるため、抹消登録後に他の人に譲ったり、業者に依頼して買取をしてもらったりもできます。廃車に伴い譲渡や売却を考えている場合も、一時抹消登録を行います。

自動車の抹消登録の手続き方法

抹消登録をスムーズに行うには、手続きの方法を把握して、事前理解を深めておくことが大切です。業者に依頼して手続きを代行してもらうこともできますが、代行手数料がかかる場合もあるため、費用を節約したいなら自分で行うのがおすすめです。 抹消登録は馴染みがないだけに難しいと思う人も多いでしょうが、手続きの方法さえ知っているなら、それほど難しくはありません。基本的な流れや必要な書類、費用などを知って、スムーズに手続きを完了させましょう。

必要書類の準備

抹消登録を行うには、まずは必要書類を集めなければなりません。必要書類は永久抹消登録と一時抹消登録で少しずつ違うため、注意が必要です。永久抹消登録に必要な書類は、以下の通りです。

  • 車検証
  • 印鑑証明書
  • ナンバープレート前後2枚
  • 「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き
  • 手数料納付書
  • 永久抹消登録申請書
  • 解体届出書
  • 自動車税・自動車取得税申告書

一時抹消登録に必要な書類は以下の通りで、大部分は同じですが、一部違いがあることは理解しておきましょう。

  • 車検証
  • 印鑑証明書
  • ナンバープレート前後2枚
  • 手数料納付書
  • 一時抹消登録申請書
  • 自動車税・自動車取得税申告書

永久抹消登録は解体関係の書類が必要ですが、一時抹消登録の場合は不要です。手続き時に窓口で入手する書類の名称も、それぞれ違っているため、間違えないよう注意しましょう。

必要費用の準備

必要費用も手続きの種類によって違い、永久抹消登録は無料、一時抹消登録は350円の手数料が必要です。ただし、永久抹消登録の場合は、事前に解体が必要なため、解体費用と車を業者に引き取ってもらう場合は、その運搬費用がかかります。 解体費用は車種や業者によって違いますが、1~3万円程度が多いです。運搬費用は1万円程度が相場で、自身で業者に持ち込める場合は費用はかかりません。

ナンバープレートを外す

抹消登録時にはナンバープレートを返納しなければならないため、事前に取り外す必要があります。プラスとマイナスのドライバーで簡単に外せますが、難しい場合は業者に依頼して外してもらいましょう。ナンバープレートを外すと、名義や車検の有無に関係なく、公道を走れなくなるため注意が必要です。 走行する必要がある場合はナンバープレートは付けたままにし、本当に不要になったタイミングで外すようにしましょう。

管轄の運輸局で手続きをおこなう

抹消登録の手続きは、住所を管轄する運輸支局で行います。必要な書類を窓口で提出すると手続きは完了ですが、平日の日中しか受け付けてもらえないため注意が必要です。また、軽自動車の場合は、運輸支局ではなく軽自動車検査協会での手続きになるため、会場を間違えないようにしましょう。

税事務所へ抹消登録を申告

抹消登録の手続きが完了した後は、自動車税事務所で廃車したことを申告し、自動車税の請求を止めてもらいましょう。自動車税事務所は、運輸支局のすぐ近くにあるため、手続き終了後、忘れずに申告することが大切です。

手際よく抹消登録をおこなおう

車を処分する際には抹消登録が必要で、スムーズに行うには手続きの方法を正しく理解することが大切です。永久抹消登録、一時抹消登録ともに特徴や流れを把握して、徹底した事前準備でスムーズな手続き完了を目指しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-手続き
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト