中古車売却 中古車買取 コラム

車とカギ

買取・売却

埼玉での不動車の買取事例|車の状態の見極めと業者の選定が重要

更新日:

車は動かないと邪魔になるため、素早く処分しなければなりません。しかし、不動車の処分にはお金がかかるため、何とか売却して少しでもお金にしたいと考える人は多いでしょう。ひとくちに不動車といっても、車によって状態は異なり、綺麗な状態なら高値で売れることも多いです。 また、どれだけボロボロでも買い手はつくため、諦めずにまずは買取査定に出すことが大切です。査定額は業者によって異なり、地域によっても差があります。埼玉の場合はどれくらいで買い取ってもらえるのかを知り、相場以上の価値で不動車も上手に売却しましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

不動車のタイプ

不動車を売却するなら、まずは不動車とはどのような車なのかを理解しなければなりません。不動車は「機能上」と「制度上」の2つに分けられ、それぞれで特徴が異なります。不動車とすべてをひとくくりにせず、車ごとの特徴の違いからどのタイプに当てはまるかを考え、愛車の状態を正確に把握しましょう。

自動車の機能上の不動車

自動車の機能上の不動車とは、簡単に言えば動かない車です。故障や不具合によって動かない場合は、機能上の不動車に該当しますが、これはさらに2つに分けられます。

エンジンの故障など修理できない不動車

「エンジン」や「電気系統」など、車の基幹部品が故障している場合は、修理できない不動車とみなされます。基幹部品の故障は車にとって致命的で、部品交換で直せることもありますが、その場合でも車が買い替えられるくらいの費用がかかることが多いです。 修理はほぼ不可能なため、廃車にするのが基本であり、状態が悪く買い手がつきづらいため、解体処分することもあります。基幹部品の故障は経年による劣化や事故、水没などによるものが多いでしょう。買取が可能な場合もありますが、高値での引き取りは期待できません。

バッテリーやタイヤの故障など修理できる不動車

「バッテリー」や「タイヤ」などの故障でも不動車に該当しますが、これらは修理が可能です。修理にもそれほど費用がかからないため、売却せずに直して継続して使用する方法もあります。また、修理して走れる状態に戻すことで、不動車ではなく通常の中古車の区分で売却できます。 ただし、修理費と買取査定の差額を考えると、修理費分が回収できず、損をする可能性があるため、注意しなければなりません。修理が可能でも、場合によっては直さず売ったほうが利益になる可能性もあります。修理可能な故障なら、査定でも大きなマイナスにはならないため、一度査定に出してから修理するかどうか考えるのもよいでしょう。

自動車の制度上の不動車

制度上の不動車は、車検切れの車が該当します。車検が切れると走行可能かどうかに関係なく公道を走ることができず、一歩でも出ると違法です。機能は損なわれていない場合でも、公道を走れない=不動車と考えます。 車検切れの場合は車検取得することで、問題なく動かすことができ、業者への持ち込みも簡単です。しかし、車検の取得には費用がかかるため、取得してから売却すると損をする可能性が高く注意しなければなりません。 基本的には車検切れの状態で売却するためには、業者の引き取りサービスを利用します。また、仮ナンバーを取得して運転する方法もあり、この場合なら自身で持ち込むことが可能です。

埼玉での不動車の買取事例

埼玉での不動車の買取事例は、以下の通りです。 車種 年式 走行距離 排気量 車両状態 買取金額 ホンダ フィット 2002年 11万km 1300cc オーバーヒート 5000円 日産 セレナ 2004年 12万km 2000cc バンパーボンネット曲がり ラジエーター破損 54000円 中古車の価格は大きく「市場の需要」と「車の状態」によって決まり、人気車種で状態のよいものが高く売れます。それぞれ年式は10年以上、走行距離10万km以上と状態はよくありませんが、買取金額は10倍以上も違います。これは車両状態の違いであり、オーバーヒートによるエンジンの故障が大幅な減額の理由でしょう。 エンジンの状態は不動車の買取価格を決める重要な部分であり、基幹部品の状態次第で、大まかな金額は決まるとも言えます。軽微な故障が多いより、基幹部品がひとつでも大きく損傷しているほうが、買取額は安くなると考えましょう。

不動車の売却に当たって注意すること

不動車でも売却は可能であり、車の状態次第では高値で売れることもあります。しかし、売却して必ずしも得をするとは限らず、売り方次第ではマイナスが出る可能性もあるため、注意しなければなりません。損をせずお得に売却するには、注意点をしっかり守ることが大切です。不動車売却ならではの注意点を知り、損なく上手に愛車を売却しましょう。

レッカー移動サービスがあるか

不動車は機能上、制度上のどちらでも公道を走ることができないため、レッカー移動サービスの有無は重要です。レッカーサービスがないと業者に車を持ち込むことができず、自身でレッカーを手配しなければなりません。 移動距離によって金額は異なりますが、1万円程度が目安です。ただし、業者によってはレッカー代を無料サービスすることもあります。レッカー代は不要な出費と言えるため、可能な限りレッカー無料の業者を利用しましょう。

廃車手続き代行サービスがあるか

売却時には廃車登録もしなければなりませんが、業者によっては手続きを代行してくれる場合があります。廃車代行サービスがあると、売却から処分までがスムーズに行えるため、より簡単に愛車を手放せます。代行手数料は業者によって異なりますが、これも1万円程度が目安です。 廃車自体には費用がほとんどかからないため、手数料は業者の人件費です。そのため、業者によっては無料で代行してくれる場合もあるため、サービス内容は入念にチェックしておきましょう。

出張査定サービスがあるか

車を売却するにはまずは査定に出さなければなりませんが、不動車だと査定で業者に持ち込むだけでも手間がかかります。そのため、出張査定サービスを行う業者を選ぶことが大切であり、これも無料で行う業者は多いです。 出張査定も持ち込んで査定してもらう場合も、評価の基準や査定額は変わりません。出張査定だから査定額を下げられる、不利な条件で売らされるということはないため、出張費無料の業者を探して利用しましょう。

売却時にもどってくる金額の確認

売却に伴い廃車も行うため、車の処分方法に応じて税金が還付されます。売却だけなら自動車税、解体を伴う売却なら自動車税と自動車重量税の還付があるため、それらがどれくらい戻ってくるかも確認しておきましょう。 還付金を確認しておかないと、悪質な業者だと買取額に含めて計算したり、業者の取り分にしたりする可能性があります。還付金は受け取らないと税金の払いすぎで損をするため、買取額と還付金は必ず別で計算してもらい、いくらもらえるかきちんとチェックしておきましょう。 また、廃車後は自賠責保険も解約できるため、これも保険の残り期間に応じて保険料が返金されます。自賠責保険は自身で解約が必要なため、売却時に忘れずに行いましょう。

動かない車を処分してお金にかえる

不動車でも買い取ってくれる業者はあるため、すぐに処分せずに買取に出すことが大切です。買取時には車の引き取りや廃車代行で費用がかかることもありますが、これは業者によっては無料です。上手に選ぶことでまったく費用をかけずに処分できるため、よりお得に車を手放せます。 地域によって買取額の差はありますが、基本的には車の状態による違いが大きいです。埼玉でも車の状態次第では高値で売れるため、売却先を上手に選び、不動車もお得に買い取ってもらいましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-買取・売却
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト