中古車売却 中古車買取 コラム

買取・売却

【不要となった車を買取ってもらう方法】不要車をお得に買取ってもらおう

更新日:

生活のスタイルによって車は欠かせないものですが、何年も使っていれば消耗します。車は消耗すれば燃費が悪くなったり、場合によっては不具合が起きて走らなくなり、不要になってしまうことも多いようです。 車の保管場所や維持費もかかりますし、不要になれば買い取ってもらわなければなりません。古くなった車を買い取ってもらう方法はたくさんありますので、それらを知っていきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

不要な車を買取ってもらう方法

不要な車は使えないことも多いですし、廃車するしかないと考えている人は多いようです。しかし実際には不要車であっても買い取りをしてもらうことはできますし、次の車の購入資金としても買い取りをしてもらうに越したことはありません。不要車を買い取ってもらう方法を知り、少しでもお得に車を処理していきましょう。

廃車専門買取業者での買取

不要車を買い取ってもらうのであれば、廃車専門買取業者にお願いする方法があります。廃車=処分してもらうだけと考える人は多いですが、実際はそうとは言い切れません。業者は廃車や事故車の売却ルートを持っていますし、売り物にならない車でも鉄クズとして売却ができます。抹消登録による自動車税、重量税、自賠責保険料なども還付されますので、買い取りをしてもらうと得することもあります。

自動車販売店やディーラーによる買取

不要車の買い取りをイメージしたときに、自動車販売店やディーラーへの売却を考える人も多いようです。たしかにこの方法がメジャーだと思いますが、自動車販売店やディーラーによる買取では、廃車業者へのマージンをとられてしまいます。抹消登録による自動車税、重量税、自賠責保険料などの還付金が相殺され還付金がない場合、買取価格は低くなりがちです。

ガソリンスタンドでの買取

不要車の買取はガソリンスタンドでも可能で、買取0円などのポップを出している店舗も多いようです。廃車寸前の故障車であっても引き取ってくれることが多く、不要車引き取りのサービス程度に考えている人も多いですが、実際はスクラップなど部品を売却して利益を得ています。引き取りのみの場合が多いので、車を売る側にメリットは還元されません。

自分で廃車手続きをする

業者への引き取りを依頼せず、自分で廃車手続きをするという方法もあります。廃車手続きは個人でも行うことができ、手順さえ踏めば誰でもできます。ただ廃車費用が必要で、陸運局での手続きや書類等が複雑で、面倒なのがデメリット。陸運局は平日の日中だけの受付になっていますし、面倒な手続きが多いようです。

廃車専門買取業者での買取のメリット

不要車を買い取りしてもらう方法はさまざまですが、もっともおすすめなのは廃車専門買取業者での買取です。廃車専門買取業界で買取をしてもらうことにはさまざまなメリットがありますので、それらを知ってお得に買取を進めていきましょう。

高価買取してもらえる

廃車専門買業者では、日本では廃車同然の車でも車検システムのない国へ、海外販売ルートを通して売却が可能です。日本車は海外でも人気が高く、高価買取にも繋がります。 事故車での買取もOKであり、金属相場にもよりますが、スクラップとしても買取値が付くことが多いです

廃車手続きの面倒がない

廃車専門買取業者で買取をお願いすれば、陸運局への必要手続きなど代行してもらうことができます。ただし以下3 点については用意が必要です。

  1.  所有者の印鑑証明書(発行日から3カ月以内)
  2. 所有者の委任状(所有者の実印の押印が必要)
  3. 車検証

不要車を買取ってもらう時のポイント

不要車を買い取ってもらう時にはいくつかのポイントがあり、それらを踏まえて買取を進めていくことで、よりスムーズに買い取ってもらうことができます。ポイントをしっかりと守って買取の準備を進めて、素早く不要車を処理していきましょう。

還付金についての確認

買取の際には、自動車税、自動車重量税、自賠責保険の3つについての還付金を確認しておきましょう。自動車税は翌月から次の3月までの税金を返還してもらえます(軽自動車はもともと税金の額が少ないため自動車税の還付がない)。自動車重量税と自賠責保険は有効期間が1カ月以上残っていれば、残金すべてが返金されます。

廃車の場合の最終確認

廃車が必要な場合は、廃車手続きや名義変更をした証拠となる書類を送ってもらいましょう。廃車手続きされずに販売されていた場合は、所有者による責任義務が継続された状態のままです。このまま販売されてしまうと、犯罪行為に使用された場合の所有者責任などを問われる可能性があるので注意が必要です。

手数料などの費用の確認

不要車を買い取ってもらうとなれば、買取の査定金額がそのままもらえるわけではなく、廃車や買取のためのさまざまな手続きによる手数料などの費用がかかります。抹消登録や名義変更、レッカー代などかかる費用はたくさんありますので、それらはすべて事前に確認しておきましょう。

不要車はなるべく早く売却する

不要車はなるべく早く売却することがポイントであり、使用年数が長くなるほどにさまざまな費用がかかります。古い車は車検代が2年おきに必要ですし、13年以上乗り続けた場合には自動車税が15%程度高くなります。乗れば乗るほど燃費が悪くなり高くつくので、不要になればすぐに売却しましょう。

不要車にも必要とされる場所があり価値がある

不要車と聞けば、言葉のイメージから不要なもの、処分するだけのものと考えられがちですが、実際には不要車にも価値があります。不要車は中古車として販売されることもありますし、スクラップにする場合でも金属部品などはリサイクルすることができます。不要車にも必要とされる場所、価値がありますので、再利用できるように正しい方法で買取に出しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-買取・売却
-

© 2022 中古車買取カーネクスト