中古車売却 中古車買取 コラム

高級車

購入

金融車は安く買える?金融車を購入するメリット・デメリット

更新日:

新しく車を購入しようと思ったら、なるべく安く購入したいと思うのは当然ですよね。中古車の購入を考え、ネットオークションなどを見ている際に、「金融車」という言葉を目にしたことがある方もいるのではないでしょうか。この金融車には高級車や人気車種も多く含まれ、その価格は市場価格の半額ほどのものもあります。
ここでは、金融車とは何なのか、金融車を購入するメリット・デメリットにはどのようなものがあるのかについて、詳しく解説していきます。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

金融車とは?

高級車2

担保として差し押さえられ、市場に流れてきた車を金融車と言います。一般的に、金融機関から融資を受ける際には担保が必要となります。この担保は、土地や車などの資産価値のあるものが対象となり、返済が滞った際に金融機関の判断によって売却されます。では、金融車が市場に出回る経緯にはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

所有者自身が任意で売却するケース

車をローンで購入した場合、ローン会社が車の所有者となります。そのため、返済が滞った場合は、滞納分の返済を行うためにローン会社が車の売却を行います。この場合は、車の所有者であるローン会社が納得して売却していることになるため、こういった事情で市場に出回った金融車を購入したとしても、権利関係のトラブルに発展することはほとんどありません。

担保にした車が売却されてしまったケース

土地や車などの資産価値のあるものが融資を受ける際に担保とされますが、返済が滞った場合は、この担保を処分してもいいかを所有者に連絡するのが一般的です。しかし、所有者への連絡がないまま処分されてしまうケースもあります。この場合、納得しないまま土地や車が処分されることになるため、所有者は取り返そうとすることがほとんどです。そのため、そういった事情で市場に出回った金融車を購入してしまうと、事情を知らなかったとはいえ、権利関係のトラブルに発展してしまう可能性があります。

金融車を購入するメリット

メリット

金融車を購入するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

車を安く購入できる

金融車を購入する一番のメリットは、相場よりもかなり安い金額で車を購入できるというものです。車種や年式によって異なりますが、一般的に金融車の相場は市場に出回っている中古車の半額程度となっており、普段なら手が届かないような高級車なども購入できるチャンスになり得ます。とにかく安く車を買いたいという方にはおすすめです。

税金を負担しなくていい場合がある

車を所持していると、必ず税金を支払う義務がありますよね。しかし、金融車の場合、車の所有者はローン会社のままであることがほとんどなので、車を購入した自分は使用者という立ち位置になります。金融車を購入する場合は、車の使用権だけでの売買となることがほとんどで、権利移転に関わる法的手続きが不要であるため、税金の納付義務も車の所有者であるローン会社にあります。しかし、所有権の移転登録を伴う場合は法的手続きが必要となり、税金の納付義務も発生するので注意しましょう。

金融車を購入するデメリット

デメリット

では反対に、金融車を購入するデメリットにはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

名義変更ができない

所有権の移転登録をしていない金融車の場合、名義変更やナンバーの変更はできません。そのため、金融車を購入しても車の所有者にはなれません。所有者になれなかったとしても車を使用する分には問題ないように感じるかもしれませんが、使用者というだけでは主張できない権利もあります。トラブルに発展してしまう可能性もあるということは理解しておきましょう。
しかし、金融車であっても正式な売買手続きを行い、所有権の移転手続きを行った場合は、普通の中古車を購入するのと変わりはないので問題ありません。

ディーラーで整備ができないことがある

車の所有者と使用者が異なる金融車の場合、ディーラーでの整備を断られてしまうことがほとんどです。ディーラー以外にも車の整備を依頼することはできるので、車の整備が全くできなくなるというわけではありませんが、探すのに手間がかかったり、制限がかかってしまいます。

車を処分できない

金融車は中古車として売却することができません。車を売却するには所有者の同意が必要となるため、所有者以外が勝手に売却や処分を行うと違反行為にあたります。つまり、車の売却だけでなく、廃車にすることもできないということです。金融車でも売買してくれる業者も存在しますが、違法性が高くトラブルに発展する可能性あるため、利用は避けた方がいいでしょう。所有権の移転登録をしていない金融車は売却も処分もできないため、保有し続けなければなりません。

任意保険に加入できないことがある

任意保険は「記名被保険者」と「車両所有者」が同一人物、もしくは親族であることが原則です。所有権の移転登録をしていない金融車の場合、記名被保険者が現在の車の使用者、車両所有者はローン会社であることがほとんどなので、任意保険に加入できないことになってしまいます。保険会社によっては加入できるところもありますが、名義変更後でなければ保険料の支払者に保険金が下りないこともあります。実際に事故を起こすと多大な損害を抱えてしまうことになるため、任意保険は車に乗る上で絶対に入っておきたい保険です。金融車は加入できなかったり、保険金が下りないリスクがあるということは覚悟しておきましょう。

所有者が車の返還を求めることがある

車の所有者が返済を終え、担保を取る必要がなくなった場合、車の返還を求められる可能性があります。所有者が返還を求めた場合、使用者よりも所有者の方が法的な立場が強いため、車を返還する必要があります。また、所有者の意思に反して市場に流された金融車は、所有者が盗難届を提出すると盗難車となってしまうため注意しましょう。事情を知らずに購入した場合、罪に問われることはありませんが、この場合も返還を求められると所有者に返還しなくてはなりません。

暴力団絡みの可能性がある

金融車は暴力団絡みで売買されていることが多いです。暴力団絡みだと知って購入する方はほとんどいないかと思いますが、後からそのことを知ってしまうこともあります。暴力団絡みの金融車を購入したからといって、それだけで処罰されることはありませんが、トラブルに巻き込まれてしまう可能性はあります。社会的信用に関わってくる可能性もあるため、あまりおすすめできません。

まとめ

金融車を購入するメリット・デメリットをご紹介しました。お話ししたとおり、金融車の購入には様々なリスクが伴うため、車を安く買えさえすればリスクなど気にしないという方以外にはあまりおすすめできません。相場よりもかなり安い値段で車を購入できるということは、それだけ何らかの事情があるということです。金融車の購入を検討している方は、購入後に起こり得るリスクを想定した上で購入するかどうかを決めるようにしましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-購入
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト