中古車売却 中古車買取 コラム

お金と電卓

廃車

廃車寸前の車でもお金になる。還付金と買取で利益を出そう

更新日:

車を廃車処分する場合、「廃車の登録手数料」「業者の代行費用」「解体費用」などでお金がかかることが多いです。廃車の方法によってかかる費用は異なりますが、場合によっては数万円程度かかってしまうこともあります。 廃車には少なからず費用がかかるとイメージする人が多いですが、実はそうとは限りません。方法によっては廃車がお金になることもあるため、お得な廃車方法を知り、愛車を上手に処分しましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

廃車の手続きにかかる費用

まず廃車の手続きにかかる費用ですが、これは「自分でおこなう場合」と「業者に代行してもらう場合」で異なります。自分でおこなう場合は、業者の代行手数料が不要なため、安く済むことが多いです。しかし、永久抹消登録なら解体費用で数万円、一時抹消登録なら廃車の登録料に350円かかり、これらは出費の必至です。 業者に依頼する場合は、これらに加えて代行手数料がかかります。また、不動車の場合は車を引き取ってもらうためにレッカーが必要であり、運搬費は1万円程度が相場です。廃車の方法や利用する業者によって違いはありますが、平均的に2~5万円程度かかることが多いでしょう。

廃車手続き後に戻ってくるお金

廃車時にお金を受け取る方法には、還付金制度の利用が挙げられます。廃車時には条件に応じて税金の還付を受けることができ、場合によっては費用が相殺できるケースもあります。また、税金だけではなく保険料の返金も可能であるため、両方合わせると高額になることも少なくありません。 還付される税金、保険料の種類によって受け取りの要件は異なり、申請が必要なものもあるため、忘れずに手続きをおこないましょう。
廃車手続き後に戻ってくるお金は、大きく「税金」と「保険料」の2種類です。それぞれで受け取れる金額や条件が異なるため、特徴を把握して正しく受け取りましょう。

自動車税の還付金

自動車税は4月1日時点で車の名義を持っている人にかけられる税金であり、廃車時に還付されます。特別な申請は必要なく、廃車手続きの完了と同時に還付が発生するため、後日届く支払い通知書を持って、金融機関の窓口で還付金を受け取りましょう。 自動車税は廃車方法に関係なく還付されるため、廃車したすべての人が受け取り可能です。還付金は廃車した翌月から起算し、年度末までの期間を月割り計算して決定します。そのため、3月に廃車した場合は、税金を使いきったことになるため、還付金はありません。 また、自動車税が還付されるのは普通自動車を廃車した場合のみです。軽自動車でも税金は支払っていますが、「軽自動車税」と区分が違い、これは還付がありません。

自動車重量税の還付金

自動車重量税は、車検時に収める税金であり、永久抹消登録時のみ還付が可能です。重量税は車を解体していることが還付の条件になるため、名義を抹消するだけの一時抹消登録では還付金はありません。重量税は自動車税のように自動で申請されるわけではなく、廃車手続き時に一緒に申請が必要です。 永久抹消登録の申請書に重量税還付の申請欄が設けられており、このタイミングを逃すと後から申請はできないため注意が必要です。重量税は廃車した翌月から起算し、車検の残存期間に応じて金額が決定します。車検期間が1カ月以上残っている場合のみ還付の対象となります。 また、重量税は軽自動車でも還付されるため、永久抹消登録に該当する解体返納をおこなう場合は、必ず申請しましょう。

自賠責保険の還付金

自賠責保険は解約時に、保険の有効期限に応じて返金されます。車やバイクの名義を持っている人にかけられる強制保険であるため、廃車登録が完了するまでは解約の申請ができません。廃車の完了とともに解約が可能で、自身で保険会社に連絡する必要があるため、忘れないうちに手続きをおこないましょう。 自賠責保険の解約には、廃車を証明できる書類が必要なため、廃車時に受け取った書類はなくさないよう保管しておく必要があります。また、保険料は1カ月単位で計算して返金され、廃車した時点ではなく解約した時点で返金額が決まるため注意が必要です。 廃車が完了し、時間が経過してからも自賠責保険の解約は可能ですが、月をまたぐと1カ月分返金額は少なくなります。1日の違いで返金額は減ってしまうため、月末に廃車した場合は、急いで解約手続きをおこないましょう。

自動車任意保険の返戻金

自動車任意保険に加入している場合も、解約すると保険の有効期間に応じて保険料を返金してもらえます。保険会社によって返金額の計算方法は違うため確認が必要ですが、自賠責保険同様に1カ月単位で計算することが多いでしょう。 また、任意保険は希望者のみが契約する自由保険であるため、廃車前に解約することも可能です。廃車を決めてから実際の手続きまで期間が空き、その間車を使用しないなら、任意保険だけ先に解約するのもひとつの手です。 また、解約日を指定できる「先付け解約制度」を利用し、廃車日や解体日に合わせて、解約の予約をしておくと、廃車手続きもスムーズに進めやすいでしょう。

廃車する車がお金になる廃車買取

廃車手続き時に税金や保険料の還付を受け、お金を得ることはできますが、それだけではなく廃車買取に出し、売却してお金にするという方法もあります。廃車買取の場合は、車を処分する費用がかからず、かつ買取によってお金になるため、最も利益が出やすいです。 廃車専門業者なら、廃車寸前で自走できない車でも買い取ってもらえる可能性があるため、業者を探して売却先を見つけましょう。同じ車でも買取業者によって査定額は異なるため、複数査定に出して比較し、納得のいく金額を提示した業者を利用することが大切です。

廃車買取業者の上手な選び方

廃車買取でお金になるかどうかは、売却先の業者選びにかかっています。業者の選び方次第で得られるお金は大きく異なるため、上手な選び方を知り、少しでも有利な条件で売却しましょう。

自社リサイクル工場を持っている業者を選ぶ

廃車買取業者の中でも、自社リサイクル工場を持っている業者は、高い買取金額を提示してもらいやすいです。廃車は業者が買い取った後、解体業者に回して解体され、リサイクルによって利益を得ることが多いです。 自社でリサイクル工場を持っていない業者の場合、リサイクルの過程を外部に委託するため、中間マージンが発生します。自社でリサイクル可能なら中間マージンがかからず、浮いた費用を買取価格にプラスできるため、高価買取が期待しやすいです。

異様に高い査定額を提示してくる業者は避ける

買取に出すなら少しでも高値で買い取ってもらいたいと考えるのが普通ですが、異様に高い査定額を提示する業者は、避けたほうが無難です。廃車にも価値があるため買取は可能ですが、それでも限られた価値しかないため、査定額が大幅に高くなることはありません。 異様に高い査定額を出す業者は、契約後に車に問題が見つかったと文句をつけて、査定額を下げようと考えている可能性があります。最終的には相場以下の金額で買い叩かれる可能性もあるため、相場をきちんと把握し、適正価格で買い取ってくれる業者を選ぶことが大切です。

廃車にかかる各種手数料が無料の業者を選ぶ

廃車は「解体」「運搬」「手続きの代行」などで手数料が発生しますが、業者によってはこれらをすべて無料サービスにしている場合もあります。廃車はお金がかかるものと考える人は多いでしょうが、実際にはそれほどお金はかからず、手間を惜しまなければ費用をかけずに廃車することは可能です。 優良な業者の場合、廃車にかかる各種手数料を無料にして、1台でも多くの廃車を引き取ろうと考えます。高額査定でも手数料がかかる業者だと、手元に残る実質の金額は低くなることが多いため、費用がかからないことは最重要項目に考え、業者を選びましょう。

還付金と買取価格を確かめてみよう

廃車には費用がかかりますが、これは方法次第で抑えることができ、反対に利益を得ることも可能です。廃車でお金になるのは、廃車登録時に得らえる「還付金」と売却した際の「買取金額」であるため、それぞれでどれくらいのお金になるのか考え、適切な方法でお得に手続きを完了させましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト