中古車売却 中古車買取 コラム

故障・修理

【車傷のへこみの修理方法】傷を放置するリスクを知ろう

更新日:

車傷の種類はさまざまですが、なかでもやっかいなのがへこみです。ほかの車傷と違ってへこみの場合は修理が難しい場合も多く、業者に依頼しなければならないケースが多いです。もちろん自分でも修理は可能ですが、きれいに直すにはコツやテクニックが必要になります。車傷のへこみの直し方を知って、どの方法が最適かを考えていきましょう。

車傷のへこみの修理方法と費用目安

車のへこみの修理となれば難易度は高いですし、業者に依頼して修理してもらう人は多いです。業者に依頼すればどんなへこみでも直してくれますが、当然お金がかかります。どれくらいの費用がかかるかは傷の程度や場所によっても違いますが、基本的には傷が大きいほどに費用は高くなります。 へこみはどのような方法で修理されるのか、修理方法とともに、それぞれの修理にかかる費用の相場を確認していきましょう。

小さなへこみの場合

ほんの小さなへこみの場合は、デントリペアなどを使った修理となります。デントリペアとは簡単に言えば吸盤であり、へこみ部分に吸着させて引っ張ることで、へこみを元に戻します。小さなへこみであればすぐに修理ができますし、数時間程度で終わることも多いです。修理としても大掛かりではありませんので費用も比較的安く、2万円程度で済むことがほとんどでしょう。

中程度のへこみ

中程度のへこみの場合は、ただへこみを戻すだけではなく、板金塗装も必要になることが多いようです。どこかにぶつけてできたへこみなら、一緒に塗装がはがれてしまうことも多いですし、塗装の修理まですることで完全修復となります。 中程度のへこみは、場所にもよりますが費用の相場は3万~5万円前後です。へこみの修復に加えて塗装の費用もかかりますし、また時間も数日程度かかる可能性が高いので注意しましょう。

大きなへこみの場合

へこみによる損傷が大きい場合は、修理が不可能な場合もあるので注意しましょう。修理ではなく、パーツの交換が必要な場合は、場所にもよりますが、10万円程度かかることもざらです。パーツ交換の場合は珍しい車であればパーツがなかなか見つからなかったり、見つかったとしても高額の費用が必要になることもあります。 場合によっては修理より買い替えの方が安いこともありますので、傷の程度によっては買い替えも検討しておきましょう。

 

車傷のへこみを自分で直す方法

車のへこみは業者に依頼しての修理を考える人が多いですが、実は自分でも直すことは可能です。自分で直す場合であれば、それほどお金もかかりませんし、道具も一度揃えてしまえば何度も買い替える必要はありません。ただ修理にはコツがいりますし、時間がかかることは覚えておきましょう。 自分でへこみを修理する場合は、メリット・デメリットの両方を知っておくことが大切です。それぞれ理解したうえで、具体的な修理方法を知っていきましょう。

市販のパテ剤を使う

へこみの修理としては、市販のパテ剤を使ってへこんだ部分を埋める方法があげられます。パテにもさまざまな種類がありますので、深い傷には厚付け用、浅い傷には薄付け用と使い分けることが大切です。またパテを使う場合にいきなり塗るのではなく、サンドペーパーで塗装をある程度落とす必要があります。 いきなり塗ってしまうと、パテがすぐにはがれてしまいますので、しっかり綺麗な状態にしてから塗っていきましょう。

ドライヤーやお湯で温める

車は熱によって変形させやすい素材でできていますので、ドライヤーやお湯で温め、そのあとコールドスプレーで冷やすという方法でも修理できます。ポイントはしっかり温めて、急速に冷やすことです。温めが足りなければうまく変形しませんし、しっかり温めてもゆっくり冷やしていたのでは意味がありません。またこの方法は一度で完全修復ができるとは限りませんので、数回繰り返すことが大切です。

ハンマーを使って叩く

車のへこみは外部からの強い圧力によって起きるものですので、へこんだ部分を裏側からハンマーで叩いて直すのもおすすめです。ハンマーは板金用のものを使用し、強く叩きすぎないように注意しましょう。強く叩きすぎると穴が開いてしまう可能性もありますし、軽く何度も叩くことがポイントです。また温めて柔らかくしてから叩くのもおすすめですので、ほかの修理方法と併用しながらやってみましょう。

 

車傷のへこみを放置するリスク

へこみは業者に修理を依頼すればお金がかかりますし、かといって自分で直すとなればかなりの手間がかかります。そのためへこみがあってもすぐに修理せず、放置してしまう人が多いですが、これはよくありません。車傷は放っておいてもよくはなりませんし、むしろどんどん悪化していきます。 これはへこみも同じであり、へこみを放置してしまうとさまざまなリスクがありますので、それらを知っておきましょう。

鉄が錆びてしまう

へこみを放置していると、へこんで傷ができた部分に水や汚れがたまり、錆びて

しまう恐れがあります。錆が広がると修理費用も高くなりますし、錆ないうちにへこみを修理しなければなりません。また錆による腐食がひどくなれば、パーツに穴があくなど内部の故障につながる可能性もあります。修理ではなくパーツ交換になってしまうことも多く、場合によっては車そのものが動かなくなる危険性もあるので注意が必要です。

査定の評価が下がる

へこみを放置したまま下取りの査定に出した場合は、マイナスの評価がつく可能性が高いです。査定額は下がってしまいますし、売却時に損をします。へこみがなければ査定額は上がるはずですし、直せるうちに直しておくことが大切です。 もちろん、査定額を高めたいのであれば、基本的には自分で直しましょう。業者に修理してもらうと、査定による減額よりも修理費用の方が高くなってしまい、結果的に損をすることも多いので注意が必要です。

見た目が悪く周りからの評価が下がる

へこみがあると運転が下手だと認識され恥ずかしい思いをしますし、傷を放置していることでだらしない印象を与え、信用がなくなる可能性もあるので注意しましょう。車は見栄えも大切ですし、傷があることで自身の評価や信頼にかかわることも多いです。 特にビジネスで利用する車の場合は、傷を放置したままだと相手に失礼になることも多いので、傷ができれば素早く修理することが大切です。

車傷はなるべく早めに修理しよう

車傷のなかでもへこみは特に厄介ですが、傷ができれば素早く修理しなければさらに状態が悪化してしまいます。面倒だからと放置していると、さまざまなリスクがありますし、早めに修理をしなければなりません。修理は業者に依頼するだけではなく、自分でもできますので、可能な限り素早く修理をして、放置によるリスクを回避しましょう。

ただし、もともと車が古いなどの理由で買取に出す予定だった場合は、下手に自分で修理してから出されるよりも、そのまま買取に出した方が高値になる事が多いです。これは素人が修理する事によって余計に直しにくい状態になってしまい、現状復帰する為に買取店が更に手を加える事になるのです。

また、プロの修理屋に依頼することもオススメしません。完璧に修理することで査定額は多少上がるでしょうが、修理費用以上に査定額が上がる事はありませんので、この場合でもそのまま買取に出した方が査定額はトータルで見ると高くなるのです。

なお、あまりにもへこみがヒドイ場合は通常の中古車買取では値が付かない可能性がありますので、事故車や故障車でも買取を行ってくれるカーネクストに申し込みする様にしましょう。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

カーネクストであれば、海外販路を持っている業者ですので、車種や条件次第では日本向けの業者よりもはるかに高額な査定が出来る事もあるでしょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-故障・修理
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト