中古車売却 中古車買取 コラム

タイヤ修理

故障・修理

タイヤのパンク修理にかかる費用の相場は?パンクの見分け方も詳しく解説

更新日:

タイヤのパンクは日常的に起こりやすいトラブルの一つですが、パンクしたタイヤで走行を続けるとタイヤ以外の部分にダメージを与え、重大な事故につながる恐れもあるため、すぐに修理しなくてはなりません。
ここでは、タイヤのパンクを見分ける方法や、タイヤのパンク修理にかかる費用の相場を業者別に詳しく解説していきます。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

走行中にタイヤのパンクを見分ける方法

車で走行

まずは車のパンクを見分ける方法について見ていきましょう。明らかにタイヤがしぼんでいたり亀裂が入っている場合は判別しやすいですが、見た目ではパンクしているのか判別しにくいケースもあります。
走行中に感じた異変の正体がタイヤのパンクということもあるので、確認していきましょう。

タイヤが回ると異音がする

車のタイヤがパンクすると、空気が抜けてホイールなどのパーツが地面と直接ぶつかり、異音が発生することがあります。「ガタガタ」「ゴトゴト」「ズルズル」などといった普段しないような音がしたら、タイヤがパンクしている可能性があります。

振動がいつもより強い

車のタイヤは、路面からの衝撃を緩和させるクッションのような役割を果たしています。そのため、タイヤがパンクすると地面からの衝撃を直接受けることになり、通常の走行では感じないような強い振動が生じることがあります。この振動は、前輪がパンクしている場合は前方から、後輪がパンクしている場合は後輪から感じます。

ハンドルが取られる

4輪のうち、どれか1つでもタイヤがパンクしてしまうと、車体の左右のバランスが崩れることでハンドルが取られてしまい、真っすぐ走行することができなくなります。
普段よりもハンドルが重く感じたり、ハンドルを多く回さなければ曲がり切れないといった場合は、タイヤがパンクしている可能性があります。

停車時にタイヤのパンクを見分ける方法

パンク修理

走行時にタイヤがパンクしているかも…と思ったら、安全な場所に停車し、タイヤの状態を確認する必要があります。停車時にタイヤがパンクしているかどうかを見分ける方法について見ていきましょう。

タイヤに異物が刺さっていないか確認

タイヤがパンクする大きな原因の一つに、釘やガラスの破片などが刺さってしまうというものがあります。最近のタイヤは釘やガラスの破片などが刺さってもすぐに抜けないようになっているため、異物が刺さったからといってすぐに空気が抜け、タイヤがへこんでしまうことはありませんが、そのまま放置しておくと確実にパンクします。まずは異物がタイヤに刺さっていないかを確認し、刺さってる場合はすぐに修理するようにしましょう。

タイヤのへこみを確認

まずはタイヤがへこみ、空気圧が下がっていないかを確認しましょう。パンクした直後であればまだ空気が抜けきっていない状態なので、注意深く他のタイヤと見比べる必要があります。

タイヤの一部が膨らんでいないか確認

タイヤの側面にコブのような膨らみがないかを確認しましょう。縁石などにタイヤの側面をぶつけてしまった場合、タイヤの内部にあるワイヤーが切れ、その部分がコブのように膨らんでしまうことがあります。この場合もすぐに空気が抜けてしまうことはありませんが、そのまま放置していると確実にパンクしてしまうため、早急に修理する必要があります。

エアバルブを確認

タイヤに空気を入れるエアバルブが緩んでいたり破損している場合、そこから空気が漏れてしまうことがあります。特にバルブ自体が外れてしまった場合は、すぐに空気が抜けきってしまうため危険です。エアバルブに不具合が生じている場合は、すぐに修理に出すようにしましょう。

タイヤのパンク修理にかかる費用相場

コイン

タイヤがパンクした状態で走行を続けると車の他の部分にダメージを与え、事故につながってしまう恐れもあるため、すぐに修理や交換を行う必要があります。
とはいえ、タイヤのパンク修理をどこに依頼したらいいのか分からないという方もいるのではないでしょうか。ここからは、タイヤのパンク修理にかかる費用相場を依頼する業者別に解説していきます。

ガソリンスタンド

ほとんどのガソリンスタンドではタイヤのパンク修理を請け負っています。パンク修理にかかる費用は1,500円程度と比較的安価で、作業時間も30分程度で終わることがほとんどです。
しかし、基本的に出張には対応しておらず、ガソリンスタンドまで車を持ち込む必要があります。また、自走できず、レッカーが必要になる場合などは、レッカー費用として別途1万円程度かかることもあるため注意しましょう。

ディーラー

ディーラーでもタイヤのパンク修理をしてもらうことは可能です。ディーラーは手厚いサービスを受けることができるのが最大のメリットで、持ち込みはもちろん、出張修理に対応しているところもあります。
パンク修理にかかる費用は2,000円程度が相場ですが、タイヤの内面まで修理する必要がある場合は、5,000円程度かかることもあります。
他の業者と比べると修理費用は割高ではありますが、専門的な知識を持ったスタッフに任せることができます。

カー用品店

カー用品店にパンク修理を依頼する場合、修理費用は店舗によって異なりますが、1,500円程度が相場です。しかし、これは修理箇所1箇所に対しての値段になるため、修理箇所が増えれば増えるほど、かかる費用も高くなります。修理する箇所が多い場合は、修理ではなく新しいタイヤに交換した方が安くなることもあります。
タイヤを交換する場合、新しく交換するタイヤの代金がある分、費用は高くなりますが、カー用品店であれば多少割引を受けられる可能性もあります。交換するタイヤの値段によってかかる費用は異なりますが、タイヤ代にプラスで作業工賃が1,500~2,000円程度かかると思っておいていいでしょう。

JAFなどのロードサービス

JAFなどのロードサービスの会員であれば、タイヤのパンク修理は無料で依頼することができます。会員費を払っている分、こいういったサービスを利用しなければもったいないため、積極的に利用しましょう。
また、非会員であってもロードサービスにパンク修理を依頼することはできますが、その場合の修理費用は1万円程度と高額になるため、あまりおすすめしません。

タイヤの修理費用は保険対象外

任意保険に加入している場合、事故による故障などの修理費用を補償してもらうことができます。しかし、車両保険に加入していても、タイヤのパンク修理は自己負担となり、保険の適用対象外となるため注意しましょう。
タイヤがパンクした場合はそのまま放置せず、自分に合った業者を探し、早めに修理してもらうようにしましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-故障・修理
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト