車関連コラム

車のエンジン

修理

エンジンの載せ替えにかかる費用とは?載せ替え時の注意点も解説

投稿日:

エンジンの故障と一口に言っても、エンジンから異音や異臭がする、エンジンのかかりが悪いなど、故障の程度や症状は様々であるため、対処法もエンジンの状態によって異なります。エンジンは車の心臓部分とも言える重要なパーツであるため、故障してしまうと多額の修理費用がかかってしまいます。さらに、エンジンの載せ替えは部品の修理などでは対処できない場合に行われるため、エンジンの修理の中でもハードルが高く、その分費用も高額になります。
ここでは、エンジンの載せ替えにかかる費用の相場や、エンジンの載せ替えを行う際の注意点などについて詳しく解説していきます。

エンジンの載せ替えに必要な費用は?

コイン

エンジン修理の中でも費用が高額になるエンジンの載せ替えですが、それくらいの費用がかかるのでしょうか。高額になる理由と併せて見ていきましょう。

最低でも10万円以上はかかる

エンジンの載せ替えにかかる費用は、最低でも10万円以上はかかると考えておきましょう。エンジンの載せ替えを行うには高い技術力が必要となるため、作業工賃だけで10万円以上することも珍しくありません。そのため、10万円程度で済むのは載せ替えるための新しいエンジンを既に持っている場合です。
エンジンの載せ替えにかかる費用が高額になるのは、エンジン本体の値段が高額であることも大きな理由の一つです。新品のエンジンは20~40万円程度、中古のエンジンであっても10万円以上は必要になります。そのため、エンジン本体と作業工賃を合わせると、最低でも30万円以上はかかることになります。また、外車のエンジンを載せ替える場合は、エンジンが国産ではなく、海外から取り寄せなければならないことがほとんどです。エンジンを海外から取り寄せるとなると、エンジン本体の費用だけでなく輸送費などが必要となり、全ての費用を合わせると100万円以上かかることもあります。

エンジントラブルの原因と対処方法|修理の費用相場も紹介

エンジントラブルがあると、車がスムーズに動作しなくなったり、場合によっては全く動かなくなったりもします。エンジンの問題は放置するとさらに悪くなる場合も多く、素早く対処しなければなりません。 エンジント ...

続きを見る

エンジンの載せ替えは車両保険の対象外

エンジンの修理には車両保険が使えないことも、エンジンの載せ替えが高額になる理由の一つです。車両保険の補償対象となるのは、事故や天災、いたずらなどといった外的要因が原因の場合です。エンジン故障の原因はそういった外的要因によるものではなく、エンジンオイルの交換を怠っていたり経年劣化によるものが多いため、車両保険の補償対象外となってしまうのです。しかし、比較的新しい車にもかかわらずエンジンが故障してしまった場合は、メーカーの保証期間内であれば補償を受けられる可能性があります。

エンジンの載せ替え費用を抑える方法

お金と電卓と車

エンジンの載せ替えにかかる費用は高額なため、できるだけ安く抑えたいですよね。高額になるエンジンの載せ替え費用を安く抑えるためにはどのような方法があるのか、詳しく見ていきましょう。

中古品のエンジンを使用する

新品ではなく中古品のエンジンを使って載せ替えを行えば、中古品の値段にもよりますが、エンジン本体の価格を15万円ほど抑えることも可能です。しかし、中古品のエンジンを使用する場合は、下記の点に注意する必要があります。

  • 問題ないように見えても、分解しなければ分からない部分が破損している可能性がある
  • 中古品はすぐに故障してしまう可能性がある
  • 中古品には保証がないため、再び故障した場合は修理費用が余計にかさんでしまう

中古品は一度使用されていたものであるがゆえに、不具合がある可能性があります。中古品のエンジンに載せ替えた後にまた故障してしまった場合、新しいエンジンに載せ替えるよりも修理費用が高くなるリスクがあるということは覚悟しておいた方がいいでしょう。

リビルド品のエンジンを使用する

リビルド品とは、中古品を解体・洗浄し、組み直したもののことです。そのため、中古品のエンジンよりも少し価格は高くなりますが、新しいエンジンに載せ替えるよりは費用を安く抑えることができます。
しかし、リビルド品は中古の部品が使用され、人の手で組み直されたものです。当然テストは行いますが、部品は車との相性があるため、不具合が起きてしまう可能性もあります。リビルド品を選ぶ際は、整備済みのものや保証付きのものを選ぶことをおすすめします。また、人気車種であれば流通量が多いため、リビルド品も比較的手に入りやすいですが、車と相性のいいリビルド品が必ず手に入るとは限りません。車に合ったリビルド品があるかどうかは、ディーラーなどに確認するようにしましょう。

エンジンを載せ替える際の注意点

エンジンの載せ替えを行う際は、注意しておくべき点がいくつかあります。エンジンの載せ替えを行う前に確認しておきましょう。

エンジン以外の不具合

エンジンに不具合が起こる車は、購入してから時間が経過している車や走行距離が多い車がほとんどです。そのため、エンジンに不具合が起きた場合はエンジンだけでなく、ギアや変速装置などのミッション系にも不具合がある可能性が高く、エンジン以外の修理や交換が必要となることも多いです。ミッション系が故障している場合、修理や交換に必要となる費用は20~50万円程度が相場で、エンジンの載せ替え費用にこの金額を足すと、かなりの出費となってしまいます。エンジン以外にも不具合があった場合は、長期的に見ると新しい車に乗り換えた方がお得になることがほとんどです。

修理完了まで日数がかかる

車のエンジンを載せ替える場合は、ディーラーに車を預ける必要があります。ディーラーによって必要な日数は異なりますが、2~5日ほどかかることがほとんどで、2週間程度必要になることもあります。エンジンの載せ替えを行う場合、エンジン周辺にある部品などを外し、載せ替えた後に組み直す必要があります。また、エンジンの載せ替えが完了した後は、試運転を行い、車が問題なく走行できるかどうかを確認する必要があるため、日数がかかるのです。通勤などで普段から車を使用しており、他に車がない方などは、他の交通手段を確保しておく必要があります。

エンジンの載せ替え以外の方法

工具

エンジンの載せ替えは高額になるため、載せ替え以外の方法で対処した方がトータルコストが安くなることもあります。エンジンの載せ替えよりもお得になる方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

オーバーホールする

オーバーホールとは、故障したエンジンを降ろして解体・洗浄し、調整を行うことでエンジンを新品のレベルにまで引き上げる方法です。このオーバーホールは基本的に、載せ替えられるエンジンがないような古い年式の車のエンジンが故障した場合に行われます。しかし、2000年以降に販売されたAT車は、「CVTエンジン」というエンジンを搭載していることがほとんどです。このCVTエンジンは性能が良く、生産コストを抑えることができますが、分解できない仕組みになっているため、オーバーホールを行うことができません。
また、オーバーホールはエンジンの載せ替え同様、高い技術力が必要となるため、相場は30~70万円程度と高額になります。エンジンの載せ替えとオーバーホール、どちらの方が安く済むのかを見積もりを取って比較し、自分に合った方法を選ぶようにしましょう。

新しい車に乗り換える

車の心臓部分であるエンジンが載せ替えが必要になるほど損傷してしまった場合、お話しした通り費用はかなり高額になります。そのため、買ったばかりの新車などでなければ、無理にエンジンの載せ替えを行うよりも新しい車に乗り換えた方が、トータルコストが安く済むこともあります。新しい車に乗り換える際は、車を処分してしまうのではなく車買取業者に買い取ってもらうことで、買取金を新しい車の購入資金に充てることができます。
しかし、エンジンが故障している車を売却する場合、売却先をきちんと選ばなければ買取価格が付かない、もしくは買取自体を断られてしまうこともあります。カーネクストでは中古車だけでなく、不動車や故障車などの廃車にするような車の買取も行っています。中古車として再販することができない車も、解体してパーツとして再販できる販路を持っているため、エンジンが動かない車でも買取価格を付けることができる可能性があります。引き取りにレッカー車などが必要となる場合でも、レッカー費用などを請求することは一切ないため、安心して買取を依頼することができます。

状態がよくなくても高価買取⁈ トヨタ ハリアー 年式15年 走行距離130,000km 買取金額170,000円 無料査定のお申込みはこちら

日本全国の中古車買取相場情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-修理

Copyright© 中古車買取に関するコラム | カーネクスト , 2021 All Rights Reserved.