中古車売却 中古車買取 コラム

冷却水

故障・修理

冷却水(クーラント液)はいつ交換する?交換時期や交換費用まで解説

更新日:

冷却水(クーラント液)はエンジンを冷やしてオーバーヒートしないようにする役割を果たしており、エンジンが正常に作動するために欠かすことのできない重要なものです。冷却水は使用を続けていると量が減ったり劣化していくため、適切な時期に補充や交換を行う必要があります。
ここでは、冷却水(クーラント液)の役割から補充・交換が必要な理由、適切な交換時期や交換費用にいたるまで、冷却水について詳しく解説していきます。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

冷却水(クーラント液)とは?

冷却水ボトル

まずは冷却水(クーラント液)がどのようなものなのか、不足したり漏れてしまった場合、どういったことが起こるのかについて詳しく見ていきましょう。

冷却水(クーラント液)の役割

車のエンジンは燃料を燃焼させることで動いているため、エンジン内部はかなりの高温になります。エンジン内部が高温のままだとエンジンはオーバーヒートするか、最悪の場合、炎上や爆発などといった大事故につながる恐れもあります。
冷却水はエンジン回りの高温になりやすい部分に配置されており、エンジン内部の熱を奪う仕組みになっています。熱を奪った冷却水はラジエーターへ流れ込むことで熱を放出し、再びエンジン内部を循環していきます。このエンジン内部を循環する冷却水には、錆や凍結を防ぐ効果もあるのです。エンジン内部の金属部品の腐食を防ぎ、寒さが厳しい時期であっても凍ることなく、エンジン内部の熱を冷やすことが可能となっています。

冷却水が不足したり漏れている場合は?

冷却水は使用し続けると少しずつ蒸発していき、量が徐々に減っていきます。また、ラジエーターなどに不具合があり、冷却水が漏れてしまうことで冷却水の量が減ってしまうこともあります。冷却水の量が不足したり漏れが発生している場合、エンジンが十分に冷やされないため、オーバーヒートを引き起こしてしまう恐れがあります。特に冷却水漏れは重大な事故につながることもあるため、冷却水の残量が足りているか、漏れが発生していないかなどは定期的に確認し、不足や漏れがある場合はすぐに補充・交換をする必要があります

冷却水(クーラント液)の交換時期

カレンダー

使用し続けていると量が減り、劣化していく冷却水は適切な時期に補充や交換を行う必要がありますが、具体的にはいつ交換すればいいのでしょうか。この交換時期の目安は、冷却水の種類によっても異なります。自分の車に使用されている冷却水は、取扱説明書やメンテナンスノートに記載されているため、確認しておくようにしましょう。

LLCの交換時期

現在販売されている車のほとんどは、赤や緑色が主である「LLC(ロング・ライフ・クーラント)」という冷却水が使用されています。「LLC」の交換時期の目安は2~3年のため、車検と同時に交換を行うのがおすすめです。車検の際に冷却水の交換を依頼すると業者は他の作業と同時に行うことができるので、工賃などが割引される可能性があります。

スーパーLLCの交換時期

最新の車に使用されることが多い「スーパーLLC」は青やピンク色が主であり、「LLC」よりも寿命が長いとされています。「スーパーLLC」の交換時期の目安は7年、または走行距離16万キロと、「LLC」より長めになっています。そのため、一度も冷却水の補充や交換を行うことなく車を乗り換えるということも珍しくありません。また、「スーパーLLC」の2回目以降の交換時期の目安は4年、または走行距離8万キロとなっています。
「LLC」と「スーパーLLC」には、寿命以外の性能面での違いはありません。

冷却水を補充する際の注意点

残量が少なくなった冷却水を補充する場合は、同じ色・同じ種類の冷却水を補充するようにしましょう。違う種類の冷却水を補充してしまうと色が混ざってしまい、色の鮮やかさで冷却水の状態を判断することができなくなります。

冷却水(クーラント液)の点検方法

点検

冷却水は交換時期の目安に達していなくても漏れが発生していたりすると早めに不足することがあるため、定期的に点検を行い、残量を確認しておく必要があります。ここからは、冷却水の残量の点検方法について解説していきます。

リザーバータンクを点検する

冷却水の残量を確認するためには、エンジンルーム内のリザーバータンクを見ます。半透明のリザーバータンクには目盛りが付いており、「FULL / LOW」や「MAX / MIN」などと記載されています。中に入っている冷却水の液面がこの2つの目盛りの間にある場合は、冷却水の残量が十分であることを示しています。目盛りの下限を下回っていたり下限に近付いている場合は、すぐに冷却水の補充を行うようにしましょう。
また、冷却水は赤や緑、青やピンクなどの鮮やかな色をしていますが、この色が濁っている場合は劣化したエンジンオイルが混入している可能性があるため、業者などに点検を依頼し、交換してもらう必要があります。

注意ポイント

リザーバータンクの液面は冷却水の温度によって上下するため、残量の確認はエンジンが冷えた状態で行いましょう。また、冷却水はエンジン始動時には100℃近くまで温度が上がります。焦ってタンクのキャップなどを外すと、高温になった冷却水や蒸気が飛び出し、やけどを負ってしまう危険性があります。確認する際はエンジンを切り、冷却水の温度が下がるまで数十分待ってから行い、ラジエーターやホース、タンク周辺に触れないように注意しましょう。

車のエンジン
ラジエーターが水漏れしたら?故障の原因や修理費用を徹底解説!

ラジエーターから冷却水が漏れている場合、すぐに修理を行う必要があります。ラジエーターから水漏れしていると冷却水が減り、温度調節機能が正常に働かなくなるだけでなく、他の部分の重大な故障につながる恐れもあ ...

続きを見る

水温警告灯マークが点灯している

水温警告灯マークは、冷却水の水温に異常があることを示してくれます。水温警告灯マークが青色に点灯している場合はすぐに停車する必要はありませんが、エンジンを暖機しても点灯したままの場合は、ディーラーや整備工場などで点検してもらうようにしましょう。
水温警告灯マークが赤色に点灯している場合はすぐに安全な場所で停車し、ディーラーや整備工場に連絡するようにしましょう。

水温計を確認する

冷却水の水温に異常があるかどうかは、車内にある水温計でも確認することができます。水温計の針が「C」に向いていれば冷却水の温度に問題はありませんが、水温計の針が「H」に向いている場合、冷却水の温度に異常がある可能性があります。

冷却水(クーラント液)の交換にかかる費用

お金と電卓

冷却水は自分で補充することもできますが、交換を行う場合はディーラーや整備工場などに依頼することをおすすめします。これは、冷却水の交換が必要な場合は補充とは異なり、点検すべき部分も多いためです。また、交換する際に排出された冷却水は、産業廃棄物として処分する必要があることも理由の一つです。
では、冷却水の交換を依頼した際にかかる費用の相場を詳しく見ていきましょう。

冷却水(クーラント液)交換費用の目安

カー用品店やディーラーに冷却水の交換を依頼した場合にかかる費用の相場は車種などによっても異なりますが、1,000~5,000円程度です。基本的に、ディーラーよりもカー用品店などに依頼する方が作業工賃が安くなります。また、ホームセンターやインターネットなどで購入した冷却水を持参すれば、さらに安くなることもあります。

漏れが発生している場合の修理費用

冷却水漏れの原因として考えられるのは、ラジエーター本体、ラジエーターホース、ヒーターホース、ウォーターポンプなどの不具合が考えられます。それぞれの箇所を修理する必要がある場合、かかる修理費用の相場は下記のとおりです。

  • ラジエーター本体:5~10万円
  • ラジエーターホース:1~3万円
  • ヒーターホース:1~3万円
  • ウォーターポンプ:1~3万円

これらは全て作業工賃込みの金額となります。全体的な修理や本体の交換が必要になる場合、かかる費用はさらに高くなり、故障箇所が複数見つかった場合などは、数十万円の費用が必要になることもあります。

まとめ

冷却水はエンジンが正常に作動するために欠かすことのできないものであり、交換しないまま放置しているとエンジンの故障の原因になったり、オーバーヒートを引き起こす可能性もあります。冷却水は種類によって交換時期の目安が異なるため、自分の車に使用されている冷却水を取扱説明書やメンテナンスノートなどを確認しておき、適切なものを選ぶようにしましょう。冷却水は交換時期の目安に達していない場合でも、量が減っていることがあります。日頃から定期的に点検を行うようにしましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-故障・修理
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト