購入

希望ナンバープレート取得する方法は?追加された図柄ナンバーもご紹介

自動車の登録をすると登録番号が定められ、ナンバープレート(自動車登録番号標・車両番号標等)が交付されます。交付されたナンバープレートは、前後の取付位置に見やすいように取り付ける必要があります。自動車登録番号は、特に希望しなければ国土交通省によって自動車登録されたランダムの番号になりますが、ナンバープレートの個別番号(標示される4桁の数字)部分に関しては、前もって希望ナンバーを申し込んで取得すると、希望番号のナンバープレートを取得することが可能です。また、管轄の運輸支局によっては、ナンバープレートデザインもご当地ナンバーにして取り付けることができます。

こちらでは、希望のナンバープレートにする方法と、ご当地ナンバープレートについて詳しく解説します。

希望ナンバーはどうすればとれる?

希望の自動車登録番号のうち一連指定番号(ナンバープレートに標示される4桁以下のアラビア数字の部分)、いわゆる希望ナンバーを取得するにはどうすれば良いのでしょうか。こちらで解説します。

希望番号(希望ナンバー)制度について

希望番号制度とは、登録時に所定の手数料を支払うことで自動車に付けるナンバープレートの「個別番号(下側の4桁以下のアラビア数字)」を指定することが出来る制度です。1998年の5月から一部地域で実施され、1999年の5月からは全国で実施されています。希望番号を申し込み出来る対象車両は、登録自動車の自家用車と事業用車、軽自動車の自家用車のみとなっています。※軽自動車自家用車であっても、車両番号のかな文字が「わ」の貸渡車両と、「AB」の駐留軍車両は対象外となっています。

また、希望番号すべて完全に自由というわけではなく、一桁数字で人気の「1・3・7・8」、「11・88・555・777」といったゾロ目などの番号については抽選が行われます。抽選対象番号は標板地名により異なり、どの番号が抽選対象になっているかどうかは全国自動車標板協議会のウェブサイトで調べることができます。抽選番号以外の数字(一般希望番号)は、必ずしも希望できるのかどうか不安に思う方もいらっしゃるでしょう。基本的に、一般希望番号は地域表示名の隣の分類番号と自動車の用途を区別するひらがな文字の組み合わせにより、同一番号であっても1万以上の同一番号プレートの交付が可能なため申し込みができます。ただし、一般希望番号ですべて払い出しされている場合は申し込みができません。払出されているかどうかは、全国自動車標板協議会ウェブサイト内の「すべて払出された番号一覧」から確認が可能です。

希望ナンバーの取得方法について

希望ナンバーの取得は、インターネットで申し込みをするか、希望番号予約センター窓口で申し込みをするかのどちらかとなっています。

希望ナンバーをインターネットで申し込む場合の流れはこちらです。

  1. 全国自動車標板協議会の希望番号申込サービスのウェブサイトにアクセス
  2. 抽選対象番号の抽選申し込み、または一般希望番号の申し込み
  3. (抽選の場合、申し込み完了メール受信)
  4. (毎週月曜日に抽選が行われる)
  5. (抽選結果のメールを受信)
  6. 手数料を指定口座へ入金
  7. 入金確認メールを受信
  8. 予約済証の受領
  9. 登録申請又は届出を行う
  10. 希望ナンバープレートが交付される

希望ナンバーの取得料金について

希望番号ナンバープレートは一枚ずつ注文生産されますので、希望番号の指定がないナンバープレートの交付手数料に比べると高めに設定されています。交付手数料は、ナンバープレートの種類、大きさ、枚数により異なります。ペイント式・字光式による価格差や、地域による価格差もありますので、注意して確認してから申し込むようにしましょう。

番号指定の有無種別小型~中型車料金大型車料金
番号指定なしペイント式1,440円~1,880円1,960円~2,310円
字光式2,840円~3,760円5,260円~5,600円
番号指定あり
(希望ナンバー)
ペイント式3,860円~4400円4,560円~5,200円
字光式5,260円~5600円6,240円~6,800円

ご当地ナンバーについて

平成30年10月から交付を開始した、図柄の入った地域性のあるデザインのナンバープレートは、ご当地ナンバーと呼ばれて親しまれています。ご当地ナンバーの正式名称は、地方版図柄入りナンバープレートです。平成30年10月にご当地ナンバー第一弾で41地域の図柄入りナンバープレート交付が開始されました。その後、令和2年5月には第二弾が開始、17地域が追加されました。現在は、合わせて58地域の特性を表すデザインのナンバープレートが交付されています。

ご当地ナンバーが生まれた理由について

ご当地ナンバー(地方版図柄入りナンバープレート)は、走る広告塔として地域振興・観光振興などの観点から、その地域の個性となる風景や観光資源を図柄に取り込み、地域の魅力を全国へ発信することを目的として、制度を開始しました。ナンバープレートの地域名表示に融通性をもたせるため、「新たな地域名表示ナンバープレート」(通称:ご当地ナンバー)の制度となっています。図柄入りナンバープレートの導入に関しては、下記の基準値内におり、一定の要件を満たしている必要があります。

対象地域の基準

  • 他の地域と区分された一定のまとまりがある地域で、一般に広く認知された地域である
  • 単独の市町村ではなく、複数の市町村の集合である
  • 当該地域の登録されている自動車の台数が10万を超えている
  • 対象地域が当該都道府県内の他の地域名表示の対象地域と比較し、人口・登録台数に関して極端にバランスを崩さない

地域名の基準

  • 行政区画・旧国名などの地理的名称で、当該地域を表すのにふさわしい名称であり、全国的にも認知されている
  • 読みやすく覚えやすいもので、既存の地域名と混同しないようなもの
  • ナンバープレートに表示された時に視認性を確保するため、漢字2文字を原則とし、やむを得ない理由があり例外を認める場合でも多くとも最大4文字までとする

複数の運輸支局、自動車検査登録事務所の管轄にまたがる地域名表示については、各種の行政事務、自動車検査登録システムへの影響などについて慎重に検討する必要があり、当面は認めない(ただし富士山ナンバーが2度の申請によって複数の管轄地域にまたがる例外として認められました)

ご当地ナンバーの種類について

地方版図柄入りナンバープレートの導入地域別、地域表示名を一覧にしてまとめています。

導入地域地域表示名
北海道知床、苫小牧
東北盛岡、岩手、平泉、仙台、山形、庄内、弘前、白河
関東土浦、つくば、前橋、越谷、成田、柏、世田谷、杉並、富士山(山梨)、松戸、市川、船橋、市原、江東、葛飾、板橋
北信新潟、長岡、富山、金沢、石川、上越
中部福井、富士山(静岡)、豊田、春日井、伊勢志摩、四日市
近畿滋賀、京都、奈良、飛鳥
中国鳥取、福山、下関、山口、出雲
四国徳島、香川、愛媛、高知、高松
九州長崎、佐世保、熊本、大分、宮崎、鹿児島

期間限定ナンバープレートは他にも

交付期間限定など、ほかにも図柄入りナンバープレートが登場していますので、こちらでご紹介します。

元気の花を日本中に!全国版図柄入りナンバープレート

令和4年3月22日から申し込みを開始した、全国版図柄入りナンバープレートは、全国共通のデザインとなっていて「日本全体で立ち上がろう」元気の花を日本中に咲かせようをテーマに、全国47都道府県の花をモチーフとしたデザインとなっています。

交付期間は、交付開始が令和4年4月18日(月)から、交付終了が令和9年4月30日(金)までとなっています。

図柄入りナンバープレートの交付料金の他に、「安全・安心で楽しいお出掛けを通じて、日本を元気にする取り組み」を支援する寄付金を1,000円以上寄付すると、全国版図柄入りナンバープレートのフルカラー版を選択することが可能になります。

いのち輝く限定ナンバープレートが登場

2025年に開催が予定されている日本国際博覧会「大阪・関西万博」の機運醸成を目的とした、万博開催記念の大阪・関西万博特別仕様ナンバープレートが令和4年9月26日から申し込み受付を開始しました。

登録自動車用の図柄デザインには、大阪・関西万博の「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに製作されたロゴマークが描かれています。登録自動車の図柄入りナンバープレートは、交付料金の他に、「大阪・関西万博の開催」を支援する寄付金を1,000円以上寄付すると、大阪・関西万博特別仕様ナンバープレートのフルカラー版を選択することが可能になります。

また、交付時期や交付条件は異なりますが、令和5年3月に交付開始予定の原動機付自転車用の図柄デザインには、大阪・関西万博の公式キャラクター愛称ミャクミャクが描かれています。

登録自動車

交付期間令和4年10月24日(月)~令和7年12月26日(金)
対象車両普通自動車・軽自動車・事業用車

原動機付自転車※大阪市を主たる定置場にする対象車種限定

交付期間令和5年3月上旬開始予定
排気量毎50cc(白色)90cc(黄色)125cc(桃色)ミニカー(青色)
交付場所大阪市市税事務所

まとめ

希望ナンバーの取得方法や、図柄入りナンバープレートについて解説しました。車の外装や内装デザインだけでなく、ナンバープレートの文字や図柄にこだわりをもつことで、さらに車を愛着がわくかもしれませんね。希望ナンバーには、自分の誕生日や記念日など、特別な数字にすることでナンバーを覚えやすくなり、他人と被ってしまう人気車種でも自分の車を発見しやすくなるというメリットがあります。もし何か希望するナンバーがあれば、インターネットによる事前予約で申請が可能です。希望ナンバーの制作は原則として4日目以降の交付可能、さらに図柄入りナンバープレートにする場合は10日目以降交付可能となっており、申し込み後数日かかってしまいますので、車の納車からいつまでにナンバープレートが必要になるのか、などスケジュールを調整してはやめに申し込みをすることをおすすめします。

車の買い替えを検討しているなら?

今の車を処分して新車への買い替えを検討している場合は、今の車を高く売ることでトータルコストを抑えることが可能となります。そこで重要なのが、海外に販路を持つ中古車買取業者に買取を依頼することです。
近年、海外での日本車の需要が上昇し、中古車であっても日本車は海外で高値で取引されるようになりました。そのため、海外への販路を持つ中古車買取業者であれば、高値で買い取ることができるのです。
カーネクストは海外への独自の販路を持っているため、低年式車や過走行車であっても高値でお買取できることもあります。ぜひ一度お問い合わせください。

-購入