中古車売却 中古車買取 コラム

故障・修理

車の事故後の修理にかかる費用と流れ|要点を抑えて適切に対応しよう

更新日:

車で事故を起した場合、修理することも1つの選択肢です。しかし、事故修理をする際には考えなければならないことがさまざまあります。事故を起こしたからといって必ずしも修理しなければならないわけではありませんし、修理をしない方がよい場合もあります。事故修理をするのはどのような場合なのか、修理をするとなれば何に気を付ければよいのかなどを知っていきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

車の事故後に発生する修理代一覧

車の事故といっても程度はさまざまであり、骨格部分であるフレームが破損してしまうこともあれば、一部パーツが壊れるだけで済む場合もあります。修理をするにはお金がかかりますが、どの部分を修理するのか、また修理箇所の多さなどで金額は異なります。 事故修理の場合は、故障の具合によって必要な費用が異なりますので、修理場所別でかかる代金の相場をみていきましょう。

フレームの破損

自動車の骨格部分でもあるフレームですが、これが破損してしまうと修理代は高くなるので注意しましょう。フレーム破損の場合、基本的には板金修理をおこないますが、修理代は修理する範囲や故障の程度によって異なります。範囲もそれほど広くなく、比較的軽度な板金修理の場合は、10万円~100万円程度が相場です。 範囲が狭い場合でも、故障の程度によっては金額が高くなることは覚えておきましょう。故障が広範囲にわたる場合は、100万円以上かかるケースがほとんどであり、全損であれば場合によっては数百万円かかることもあります。

パーツの破損

パーツの破損の場合は故障の程度だけではなく、どの部分が故障したかによって必要な修理代は異なります。たとえば、ドアの修理で、軽度なへこみ程度であれば2万円前後で修理可能です。同じドアの修理でも故障がひどく交換になる場合は、10万円以上かかるケースもあります。 バンパーの場合はドアよりも修理代は高くつき、狭い範囲の修理でも1万円前後、部分修理の場合は2万円~4万円程度かかります。また、交換となった場合は5万円~20万円程度かかってしまいます。パーツ修理でもっとも高くつくのはエンジンです。事故の衝撃などでエンジンを交換しなければならない場合は、50万円~90万円程度かかりますので注意しましょう。

修理費用は保険会社にも確認する

事故を起こせば修理業者に車を持っていき、修理の見積りを出してもらいますが、このとき保険会社にも連絡を入れておきましょう。保険会社に修理費用を確認しておくことで、その後の対応もスムーズに進みますし、お得に修理できる可能性もあります。なぜ修理費用を保険会社に確認するのか、その理由と確認の際のポイントなども知っておきましょう。

契約内容によっては修理代を負担してもらえる

保険会社に修理費用を伝えておくのは、契約内容によっては修理代を負担してもらえるからです。車両保険などに加入している場合は、事故の状況や内容の詳細を伝えて、指示を仰ぎましょう。保険に加入しているからといって、必ずしも修理代に保険が適用されるわけではありません。 保険にはさまざまなプランがあり、プランによって保険の対象が決まっています。契約プランによっては事故による故障でも修理代が出る場合、出ない場合もありますので、まずは連絡して詳細を確認しておきましょう。

保険証番号がわかるよう用意しておく

事故後の対応をスムーズに進めるためには、保険証番号がわかるように、用意しておくことが大切です。保険会社に連絡する際には、保険証番号が必要であり、これを伝えることでスムーズにプランの確認などをしてもらえます。 番号がなくても確認は取れますが、手続きに時間がかかることも多いので、スムーズにおこなうためにも保険証番号は素早く確認できるようにしておきましょう。

修理に保険を使わない方が良い場合もある

事故による修理の場合は破損箇所が多く、修理代も高くついてしまうことが多いです。そのため、保険を適用させて修理代を負担してもらうのは大切ですが、場合によっては保険を使わない方がよいこともあります。修理代を負担してもらえるのはありがたいですが、長期的にみれば保険を使った方が損をすることもあります。

等級が低い場合

等級が低い場合は、できるだけ保険は使わない方がよいでしょう。等級が低い状況で保険を使うと、等級がさらに下がり、保険料がアップします。ある程度等級が上がっているのであれば、ひとつ下がったとしても問題はありません。しかし、等級が低い状態でさらに下がると、保険料がアップし、受けられる補償も小さくなりますので、保険に加入したての場合は、保険の利用はおすすめできません。 保険料がアップし、受けられる補償も小さくなりますので、保険に加入したての場合は、保険の利用はおすすめできません。

保険料の値上げより修理費用が安い場合

保険を使えば次からの保険料がアップしますが、アップする金額と修理費用を比較して、修理費用が安ければ自腹で払った方がよいでしょう。修理代はそのとき一度支払えばそれで終わりですが、保険についてはその後も払い続けなければなりません。 一旦修理代を負担してもらい、出費が減ったとしても、保険料が上がることを考えれば、結果的に出費が増える可能性もあります。保険料が上がったとしても、損をしない程度の修理代の場合のみ、保険を使いましょう。

車の事故修理の流れ

事故を起こしたり、巻き込まれてしまうと事故処理に追われて大変ですが、事故後は速やかに修理に出さなければなりません。事故が起きると気が動転することも多いですが、事故後はやらなければならないこともたくさんあります。事故修理の流れを知って、事故後には何をすべきかをきちんと把握しておきましょう。

被害状況の確認後に修理に出す

事故が起きればまずは被害状況を確認し、その後修理に出します。修理に出す際には、修理代を抑えるために、安い業者を探すことがポイントです。保険会社の推薦工場だと割高になる可能性が高いので、それ以外を探しましょう。修理業者はたくさんありますので、一つに絞らず複数検討して選ぶことが大切です。

修理の見積もりを出す

修理見積もりに出したからといって、必ずしもその業者で修理を受ける必要はありません。修理見積もりに出せば状態を確認してもらい、修理代の査定を出してもらいます。この査定を確認して、修理するのかどうかを決めます。 納得した金額で修理するためには、複数の業者で見積りを出してもらうことが大切です。また、保険を使用する場合でも、修理代の見積りは必要ですので、これは必ず出してもらいましょう。

修理せず買い替える選択もある

事故で故障したからといって、必ずしも修理するとは限りません。故障の程度があまりにひどく、修理代がかさむのであれば思い切って買い替えるのもひとつの手です。修理代が大きく、買い替えとそれほど変わらない場合、そもそも長年乗り続けていて、故障箇所以外にも劣化がみられる場合などは、買い替えを検討しましょう。 修理代が安かったり、買ったばかりで直せば十分乗れる、フレームなど重要な部分が故障していないのであれば、修理して乗るのがおすすめです。

車の事故修理は慎重に進めよう

車の事故修理をおこなう場合は、手続きなどは慎重に進めなければなりません。事故を起こしたからといって、必ずしも修理をするわけではなく、買い替えのほうがよいこともあります。また、修理代に保険を使うか、自己負担で済ませるかも考えなければなりません。事故修理にはお金がかかりますので、じっくり考えてもっともよい方法を選択しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-故障・修理
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト