中古車売却 中古車買取 コラム

車検

トレーラーを車検に出す方法とは。費用を抑えるコツと全体の流れ

更新日:

トレーラーに限らず、車を車検に出すとお金がかかります。車検は、車を走らせるためには必須のものですし、期限が切れないようにしっかり更新しなければなりませんが、どうにか費用を安く抑えたいと考える人は多いしょう。 トレーラーの場合は、普通車と違って車検の費用も高くなりやすいですし、安く抑えてお得に車検を受ける方法を知っておきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

トレーラーの車検を受ける方法

車の整備道具

トレーラーの車検を受ける方法は大きく2つに分けられ、それぞれの方法ごとに違いや特徴があります。また車検の方法が違えば、かかる費用も異なりますので、その点も注目が必要です。車検の種類による違いを把握して、車検を受ける方法を確認していきましょう。

業者に依頼する

車検に出す時間の余裕がなかったり、そもそもやり方がわからない場合は、トレーラーの継続車検を代行している業者に依頼するのがおすすめです。業者によって費用は異なりますが、依頼した場合の費用は4~10万円程度と考えましょう。 車検では代行手数料だけではなく、点検や整備に費用がかかりますし、どれだけメンテナンスが必要かによって、費用は異なります。

ユーザー車検を受ける

ユーザー車検を受ける場合は、自分でトレーラーをけん引していき、陸運局で車検を受けます。トレーラーのけん引や検査の立ち合い、各種書類手続きなどやらなければならないことは多いですが、その分費用は安く済みます。 業者に依頼すれば手間が省けて楽な反面、費用がかかります。業者に依頼せず、自分でやればやるだけ安く済みますので、ユーザー車検は費用を節約したい人におすすめの方法です。

トレーラーのユーザー車検を受ける場合の手順

"

トレーラーの車検にかかる費用を安くしたいのであればユーザー車検がおすすめですが、ユーザー車検の場合、すべての手続きは自分でおこなわなければなりません。手順を把握して、お得なユーザー車検をスムーズに進めていきましょう。

自動車検査の予約システムで予約する

ユーザー車検を受けるためには、まずはいつ車検を受けるのかを予約しなければなりません。ユーザー車検には予約システムがありますので、それを利用して予約しましょう。 すでに使ったことがある場合はログインし、予約を入れますが、初めての場合はアカウントの登録が必要です。予約を入れれば、予約票を印刷し、当日はそれを持って陸運局へ向かいましょう。

トレーラーの点検と整備を行う

ユーザー車検に出す前には、トレーラーの点検をし、修理箇所がないかなど確認が必要です。点検整備記録簿をみながら自身で点検をおこないますが、これはインターネットで公開されていますので、それを印刷して使いましょう。不備がなければ車検に出し、修理箇所がある場合は修理をしてから車検に出します。

車検を受ける

予約と点検を済ませれば、トレーラーを自分で陸運局に持ち込み、必要書類を提出して立ち会い検査を受けます。検査に合格できれば、新しい車検証とシールがもらえますので、これで車検は終了です。

けん引免許が不要なトレーラー

"

トレーラー=けん引免許が必須と考える人が多いですが、実はそうではありません。ひとくちにトレーラーといっても種類はさまざまですし、車によっては普通免許のみで運転できるものもあります。けん引免許なしで運転できるトレーラーは3つありますので、それぞれの特徴を知りましょう。

※処分を考えあっれている場合は、カーネクストに申し込みで無料での引き取りとなります。

ロフトトレーラー

ロフトトレーラーは、車に取り付けて使用する、いわば簡易式のトレーラーです。ジェットスキーやボートなどの運搬に使用されることが多く、大きな荷物の持ち運びができます。手軽に使用できますし、不要な際には簡単に取り外しもできますので、利便性は高いです。

キャンピングトレーラー

キャンピングトレーラーは、箱型の居住空間を連結させた車です。キャンピングカーの運転部分と居住スペースが切り離されたものを考えると、イメージしやすいでしょう。海外ではキャンピングカー同様に使用されているものであり、国内での人気も高まりつつあります。

タイニーハウス

タイニーハウスはキャンピングトレーラーよりも居住空間が大きく、家がそのまま連結していると考えるとよいでしょう。家にタイヤがついており、車がそれを引っ張っていると考えればイメージしやすいです。タイニーハウスも、キャンピングトレーラー同様に海外で人気を集めており、国内でも少しずつ注目され始めています。

トレーラーのナンバープレート区分

"

トレーラーはいくつかの種類に分けられ、ナンバープレートの区分にも違いがあります。トレーラーというひとつの車種ですべてが統一されているわけではなく、さまざまな種類に分けられますので、ナンバーごとの違いを把握しておきましょう。

軽自動車

トレーラー=巨大な車とイメージする人は多いですが、実は軽自動車に該当する軽トレーラーというものもあります。軽トレーラーは区分としては軽自動車ですので、ナンバープレートも通常のものと同じで黄色です。

普通車

軽トレーラーよりもサイズの大きいものは、普通車に該当します。普通のトレーラの場合も、乗用車と同じでナンバープレートは白色です。車体のサイズだけで比べれば、乗用車とは大きな違いがありますが、ナンバーの区分としては同じであることは覚えておきましょう。

事業車

トレーラーは個人として使用するだけではなく、事業車として使用されることもあります。この場合は、トレーラーの大きさによってナンバーの色が異なります。軽トレーラーで事業車になる場合は、黒地に黄色の文字、普通車の場合は緑地に白の文字です。 区分としては軽自動車と普通車の2つですが、さらにそれぞれで自家用車、事業車に分けられることは理解しておきましょう。

区分ごとの車検時の違い

"

ナンバーの区分が違うと、車検時にもさまざまな違いが表れます。同じトレーラーでも区分ごとに異なる点はたくさんありますので、それぞれの違いを把握しておきましょう。

車検の有効期限の違い

車検は通常初回検査で3年、以降2年ごとの更新となりますが、トレーラの場合は初回検査からの2年で最初の更新をしなければなりません。また軽トレーラーの場合は継続検査は初回以降も2年ごとですが、普通トレーラでは初回以降は1年ごとの更新となるので注意しましょう。

車検費用も異なる

車検費用は基本的には、軽トレーラーの方が安くなります。これは自賠責保険や重量税など、法定費用が安いからであり、トレーラーが大きいほど車検費用は高くなります。また事業車の場合は、自家用車よりも税金は安いです。 整備費用がどれだけ必要かによっても異なりますが、法定費用だけで考えれば、事業車の軽トレーラがもっとも安くなります。

車検を受ける場所にも注意

トレーラ―の場合も、車検を受ける場所は普通車と同じですが、これもナンバーの区分によって違いがあります。軽トレーラーは軽自動車検査協会、普通トレーラーは陸運支局で検査を受けます。事業車の場合も同じで、軽か普通車かによって車検の場所が異なるので注意しましょう。

車検取得には車庫証明が必要

トレーラーの車検取得には車庫証明が必要であり、これがなければ車検は取得できないので注意が必要です。ただし、トレーラーでも軽トレーラーの場合は車庫証明が不要です。軽トレーラーの場合は軽自動車の扱いになりますので、車検時に車庫証明は必要でありません。 また、軽トレーラーでも例外として、人口50万人以上の都市では車庫証明が必要になるので、この点も併せて注意が必要です。

ルールを守って正しく車検を受けよう

トレーラーの車検の場合は、普通車とは異なる点がさまざまあるため、違いをきちんと把握しておくことが大切です。車検はやり方次第で費用を安く済ませられますので、正しい方法を知って、お得かつスムーズに車検を受けましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-車検
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト