中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

廃車の料金のあれこれを知ろう。安く抑えるコツや注意点について

更新日:

廃車をする際には料金がかかりますが、これは方法次第で安く済ませる、あるいは無料で済ませることも可能です。廃車手続きは、業者に依頼する方法もありますが、安く済ませたいならできる限りのことは自分でやることが大切です。面倒な手続きではありますが、自分でおこなうことで廃車にかかる料金は安くなります。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

廃車にかかる料金

まず廃車にかかる料金ですが、これは一律で固定されているわけではありません。廃車登録の登録料などは固定されていますが、業者に依頼するのか自分でやるのか、またその当時の車の価格や廃車代行費用の相場によって変わります。 また、国産車か外車か、小型車か大型車かでも異なりますので、さまざまな要素によって料金は変動すると考えておきましょう

【相場】 軽自動車と普通車の料金比較

廃車にかかる料金はさまざまな要素によって変動し、車種によっても違ってきます。車を廃車にする場合は大きく普通自動車と軽自動車に分けられ、それぞれで料金も違えば手続きに必要な書類なども異なります。同じ車でも車種の区分が違うだけで、廃車の手続きは違ってきますので注意しなければなりません。それぞれいくらくらいの料金がかかるのか、廃車費用の相場を確認しておきましょう。

軽自動車の場合

車を廃車する際には、永久抹消登録、あるいは一時抹消登録のどちらかを選択します。これは車そのものを処分しての廃車登録なのか、車から名義を消すだけの登録なのかという違いがあり、どちらか一方を選んで手続きを進めます。 しかし、軽自動車の場合は廃車登録の名前が違っており、永久抹消登録は解体返納、一時抹消登録は自動車検査証返納届となっています。廃車の内容自体は同じですが、登録の名称が違うことは覚えておきましょう。

軽自動車の廃車にかかるお金

軽自動車の廃車で、解体業者への依頼の場合は、大体の相場はリサイクル料金で8,000円程度、レッカー移動代で1万円程度がかかります。大体の総額は8,000円~1万8000円ですが、リサイクル料金については購入時に納付していれば廃車時には必要ありません。 最近の車では購入時にリサイクル料を納付していることがほとんどですので、大抵の場合これは不要だと考えておきましょう。そのため、基本的にはレッカー移動による費用、さらに廃車手続きの代行を頼む場合はそれらの代行手数料が必要です。代行手数料は業者によって違いますので、複数の業者を比較検討することが大切です。

軽自動車の廃車の注意点

軽自動車を廃車にする際には、レッカーによる移動を依頼し、業者に引き取ってもらうことが多いですが、レッカーを利用するかどうかで料金は大きく違ってきます。自走可能な場合は自身で持ち込めばレッカー代は浮きますし、自走できない場合でもけん引して持ち込むという方法もあります。 業者によってはレッカー無料サービスをおこなっている場合もありますが、基本的にはレッカーを依頼すればお金がかかることは覚えておきましょう。

普通車の場合

普通車の場合も廃車には料金がかかりますが、基本的には軽自動車よりも割高になることは覚えておきましょう。車は排気量に応じて税金が変動するように、大きい車になればなるほど廃車にかかる費用も増える傾向にあります。大きい車は処理するのも大変ですし、その分料金が加算されると考えておきましょう。

普通車の廃車にかかるお金

普通車の廃車にかかる費用ですが、解体業者への依頼のみで考えれば、リサイクル料金は1万円、レッカー代金は1万円~で総額は1万円~2万円程度です。軽自動車の場合と同じで、リサイクル料金は購入時に支払っていれば別途支払いの必要はありません。 またこれは解体業者に依頼してスクラップにし、廃車する永久抹消登録にかかる費用です。そのため解体せずに登録だけをおこなう一時抹消登録の場合は、上手にやれば登録料の350円だけで廃車手続きは完了します。

普通車の廃車の注意点

普通車を廃車にする場合も、軽自動車と同様にレッカーを依頼するのかどうかで値段は変動します。レッカー料金自体は軽自動車と同額であることが多いですが、その他の手続きにかかる料金は軽自動車よりも多いため、可能な限り自身で持ち込みをした方がよいでしょう。 少しでも安く済ませるためにも、自走可能な場合は自分で業者に持ち込み、引き取ってもらうのがベストです。

廃車をする際、安く抑える方法

廃車をする際には少なからず料金がかかることが多いですが、これは工夫次第で安く抑えられます。また上手にやればほとんど無料で廃車できる場合もあります。どうやれば費用が抑えられるのかを知って、上手に廃車手続きを進めていきましょう。

持ち込みは自分で

廃車費用を抑えるためには、引き取り料金とスクラップ料金を抑えることがコツです。業者に引き取りを依頼すれば、レッカー代がかかりますが、自分で持ち込めばこの費用はかかりません。またスクラップ料金としてはリサイクル料がかかりますが、これもすでに支払っていれば追加での支払いはありません。 そのため、すでにリサイクル料金を支払っている車を自分で業者に持ち込む場合は、費用は無料です。持ち込みは車が動く、動かせる場合のみですので、自走できない場合はレッカーを依頼した方が無難です。

業者に相談して無料に

廃車にする際には、業者と相談しながら手続きを進めるのもおすすめです。廃車予定の車でも、業者によっては買い取ってくれる場合がありますので、まずは査定をしてもらい、買取が可能かを確認しましょう。 また買取ができない場合でも、金属としての価値はありますので、スクラップ料金を無料で引き取ってくれる可能性もあります。業者に買取を依頼すれば、廃車費用は安くなり、場合によっては利益が出ることもあります。

自分で廃車をすればお金になり断然お得

廃車するにはさまざまな手続きが必要ですが、すべて自分でおこなえば料金は安く抑えられます。廃車の方法によって料金は異なりますが、場合によっては無料や廃車登録料の350円で抑えられることもあります。自分で廃車の手続きをおこなう場合は面倒はことも多いですが、手間をかければその分費用が安くなることは知っておきましょう。 もちろん、業者に依頼する場合でも、買取をお願いしたり、自分で業者に持ち込むなどで、安く済ませることは可能です。自分で廃車をすればお得になりますので、可能な限り自分で手続きを進め、どうしてもできない部分のみ業者に依頼して代行してもらいましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト