中古車査定なら中古車買取の実績多数・年中無休の「カーネクスト」

中古車買取に関するコラム | カーネクスト

買取

中古車買取なのに印鑑証明が必要なのは何で?用途と注意点について

更新日:

車の購入時には印鑑登録証明書(略して印鑑証明)が必要になりますが、中古車買取に売りに出す場合にも印鑑証明が必要になるのは何故でしょうか。

可能であれば用意も面倒、悪用されると困る書類ですので、提出は控えたいものです。

そこで、今回は中古車買取に出す際にも印鑑証明が必要な理由と、その際の注意点についてご紹介いたします。

中古車買取の際に行われる作業内容

実際に印鑑証明が必要かどうかは、中古車買取に出した際の過程を知る必要があります。

という事で、まずは中古車買取の際に行われる手続きや、その作業内容について見ていきましょう。

買取申し込みから車の引き取り

まずは買取の申し込みから査定・契約を経て、車の引き取りが行われます。

この際には必要書類の提出も必要になり、車検証やリサイクル券に加えて、印鑑証明の準備を行う事になります。

車の引き取り後は、買取額の口座振込を待つのみとなります。

なお、業者によっては引き取り日に現金で買取額を手渡ししてくれる事もありますので、その点はご留意ください。

車の名義変更

ここからは中古車買取店側での作業内容となります。

車の引き取りを終えれば、次にその車の名義変更を行う事になります。

その車が普通自動車であれば陸運局で、軽自動車の場合は軽自動車検査協会にて手続きを行う事になり、車の引き取りの際に委任状の提出も一緒に求められる事がございます。

軽自動車の場合は委任状の代わりに、申請依頼書の提出となります。

一時抹消登録の手続き

名義変更が完了すれば、同じ施設内(陸運局もしくは軽自動車検査協会)にて一時抹消登録の申請に移ります。

この手続きを行う事で、自動車税の課税をストップさせる事が出来ますので、買取後すぐに買い手が見つからない限りは申請手続きを行う事になります。

名義変更と一時抹消登録を同時に行う移転抹消
なお、ここでは作業内容を可視化しやすいように名義変更と一時抹消登録を別々に説明していますが、基本的にはこの2つを同時に行う事ができる移転抹消という手続きをされる事になります。

抹消登録が完了すれば、あとは次の買い手が見つかるまで車を保管される事になります。

 

中古車買取で印鑑証明が必要なシーン

では、上記の中古車買取における工程の中の、どの部分で印鑑証明が必要になるのかを見ていきましょう。

名義変更時に両者の印鑑証明が必要

中古車買取における工程で、基本的には陸運局で手続きを行う際には印鑑証明が必要になると覚えておきましょう。

なので、陸運局での最初の手続きである名義変更の時点から、印鑑証明の提出が必要になります。

しかも、名義変更の場合は旧名義人の印鑑証明と新名義人の印鑑証明の両方が必要になりますので、売主分と買取店の2通の印鑑証明の用意が必要となります。

移転抹消の場合も2通必要

名義変更の場合に、両者の印鑑証明が必要なことから、移転抹消を行う際にも当然2通の印鑑証明の準備が必要になります。

もともと普通自動車というのは、相続税なども適用されるほど大き資産として分類される乗り物ですので、基本的に手続きには印鑑証明がセットになっていると覚えておきましょう。

なお、仮に名義変更と一時抹消登録の両方をバラバラに手続きされる場合、名義変更の際には両者2通の印鑑証明が必要になり、一時抹消登録の際には名義変更が完了している事が前提となりますので、新名義人、すなわち買取店の印鑑証明の1通のみの提出で可能となります。

例外:軽自動車の場合

なお、軽自動車の中古車買取の場合に関しては、上記の内容は全て該当しません

というのも、軽自動車の場合は普通自動車ほど大きな資産として見なされていませんので、相続関係からも除外されている乗り物なのです。

その事から、軽自動車検査協会での名義変更や抹消登録の際にも、印鑑証明のような仰々しい書類の準備は免除されているのです。

すなわち、軽自動車の中古車買取に関しては、いかなる場合であっても印鑑証明を提出するシーンはございません。

 

印鑑証明の取得における3つの注意点

上記の内容から、印鑑証明は普通自動車の買取の場合には提出が必須で、軽自動車の場合には準備の必要がない書類という事がお分かりいただけたでしょう。

なお、その際の印鑑証明の発行には、いくつかの注意点が存在します。

ここからは普通自動車の買取の方のみに該当する内容となりますが、印鑑証明発行の際に注意すべき点についてご紹介していきます。

名義違いに注意

まず一つ目の注意点は、車検証に登録されている名義との相違です。

よくあるミスとしては、車検証に登録されている名義は旦那さんになっているのに、実際に取得された印鑑証明が奥さんの名義といったパターンです。

印鑑証明は平日の夕方までに役所で取得が必要な書類ですので、比率的に奥様が発行しに行かれる事が多くなります。

そして、その勢いで自分の名義の印鑑証明を間違えて発行してしまい、中古車買取のための必要書類を揃える事ができず、手続きが遅延してしまう事になるのです。

期限切れに注意

2つ目の注意点としては、印鑑証明の期限切れに関するものです。

印鑑証明には、その印鑑証明の用紙が発行された発行日の記載がされますが、その期限が実際に陸運局で手続きを行う日から3ヶ月以内である必要があるのです。

なので、以前に発行したものが残っているからといって古い印鑑証明を提出されると、期限切れで無効な書類として返却される事になります。

なお、この期限は買取業者に車を引き渡す日から3ヶ月以内ではなく、あくまでも業者が陸運局での手続きを行う日から見て3ヶ月以内ですので、期限ギリギリの印鑑証明の場合は業者の手続きまでの日程次第では、無効な書類になりますのでその点も把握しておきましょう。

引っ越し等で住所が変わっている場合

3つ目の注意点としては、印鑑証明に記載されている住所と車検証に記載の住所が異なる場合です。

車関係の手続きでは、住所の基準はあくまでも車検証に記載の住所が優先されますので、前回の車検を受けた住所と新しく発行した印鑑証明に記載の住所が異なる場合は、住所違いという事で受理されません。

この場合、引っ越し回数が1回のみであれば住民票を別途取得して提出する事で、前住所の記載がある事から補助書類として適用が可能でございます。

もし、2回以上の引っ越しがある場合は、戸籍の附票(本籍地の役所で発行可能)という今までの引っ越し履歴が記載された書類を補助書類として提出すれば、住所違いの印鑑証明でも効力を発揮する事が可能です。

 

まとめ

以上が、中古車買取の際に印鑑証明が必要な理由と、準備の際の注意点についてのご紹介です。

簡単にまとめてしまうと、普通自動車の中古車買取の際には印鑑証明の用意は必須となり、軽自動車の買取の際には不要という事になります。

また、前述の通り印鑑証明の準備の際には、3つの注意点がございますので二度手間を避けるためにもあらかじめ注意すべき点を確認されてから、役所に発行手続きを行いに向かうようにしましょう。

印鑑証明の発行には300円の手数料が必要です。

-買取
-,

Copyright© 中古車買取に関するコラム | カーネクスト , 2019 All Rights Reserved.