中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

廃車時のナンバープレートに関する決まり|ルールや扱い方など

更新日:

廃車の際には車を処分するだけではなく、ナンバープレートの処分も考えなければなりません。ナンバープレートにはさまざまな決まりがありますので、廃車の際にどのように扱えばよいのかを知り、スムーズに手続きを進めましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

廃車手続き時のナンバープレートの扱い方

廃車手続きの際には、車の処分方法を決め必要書類なども揃えなければなりませんが、同時にナンバープレートの扱いについても考えておかなければなりません。廃車では車を解体処分する場合もありますが、ナンバープレートまで一緒に処分してよいわけではないので注意が必要です。ナンバープレートに関しては、さまざまな取り決めがありますのでそれらを理解しておきましょう。

廃車の時に必ず返納する必要がある

ナンバープレートは、廃車時に返納することが法律で義務づけられています。そのため解体の際に一緒に分解してはいけませんし、記念として持ち帰るなど個人で保管もできません。ナンバープレートは公道を走るために必要なもので、それが廃車後も個人の手で保管されていれば悪用される可能性もあります。 悪用を防ぐためにも、ナンバープレートは返納が義務付けられていますので、廃車の際には必ず書類と一緒に提出しましょう。

車検切れの車でも返納しないと課税される

ナンバープレートは廃車時に返納しなければならず、ナンバープレートを持っている=名義を持っているとみなされます。そのため車検の切れた車であっても、ナンバープレートを返納しない限り毎年自動車税が課せられます。 自動車の名義を考える上では、ナンバープレートは大きな意味を持ちますので、余計な課税を避けるためには車検の有効期限に限らずきちんと返納しましょう。

2枚返却する必要がある

ナンバープレートは車体の前後についていますので、廃車の際には両方を返納しなければなりません。どちらか一方の返納だけでは、廃車手続きは進められませんので注意しましょう。ナンバープレートは両方そろってこそ意味がありますし、一方だけが個人の手に渡っただけでも悪用される恐れがあります。廃車時には必要書類と前後2枚のナンバープレートをそろえて提出しましょう。

ナンバープレートを紛失した場合の対処法

廃車の際にはナンバープレートの返納は必須ですが、場合によっては紛失していることもあります。紛失した場合でも、返納しなくてよいわけではありません。紛失した原因によって取るべき対処法は違いますので、状況別の対処法を知っておきましょう。

盗難の場合は警察に盗難届を提出する

ナンバープレートを盗難にあった場合は、悪用されることを防ぐためなるべく早く警察に盗難届を提出しなければなりません。盗難届を出すことでナンバープレートの使用停止ができ、盗難届を出さなければいつまでも自分の責任になりますし、そのナンバーを使って犯罪が起きたときには、最悪の場合には責任を問われる可能性もあります。余計なトラブルに巻き込まれないためにも、素早く警察に届け出ましょう。

災害による紛失の場合も警察に届出が必要

ナンバープレートは盗難だけではなく、災害によって紛失することもあります。災害による紛失でも、届け出は警察におこないます。届け出をしてリサイクル券の代わりとなる紛失の証明書を受け取り、車検証と一緒にして陸運局に提出して手続きをおこないましょう。 災害の場合は盗難届ではなく、罹災証明書になります。書類の名称は違うものの、手続きとしては同じですので、紛失すれば警察に届け出ることが大切です。

廃車手続きの際に理由書を提出する

ナンバープレートを紛失した場合は、廃車手続きではナンバープレートの代わりに理由書を提出します。理由書や盗難届の受理番号を記載した書類を提出すれば、廃車の手続きはおこなえます。理由書や受理番号以外ではナンバープレートの代用はできません。これらは必ず入手しておきましょう。

ナンバープレートを外す時のポイント

廃車時にはナンバープレートを返納しなければなりませんので、事前に取り外す必要があります。廃車の手続きは陸運局でおこないますが、このとき車を持ち込む必要はなく、事前に取り外したナンバープレートと必要書類さえ揃っていれば手続きは可能です。 ナンバープレートは外してしまえば公道を走ることはできませんから、どこで取り外すかも重要になります。取り外し方法は、自分でやるか業者に依頼するのかのどちらになります。

基本的には業者に依頼する

ナンバープレートの取り外しは、基本的には業者に依頼するのがおすすめです。ナンバープレートのない車は公道を走ることができないため、解体業者に引き渡す時に一緒に外してもらうことが望ましいです。先に外してしまうと、業者に引き渡すためにはレッカーを依頼しなければならず、それでは費用が余計にかかってしまいます。 業者によってはレッカー無料の場合もありますが、基本的には1万円程度かかり、余計な出費を抑えるためにも解体するときに一緒に外してもらいましょう。

自分で外す時はドライバーを準備する

ナンバープレートはプラスとマイナスのドライバーがあれば、自分でも簡単に外せます。まずはプラスのドライバーでボルトの角を舐めないように、慎重に回しながら外します。次に封印はマイナスドライバーを押し込んで外せば、取り外しは完了です。 ナンバープレートを取り外してしまうと、その後の車の処分に困りますが、業者が引き取りに来てくれる、あるいは一時抹消登録で名義だけを消去する場合は問題ありません。自分で外せば費用はかかりせんし、状況によっては自分でやった方がお得になることもあります。

廃車にする時は速やかにナンバープレートを返却しよう

廃車の際にはナンバープレートの返納が必要であり、これを持って廃車手続きは完了します。ナンバープレートは車の名義の有無を表す重要なものですので、廃車時には必ず返納しなければなりません。すみやかに返納して、廃車手続きをスムーズに進めましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト