中古車売却 中古車買取 コラム

カギを手渡しする

廃車

ミニバンを処分するにはどうする?おすすめの方法と選び方

更新日:

ミニバンはスポーツやアウトドアからタウンユースまで幅広く使え、利便性の高い車です。広い室内空間から大人数での乗車も可能で、多くの人に選ばれていますが、長く使っていると当然消耗し、劣化します。 古くなった車を手放したいと考えるのは普通ですが、問題はどのように処分するかです。中古車でも人気の高いミニバンはどのように処分すべきか、おすすめの方法を知って、上手に手放しましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

ミニバンの処分方法について

ミニバンを処分する場合、方法は大きく2つに分けられます。どちらを選ぶかで、かかる費用や処分後の車の扱いが違ってくるため、注意しなければなりません。適切な方法を選ぶためにも、それぞれの特徴の違いを理解しておくことが大切です。

解体する場合

不要になった車は解体して処分するという人が多く、解体業者に依頼することで引き取り、スクラップ処分してくれます。業者ごとに費用の相場は違いますが、大体2~4万円程度で請け負ってもらえることが多いでしょう。 車両の引き取りが必要な場合は、別途レッカー代がかかるため注意しなければなりません。レッカー代は車の状態や輸送距離によって違いますが、1万円程度が相場です。さらに購入時や車検時にリサイクル料金を支払っていない場合は、これも支払う必要があります。全ての費用が必要な場合は、最大で5万円以上かかることが多いと考えましょう。 解体は処分の中でも特に費用がかかりやすいため、まずは費用をかけない方法を考えることが大切です。業者によっては、解体処分を代行してもらえる場合でも、各種手数料無料で行うこともあります。 解体費用、車両の引き取り、廃車手続きまで無料サービスとする業者もあるため、サービス内容は念入りにチェックしておきましょう。

売却する場合

ミニバンを処分するなら、売却もひとつの手です。使い勝手が良い車のため、中古車市場でも需要の高いものは多く、車によっては高値で売れるでしょう。売却時には車の状態を見極めることが大切で、状態に合わせて依頼先の業者を選ばなければなりません。 例えば比較的綺麗な状態で、まだまだ十分使えるなら、中古車販売店や中古車買取業者に売却するのがおすすめです。状態が良いなら業者はそのまま転売できるため、より高い金額で買い取ってもらえることも多いでしょう。 また、売却とは少し違いますが、新しい車への買い替えを検討しているなら、ディーラーに下取りに出すのもおすすめです。これも状態の良い車に限定するのがおすすめです。経年劣化している、走行距離が長くて消耗が激しいといったボロボロの車の場合は、廃車買取業者を利用しましょう。 廃車買取業者なら、自走できない車でも買取が可能で、パーツ単位、資源単位で見て評価をしてくれます。他の業者では全く値が付かないものでも、いくらかの金額にはしてくれることが多いです。売却先を見極めることが、お得に処分する秘訣と言えるでしょう。

ミニバンの処分方法の選び方

処分方法が理解できても、結局どちらを選ぶべきかと迷ってしまう人は多いでしょう。どちらか一方を選ぶことで、手持ちのミニバンを手放し、処分できるのは確かです。 しかし、方法次第で損得が違ってくることもあるため、どちらの方法を取るかは慎重に決めなければなりません。どのように方法を選ぶべきか、ポイントを知っておきましょう。

自分で手続きを行う場合

自分で手続きを行って処分する場合、費用はかかりづらいものの、手間がかかるため注意しなければなりません。解体による処分を希望するなら、まず解体業者に車を引き渡し、その後運輸支局で廃車手続きを行う必要があります。 車は単に解体しただけでは法的に処分したことにならず、名義が残ったままで放っておくと、翌年以降も自動車税を課税されてしまいます。解体後は廃車登録によって名義を抹消しなければならないため、この手間がかかることは覚えておきましょう。 廃車手続きは運輸支局で行いますが、そのためには必要書類を複数集め、かつ平日の日中に時間を取らなければなりません。そもそも平日に時間を取ることが難しい、あるいは処分に手間をかけたくないという人には不向きな方法です。条件が合わないなら、別の方法を検討したほうが良いでしょう。

業者に依頼する場合

業者に依頼する場合、どの業者を利用するかで方法は異なります。解体業者の場合は、車両を引き渡し、解体後に廃車手続きも代行してもらいます。この場合は解体費用と廃車手続きの代行手数料がかかる場合が多いでしょう。 買取の場合は、まずは査定に出し、見積もり金額に納得がいく場合は契約して、売却へ進みます。売却後は廃車手続きまで代行してくれるケースが多く、業者によっては手数料無料です。売却できる状態で、かつ売却先を上手に選ぶことができるなら、業者に依頼して処分するのがおすすめでしょう。

ミニバンの処分方法をしっかり比較・検討しよう

ミニバンをスムーズに処分するには、まずは方法を知り、どのやり方が自分に適しているかを考えることが大切です。しっかり比較検討して自分に適している、利益になる方法を選び、賢くミニバンを手放しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト