中古車売却 中古車買取 コラム

故障・修理

車へこみ修理は適切な方法で直さないと失敗する可能性がある

更新日:

車の傷にはさまざまな種類がありますが、そのなかでもとくに目立ってしまうのがへこみです。車がへこんでいると、どこかにぶつけたのかなと周囲から思われてしまいますし、大きくへこんでいると恥ずかしく思う人も多いです。 へこみは目立ちますので、素早く修理しなければなりませんが、この際どうやって修理するのかが問題です。業者に頼んで修理するのはもちろん、自分でも直すことができます。ただし自分で直す場合はさまざまな注意点がありますので、業者とも相談しながらどの修理方法を採るのかを考えることが大切です。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

車へこみ修理方法

車の整備道具

車のへこみの修理方法はさまざまありますが、どの方法を用いるかによってメリット・デメリットは違います。ただ修理ができればよいわけではありませんし、できるならお得に修理したいと考えるのが普通です。修理方法を知って、どの方法が最適かを考えていきましょう。

業者に頼む

車のへこみの修理方法としては、業者に頼むのが一般的です。小さな擦り傷程度であれば自分でも簡単に修理できますが、へこみとなると修理が難しい場合も多い。またへこみにともなって内部まで損傷している可能性もありますので、それも含めて業者に修理を依頼する人は多いです。

業者に頼んだ時のメリットとデメリット

へこみの修理を業者に頼んだ場合のメリットは、手間をかけることなく、きれいに修復できることです。修理業者はプロですし、任せていれば何の問題もありません。対してお金がかかってしまうこと、修理に時間がかかる場合もあることがデメリット。自分で修理する手間を省けるぶん、そのほかのコストは必要です。

自分で直す

へこみの修理は難しいと考える人も多いですが、実は自分でも修理は可能です。車は熱によって変形する素材も多く、意外と柔らかい素材でできています。そのため温めたり、冷やしたりすることで変形させることができ、上手に再形成すればへこみは修復できます。

自分で直す時のメリットとデメリット

へこみを自分で直すメリットとしては、お金がかからないことが挙げられます。軽度のへこみであれば自宅にあるもので直せる場合もあり、修理用品を買ったとしても業者に依頼するよりは安くて済みます。デメリットは修理に手間がかかること、きれいに修復できない可能性があることです。自分で修理するのは面倒も多いですし、必ずしも元の状態に戻せるとは限りません。

また、買取のために行う場合は少し注意が必要で、本当にプロ並みに綺麗に、かつ安く直せる場合であれば問題ありませんが、そうではない場合は修理をせずにそのまま買取に出した方が査定額は高くなるのです。

というのも、中途半端に修理してしまった場合、買い取った後に修理された部分を再度修理するという二度手間が発生してしまうので、逆に費用がかさんでしまうのです。

なので、買取を希望の場合は一旦そのままの状態の査定額を把握されてから、修理をするかどうか判断をしましょう。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

自分で車のへこみを修理する時に必要な道具

自分で車のへこみを修理するのであれば、道具が必要です。道具なしで直せるほどへこみは簡単な傷ではありませんし、自分で直すならなおさらしっかり準備してから修理に臨まなければなりません。へこみの修理に使える道具は複数ありますので、どんなものを使用するのか知っておきましょう。

デントリペアツールでへこみを直す

へこみの修復にはデントリペアツールを用いることが多く、これは平たく言えば吸盤です。へこみ部分に吸盤を吸着させ、強い力でひっぱることでへこみを直すことができます。へこみは外から圧力がかかったことでできるものですので、反対の方向から強い力で引けば元通りになることも多いです。

ヒートガンでへこみを直す

車は熱に反応しやすい素材でできていますので、温めて柔らかくしてから再形成する方法もへこみ修理としては一般的です。車を温める道具としてはヒートガンというものがあり、これは高いものだと400℃近い温度で熱せられます。ヒートガンでへこみ部分を柔らかくすることで、へこみが元に戻せます。

ヒートガンの代わりにドライヤーでも可能

ヒートガンをわざわざ買いたくないという人は、ドライヤーで代用してみるのもおすすめ。ドライヤーの温風でも車を温めることはでき、しっかり温めればへこみも修復できます。ただしへこみを直すのにはかなりの温度が必要ですので、高温ドライヤーでなければうまく直せない可能性もあります。

エアダスターでへこみを直す

エアダスターはいわば冷却スプレーであり冷やすための道具ですが、これもへこみの修理に使えます。へこみを直す場合は温めた箇所を急速に冷やすという方法もあり、急激な熱変化によってへこみを元に戻します。ポイントは急速に冷やすことですので、冷気を一気に噴出できるエアダスターもへこみ修理には欠かせないでしょう。

車のへこみを自分で修理する方法

修理に必要な道具を知れば、次に自分で直す場合の具体的な修理方法について確認していきましょう。へこみの修理に使用する道具はさまざまありますが、実はすべてを使用するわけではありません。修理方法は一つではありませんし、どの方法で直すかによって必要な道具も違ってきます。 またそれぞれの道具は単独で使用するだけではなく、他の道具と併用する場合もあります。どのような修理方法があり、それぞれ何が必要なのかを知っておきましょう。

温めて直す方法

へこみを温めて直す場合は、ヒートガンやドライヤーなどを使ってへこみ部分を温め、柔らかくしてから手で形を整えていきます。柔らかくするためにはかなりの温度が必要ですし、温めた箇所は非常に高温になっていますので絶対に素手では触らないようにしましょう。 温めて直す場合は軍手などは着用必須ですし、肌が触れないように注意しなければなりません。ヒートガンなら素早く温めが可能ですが、ドライヤーの場合は高温でも20~30分程度は温めが必要な場合も多いです。

叩いて直す方法

へこみは圧力がかかったことでできますので、反対側から力をかければ直せます。そのためハンマーなどを使って叩いて直すという方法もありますが、これは慣れていないと難しいです。ただ叩いていればへこみが直るわけではなく、叩く角度や強さなども調整しながら叩かなければなりません。 弱すぎるとへこみは戻りませんし、強く叩きすぎると穴が開くなど別の損傷が生まれる可能性があります。失敗しないためには、地道にコツコツと叩き続けることがポイントです。

へこんだ箇所に熱湯をかける

車のへこみの修理では熱を加えるのは定番といえますが、温めるのはヒートガンやドライヤーに限ったことではありません。温度さえ変化すれば修理は可能ですので、へこんだ部分に熱湯をかけて修理する方法方もあります。熱湯をかけた場合は、かけたあとすぐにへこんだ部分の内側を押しながらへこみを戻していきます。 内側から押すといっても、お湯をかければかなりの温度になっていますから素手では危険です。必ず軍手などを着用して作業をしましょう。

冷却スプレーで一気に戻す方法

へこみの修理では熱を加えて柔らかくしてから押す、反対側から強い力を加えるなどの方法がありますが、へこんだ箇所によっては内側から押せない場合もあります。そのときにおすすめなのが、冷却スプレーで冷やす修理方法です。 車は温めて冷却スプレーで一気に冷やすことで、へこみを修復できます。手の届かない場所でも冷却スプレーであればへこみの表側から直すことができますので、修理箇所によってはこの方法も試してみましょう。

修理専用の商品がある

へこみを自分で直す場合にはさまざまな修理方法がありますが、どの方法を選ぶかによって必要な道具も違ってきます。どの方法がいいかよく分からないという人も多く、どんな道具を集めればいいのかと悩んでしまう人もいます。 そこでおすすめなのが、市販されている修理キットです。修理キットを購入すれば、他に用意しなければならない道具はありません。キットには修理に必要な道具だけではなく、修理方法の説明書なども付属していることが多いので、修理に自信がない人にもおすすめです。

自分で車のへこみを直す時のよくある失敗談

車のへこみは自分でも直せますし、自分で直せば修理費用もそれほどかからずお得です。しかし金銭面ではお得になる可能性が高いものの、いざ修理をしてみると上手くいかずに失敗してしまうこともあります。へこみを上手に修理するにはある程度のテクニックが必要ですし、失敗する人は多いです。自分で修理した場合によくある失敗を知って、どのような点に注意すればいいのかを知っておきましょう。

色にムラができてしまう

へこみができた場合は、一緒に塗装もはがれていることが多いです。そのためきれいに直そうと思えばへこみを戻し、かつ塗装もしなければなりませんが、塗装で色ムラができてしまい、失敗する人は多いです。塗装にはコツが必要ですし、自分でやるとムラができてしまい見栄えが悪くなってしまいやすいので注意しましょう。

パテの扱いが難しい

へこみ部分を埋めるには、パテを使用することもありますが、これも慣れていないと扱いが難しいと感じてしまいます。パテは塗ってへこんだ部分を補完すると頭ではイメージしやすいものの、実際に塗ってみると上手く塗れなかったり、塗ってもはがれてしまうことが多いです。パテの扱いにもコツがありますし、きれいに修復するにはテクニックも必要なので安易に手を出さないようにしましょう。

自分で直せる傷の範囲を把握していない

へこみと一口にいっても傷の程度は異なりますし、自分で直せる範囲も違ってきます。軽度なへこみなら自分でも簡単に直せますが、大きなへこみだと修理の難易度は一気に跳ね上がります。自分で直した方がお得ではありますが、修理に失敗し、余計に悪化してしまうこともあります。結局業者に修理を依頼せざるをえなくなり、二度手間になることも少なくありませんので、どれくらいなら直せるのかを知っておくことが大切です。

自分で直すのが面倒だと思ったあなたへ

車のへこみは自分でも直せますし、自分で直した方が金銭面ではお得です。少しでも修理費用を安くしたいのであれば、自分で直すのがおすすめではありますが、修理にはコツがいりますし、時間がかかることも多いです。 また自分で修理した場合は必ずしもうまくいくとは限らず、場合によっては傷が悪化することもあります。お金がかからないメリットはあるものの、自分での修理は面倒に感じてしまう人も多いです。自分で修理するのが面倒に感じた場合は、どうやって直せばいいのかをもう一度よく考えることが大切です。

業者を有効に使う

へこみを自分で直すのが面倒に感じた場合は、まずは業者に相談してみましょう。へこみは自分では直せない場合もありますし、修復の難易度を知るためにも一度相談してみることが大切です。業者は直すだけが仕事ではなく、相談にも乗ってくれますし、一度相談して自分で直すか業者に頼むかを決めてもよいでしょう。一度車を見てもらい、自分で直せそうかプロに判断を仰いでから適切な対処法を決めることが大切です。

1つの業者ではなく選択肢を増やす

業者に相談する場合は、一つの業者に絞って相談するのではなく、複数の業者を利用し、相談することが大切です。一つの業者だと選択肢が狭くなってしまいますし、自社で修理して儲けを出したいことから、自分で修理できる場合でも業者での修理が必要と言われる可能性もあります。 複数の業者に相談していれば、どの意見が本当に正しいのかも判断しやすくなります。また業者によって修理にかかる金額も違いますし、それらも含めて相談するとよいでしょう。

車へこみの修理期間と修理代相場

へこみの修理を業者に依頼した場合は、修理に時間とお金がかかります。傷の程度や場所によっても違ってきますが、単純なへこみを直すだけなら数時間で終了します。ただドア全体がへこんでいるなど、大部分がへこんでいる場合は数日かかる可能性があるので注意しましょう。 また修理にかかる費用ですが、これも傷の程度と場所によって異なります。ドア部分のへこみだと3万円程度、バンパーだと4~5万円が相場ですのでそれなりの金額になることは覚悟しておかなければなりません。

いきなり自分で直すと思わぬ失敗をして二度手間になる

車のへこみは自分でも直せますので、よりお得に直したいなら自分で修理するのがおすすめです。ただしへこみの程度によっては自分では直せない場合もありますから、無理に直そうとすれば余計に状態が悪くなり、結局業者に頼まなければならないという事態にもなりかねません。 自分で直す場合はいきなり修理を始めるのではなく、まずは業者に相談してみることが大切です。業者では修理だけではなく、修理の相談も請け負ってくれますので、プロの意見を聞いてから自分で修理するか、それとも業者にお願いするのかを決めましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-故障・修理
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト