中古車売却 中古車買取 コラム

故障・修理

不動車の正しい動かし方|メンテナンスの手順や動作不良時の対処法

更新日:

車が動かないと不便を感じることが多く、何とかして動かしたいと考える人は多いでしょう。不動車は処分するとイメージする人も多いでしょうが、実は動かす方法もあります。不動車の上手な動かし方を知り、継続しての使用はもちろん、処分の際にも役立てましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

不動車を久しぶりに動かす時の手順

ひとくちに不動車といっても車によって状態は違います。完全に故障して動かない車だけではなく、長く使っていないことで動かせない場合もあります。長期間放置していると、故障していなかった車でも動かない可能性があるため、注意が必要です。不動車を久しぶりに動かす場合には、いくつかの手順を踏んで、作業を進めましょう。

ガソリンを抜いて入れなおす

長期間放置していた車にガソリンが入っている場合は、すべて抜いて新しいものを入れ直しましょう。ガソリンは長期間放置していると劣化し、エンジンは生きていてもうまく動かない可能性もあります。また、ガソリンが劣化していることで、エンジンが傷む可能性も高く、動いてもすぐに故障する、あるいは炎上することもあるため注意が必要です。 古いガソリンはポンプを使って抜き取ったり、ガソリンスタンドで交換してもらったりして、新しいものと入れ替えましょう。

バッテリーを繋ぐ

バッテリー切れで動かない場合は、バッテリーを交換しなければなりません。バッテリー切れだと、エンジンの状態はよくても車が動作しないため、必ず交換が必要です。 バッテリー交換は整備工場の人に来てもらって交換するか、自身で購入して交換しましょう。もともとバッテリーが動いていた場合でも、長期間放置することでバッテリー切れになることは多いため、確認は必須です。

オイル系を全て交換する

不動車を動かす際には、ガソリンだけではなく、その他オイルもすべて交換が必要です。オイルはエンジンオイルやブレーキオイル、パワステオイルなどがあり、再度動かすタイミングで、まとめて交換しておきましょう。 オイルは経年によって劣化するため、長期間放置していたなら、車の状態に関係なく交換が必要です。また、エンジンオイルを交換する際には、エンジンの様子をチェックし、サビがないかも見ておきましょう。エンジンがサビついていると、オイルを交換しても動かない可能性があるため、その場合は修理しなければなりません。

不動車を動かす時の注意点

長期間放置していた不動車でも、手順を守ってメンテナンスを行うことで、復活することは多いです。しかし、必ずしも動くとは限らず、再始動させる際には不具合が生じることもあります。場合によっては事故やトラブルに発展することもあるため、注意点を把握して、危険のないよう動かしましょう。

警告灯の確認を忘れない

不動車はエンジンがかかったからといって、必ずしも安全に動かせるとは限りません。動かす前には警告灯がついていないか必ず確認し、ランプが点灯している場合は無理に動かすのは危険です。特にオーバーヒートのランプがついている、水温計の針が上がり過ぎているなどは、事故に発展する可能性もあるため、動かすことは諦めましょう。

車検が切れている時は公道を走らない

車を動かす際には、車検が必要であり、動く=公道を走れるわけではありません。長期間放置している場合は、車検が切れている可能性が高いため、動作を確認した後は、公道に出る前に車検を取得しましょう。また、車検を取るためでも、検査場や業者まで車検切れの車を運転するのは違法です。業者に依頼して引き取ってもらうか、仮ナンバーを発行して、対応しましょう。

タイヤの点検を必ず行う

不動車を動かす際にはタイヤの点検も重要であり、事故防止のためにも必ず確認しておきましょう。長期間放置していると、空気が抜けていたり、ひび割れを起こしていたりする可能性があるため、すべてのタイヤの確認が必要です。状態の悪いタイヤを使って走行すると、まっすぐ走れない、あるいはそもそも動かない可能性もあります。

不動車が動かない時の対処方法

不動車は手順を踏んでメンテナンスを行っても、動かない場合があります。動かない場合でも必ずしも処分が必要なわけではなく、他にも対処法があります。自分でメンテナンスをして動かせない場合は、別の方法で対処し、動かせないか試してみましょう。

不動車買取専門店に引き取りを依頼する

車が動く見込みがないなら、動かすのを諦めて、不動車買取専門店に引き取りを依頼しましょう。不動車にも価値は残っているため、車の状態によっては高値で売れることもあります。引き取りの際には輸送費がかかる場合もありますが、業者によっては無料サービスを行っていることもあるため、サービスの充実した業者を選びましょう。 不動車は「修理して転売」「分解してパーツ販売」「解体して素材を再利用」のどれかになるため、完全に故障している場合でも、売却は可能です。

自動車修理工場に持ち込む

動かない車は修理工場に持ち込み、プロに修理してもらうのもひとつの手です。工場に持ち込むにはレッカー代がかかり、修理箇所に応じて費用がかかりますが、新しい車を買うよりは安く車に乗れる可能性が高いです。 しかし、故障箇所が多いと費用が高くつくため、場合によっては修理よりも買い替えたほうがお得なケースもあります。また、不動車は必ずしも修理できるとは限りません。 故障してすぐなら修理できた場合でも、長期間放置していると直せなくなる場合もあります。車は放置していても経年により劣化するため、修理して乗るなら、早めに対処したほうがよいでしょう。

不動車は放置せずに早めの対処を決めよう

不動車の動かし方は複数ありますが、どの方法でも動かしやすいのは故障してすぐです。長期間放置していると、復活させられる可能性は低くなるため、不動車はすぐに処分の方法を決め、ほったらかしにしないようにしましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-故障・修理
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト