中古車売却 中古車買取 コラム

車検

【プリウスの車検費用の相場】方法別の金額と安く抑えるコツとは

更新日:

車に乗っている以上、車検の更新は免れませんので、できるだけ費用を安く抑えたいと考える人は多いです。車検は受ける方法によって費用が異なりますし、また車の種類によっても金額は違ってきます。プリウスの場合であれば、減税などの優遇が受けられることもあり、車検費用が安く済む場合もあります。プリウスの車検にかかる費用を知って、どうすれば安く抑えられるのかも考えていきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

プリウスにかかる車検費用の目安

車検にはさまざまな種類があり、どの方法で受けるかによって費用は違ってきます。プリウスの場合も同じで、車検の方法次第では費用が大きく変動することもあるので注意が必要です。それぞれの車検の方法ごとの目安を知って、プリウスにかかる車検費用の相場を確認していきましょう。

民間の整備工場で受けた場合

民間の整備工場で受けた場合は、車検にかかる費用は全国平均で約7万円程度です。これは、車種別のエコカー減税をしていない金額ですので、地域によって費用には差が出ます。実際にはエコカー減税が受けられる場合もありますので、相場よりは安く済むことが多いです。 民間の場合は、どの整備工場を利用するかによっても、費用は違ってきますので、複数検討してみることが大切です。

ディーラーで受けた場合

ディーラーで車検を受けた場合は、3年車検の1回目で、約8万5000円程度が目安です。検査手続き代行料が約1万円含まれており、これは若干ではありますがディーラーによって変動します。ディーラー車検はほかの車検方法と比べると費用は割高な傾向にありますので、費用面だけを考慮するなら避けた方が無難です。 しかし、お金はかかるもののサービス内容は充実しています。車検後のアフターサービスなども充実させたいなら、ディーラー車検がおすすめです。

車検専門業者で受けた場合

車検専門業者で車検を受けた場合は、費用はプランによって異なります。保証やサービスが充実したプランだと費用も高くなりますが、全体的にみれば6万~8万円です。ボディサイズや車両重量に応じて複数パターンの車検があり、3ナンバーよりは5ナンバーの方が車検にかかる費用は、やや安い傾向にあります。

カー用品専門店の場合

カー用品専門店の場合は、ディーラーよりも多く見積もりを取る場合もありますが、無駄な部品交換はお願いすれば省いてくれます。そのため、車検自体は5万円以内で済む場合もあります。どこまで部品交換をするかによって値段は変わりますし、まったくしないのであれば、車検は安く済ませることが可能です。 見積り金額自体は高いものの、実際にかかる費用については交渉次第で下げられます。不要なものはきちんと断って、本当に必要な場合のみ部品交換を依頼しましょう。

プリウスの車検に必要な法定費用内訳

車検にかかる費用の内訳は、検査代行手数料と法定費用の二つです。検査代行手数料は、業者に依頼した場合に発生するお金であり、これに法定費用を足したものが、実質車検に必要な費用となります。法定費用はさまざまな要素で構築されており、内訳はひとつではありません。何にどれくらい費用がかかっているのかを知るためにも、法定費用の内訳を細かくチェックしていきましょう。

加入が義務の自賠責保険料

自賠責保険は、すべての車やバイクに加入が義務付けられています。自賠責保険に入っていない状態では無保険になりますので、車検切れの際には特に注意しなければなりません。自賠責保険は車検時に一緒に更新されますが、2018年時点でプリウスの場合は新車購入時から3年分の保険料は35,950円、それ以降、2年ごとに25,830円の保険料が発生します。

重さにより変わる自動車重量税

自動車重量税は車両の重さによって金額が変動する税金です。プリウスの場合は中型車になりますので、重量税は1年あたり7,500円です。しかし、プリウスはエコカー減税の対象となるため、自動車税の負担は5年目以降からです。 購入時の3年車検と次回更新の2年車検はエコカー減税により免除されていますので、重量税は比較的安く済みます。

点検にかかる検査基本料

検査基本料は、点検の際に必要な書類に貼る印紙の代金であり、これは必須の費用です。検査基本料は車種ごとに料金が分けられており、プリウスの場合は1,700円です。また認証工場で車検を受ける場合は、これに100円から700円程上乗せされます。 検査基本料自体はそれほど高くはありませんが、場合によっては上乗せされることは覚えておきましょう。

プリウスの車検費用を抑える方法

プリウスはエコカー減税の対象となっていますので、同じサイズのほかの車と比べれば車検にかかる費用は安く済むことが多いです。しかし、それでも数万円近くかかるのは確かであり、3年や2年に1回のこととはいえ、積み重なればかなりの出費になります。 車検費用は安く抑えられるならそれに越したことはありませんし、費用を抑えるコツを知っておくことが大切です。プリウスの車検費用を抑える方法はさまざまありますので、それらを知っておきましょう。

ユーザー車検を受ける

車検の方法はさまざまであり、どの車検を受けるかによって必要な費用は大きく異なります。数ある車検の中でもっともお得なのがユーザー車検であり、エコカー標準モデルの場合、4万5000円程度と、かなり安く抑えられる可能性が高いです。 もちろん、手続きはすべて自分でおこなわなければなりませんし、書類を揃えたり検査の立ち合いをするなど手間がかかることは確かです。業者に代行してもらえば手続き自体は簡単に済むものの、その分お金がかかりますので、費用を取るならユーザー車検をおこないましょう。

割引特典を利用する

業者によっては、ネット予約割引やクーポンなど、独自の割引サービスをおこなっている場合があります。割引特典を使えばよりお得に車検が受けられますし、費用も安く抑えやすいです。業者ごとに割引率は違いますし、そもそも特典を出しているかどうかも異なります。どの業者に依頼しようか迷っている場合であれば、割引特典を参考にして決めてもよいでしょう。

こまめに自分でメンテナンスを行う

車検を通すためには車はきれいに整備されていなければなりませんし、不備があれば修理してから車検に出さなければなりません。車検代はもちろん、車検に伴う修理費によって出費がかさむ人も多いので、これを抑えるためには、日頃からこまめに自分でメンテナンスをおこなうことが大切です。 ワイパーやウォッシャー液など、自分で交換の可能な消耗品をこまめに交換し、車検にかかる費用を抑えましょう。メンテナンスをしっかりとしていれば、車検もスムーズに通りますし、修理費もかからずよりお得になります。

車の買い替えを検討の場合

今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。

近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路持ちのカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。なお、カーネクストは中古車だけではなく、故障車や廃車の買取も可能ですのでかなり万能な業者となっています。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

予算に合わせて車検を受ける業者を決めよう

プリウスの車検費用はほかの車に比べれば安いですが、それもどの方法で車検を受けるかによって異なります。いくら安いとはいえ、車検の方法次第では高くつくこともありますし、どの業者に依頼するのがもっともよいのか、あるいは自分でおこなうのかを考えておかなければなりません。方法次第で車検費用は抑えられますので、予算に合わせて上手に業者を選びましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-車検
-,

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト