中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

廃車手続きの委任状の書き方について。記入時のルールや注意点とは

更新日:

廃車手続きには委任状が必要ですが、これは書き方にルールがあります。委任状は、ただ準備すればよいわけではなく、必要な事項をしっかりと記載して作成しなければなりません。必要事項が記載されていなければ、委任状としての効果を発揮しませんので、廃車手続きを滞りなくおこなうためにも、正しい作成方法を知っておきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

廃車手続きの委任状を書く時の手順

廃車時には委任状は必須ですが、これを準備し、作成するまでにはさまざまな手順を踏まなければなりません。委任状は日常的に頻繁に作成するものではありませんし、馴染みのない人がほとんどです。何を書けばよいのか、どのように作成すればよいのか分からず悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。いざ委任状が必要になったときに困らないように、作成の手順を知っておきましょう。

廃車手続きの委任状をダウンロードする

委任状は実は決まった形式はなく、作成方法自体は自由です。そのため、各業者ごとに発行されているものを利用しても構いませんが、信用度の高さを重視するなら国土交通省のホームページからダウンロードすることがおすすめです。 委任状には必須の記載事項があり、それが記載されていなければ効力を発揮しません。業者によっては必要事項が抜けており、実際には使えない場合もあるので注意しましょう。国土交通省のホームページであれば、記載内容なども問題はありません。 一時抹消や永久抹消など、用途に合わせた委任状をダウンロードして印刷し、それを使用しましょう。軽自動車と軽二輪車の場合は、別途申請依頼書という用紙の準備が必要です。

委任者本人が住所と氏名の署名を行う

委任状には委任者が住所と氏名の署名をおこなわなければなりません。委任者とは、車の使用者ではなく、所有者のことを指します。そのため自分が所有者の場合は自身ですべて作成できますが、ローンが残っている場合は自分以外の人が所有者になっています。 ローンが残っているなどで、ディーラーや金融機関が所有者になっている場合は、所有者に書類を作成してもらわなければなりません。所有者が誰になっているかは、車検証をみて確認しましょう。

廃車の種類による記入の違い

委任状は廃車の種類によって、記入する内容に若干の違いがあります。一時抹消登録の場合は、自動車登録番号または車台番号のどちらかが必要ですが、永久抹消登録の場合はその両方が必要です。一時抹消登録ならどちらか一方だけで構いませんが、永久抹消登録ではそれぞれ必要ですので、漏れなく記載しなければなりません。

受任者に記載を依頼する

委任状には、受任者も氏名や住所などの記載が必要です。受任者とは、実際に手続きに行く人を指します。廃車を依頼する人はもちろん、手続きをおこなう人、手続きのために窓口に行く人も記載が必要なことは覚えておきましょう。業者に依頼する場合は委任者の欄は自分が、受任者の欄は業者が記入します。

軽自動車の場合は認印でOK

委任状では住所や署名をした後に実印を押さなければなりませんが、これは普通車の場合のみです。軽自動車の廃車委任でも押印は必要ですが、実印ではなく認印で構いません。普通車の廃車の場合のみ、委任者の実印が必要であり、これは認印では代用できませんので注意しましょう。

廃車の委任状を記入する時の注意点

委任状は、形式や記載する項目に注意が必要ですが、気をつけなければならないのはそれらだけではありません。作成にあたってはほかにもいくつかの注意点がありますので、それらもきちんと理解しておくことが大切です。委任状は廃車手続きには必須ですし、ミスなく作成するためにも、注意点は正しく理解しておきましょう。

黒のボールペンを使う

廃車は法律上の手続きですし、廃車時に提出する書類は公的な書類といえます。委任状も重要書類のひとつですので、改ざんされることのないよう消えない黒のボールペンで記入しなければなりません。鉛筆やシャーペンなど、消しゴムで簡単に消えるものはNGですし、ボールペンでも原則使用できるのは黒のインクのみです。 また、黒のボールペンでも、フリクションペンなど消えるものは使用できません。使用できるのは消しゴムなどで簡単に消せないペンですので、通常のボールペンを使用して記入しましょう。

印鑑は印鑑証明書と同一でなければいけない

委任状には委任者による押印が必要ですが、これは一緒に提出する印鑑証明書と同じものにしましょう。印鑑証明書は実印の信用度を表すための書類ですし、証明書に記載されている印影と委任状に押印している印鑑が違っていれば意味がありません。印鑑が違えば委任状は効果を発揮しませんので、必ず同じものを用意しましょう。

誤字があった場合は訂正印を押す

委任状は改ざんされないように黒のボールペンで記入しますが、場合によっては間違えてしまうこともあります。間違った場合も訂正は可能ですが、これは委任者の訂正印によるものしか認められていません。修正テープや修正ペンなどの使用は禁止されていますし、それらで修正された委任状は使用できない可能性が高いです。 委任状は重要な書類のため、ミスをすれば書き直しが原則です。誤字があれば訂正印による訂正が必要となり手間がかかるため、間違えないように慎重に記入しましょう。

ルールを守って正しい記入を心がけよう

廃車時には委任状は必須の書類であり、作成時にはルールがあります。せっかく準備しても、正しい方法で作成されていなければ使用できませんので注意が必要です。委任状の正しいルールを知って、ミスなく作成して廃車手続きをスムーズにおこないましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト