中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

廃車をオークションに出品するメリット・デメリットを正しく理解する

更新日:

廃車は業者に買い取ってもらっての処分が一般的ですが、実はオークションに出品して売却も可能です。オークションは買い手がつくかどうかの世界ですので、廃車にする車でも売れる場合はあります。オークションに出すメリット・デメリットを知って、愛車を上手に処分しましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

廃車をオークションに出すメリット

廃車の処分方法としては、業者に引き渡したり、買い取ってもらうのが一般的です。そのためオークションを利用する人はそれほど多くはありませんが、実は隠されたメリットがたくさんあります。なぜ他の方法ではなく、オークションを利用するのか、そのメリットを知っておきましょう。

落札価格が高額になる可能性もある

買取に出した場合は、買取金額は業者が査定によって決めますが、オークションの場合は買い手がそれぞれに金額を提示し、最終的な落札価格が決定します。そのため、人気の車種であれば買い手がたくさんつき、買取価格が高額になることも多いです。 一般的にはそれほど需要がない車でも、マニアには人気の場合もあり、買取相場の何倍ものを金額で売れることもあります。

距離のある相手とも取引できる

オークションはさまざまな人がみていますし、ネットを通じて落札する人もいます。中古車のオークションは業者もチェックしていますし、場合によっては思わぬところから買い手がつくこともあります。 自分で業者に持ち込む場合は、車をみてもらえる人数や範囲も限られますが、オークションの場合は制限はありません。オークションに出品すれば、相手との距離に関係なく車をみてもらえますので、買い手もつきやすいです。

価格設定が自由にできる

オークションは買い手の言い値で落札されるわけではなく、出品時に自分の希望する最低落札価格を設定できます。そのため、納得できないほど低い価格で落札される心配がありません。最低落札価格を自分の納得できる水準にしておけば、仮にその金額で落札となっても問題はありませんし、自分の考える適正価格で買い取ってもらいやすいです。

廃車をオークションに出すデメリット

オークションに出すメリットはたくさんありますが、反面、デメリットも存在しているので注意しましょう。メリットばかりに目を向けていると、思わぬところで落とし穴に引っかかってしまう可能性があります。デメリットもきちんと理解した上で出品し、損をしないようにしましょう。

手数料が取られる場合もある

オークションにはさまざまな手数料が存在し、利用する時の出品料、廃車が落札された時に仲介手数料が必要になる場合が多いです。何がどれだけ引かれるかは利用するオークション会場によって違いますので、事前に確認しておかなければなりません。 手数料の存在を忘れていると、いざ落札となったときに、手元に入る実際の金額が、希望より大きく下回ってしまう可能性があります。

買い手がつかない場合もある

オークションは多くの人にみてもらえるため、買い手はつきやすいですが、それも確実なものではありません。車の状態や車種などによっては、買い手がつかないこともあり、売れるまでいつまでも待ち続ける必要があります。 売却までに時間がかかる恐れがありますし、場合によっては途中キャンセルとなり、出品料が無駄になることもあるので注意しましょう。特に廃車の場合は、状態次第で買い手がつくかどうかは分かりませんし、通常の買取よりも時間がかかることは覚悟しておかなければなりません。

車の状態を明確に知らせる必要がある

オークションに出品する際には、車の状態を明確に知らせる必要があります。車の状態を正確に申告していないと、トラブルに発展する可能性があるので注意しましょう。特に事故歴や修復歴の告知は重要であり、これを偽ってしまうと場合によっては違法行為になってしまいます。 事故歴などがあると、買い手は躊躇し、どうしても落札価格は低くなってしまいます。しかし、虚偽の申告は絶対にNGですので、買い手が離れることは覚悟して、車の状態は正しく伝えましょう。

廃車をオークションに出す時の流れ

オークションに出品してみたいものの、どのように手続きをおこなえばよいのか分からず困っている人もいるのではないでしょうか。オークションは、出品までが難しいと感じる人が多いですが、流れさえ覚えていれば難しいことはありません。出品から落札までの流れを知って、オークションの利用も検討してみましょう。

車を廃車オークションのサイトに出品する

オークションに出品するためには、まずは対象となるサイトを探します。オークションはさまざまありますが、出品に際して条件がついていることも多いです。廃車の場合は、廃車オークションサイトを探し、出品しましょう。 サイトにアクセスすれば車検証をみながら、車の情報を正確に入力します。後は、出品画面に掲載するための写真が必要ですので、前後左右、内装の状態まで分かるように、何枚も撮影してアップロードしましょう。

落札後に車を引き渡す

出品が完了すれば、後は買い手がつくのを待ちます。無事買い手が付き落札となれば、取引日を決め、車の引き渡しと書類での手続きをおこないます。車は資産ですので、引き渡しの際には、譲渡証明書などが必要です。これがないとトラブルに発展する可能性もあるので、必ず車と一緒に渡しましょう。 落札額は、引き渡しの際に現金でもらうか、後日指定口座に振り込んでもらうかのどちらかです。お金のやりとりがもっとも気を遣いますので、両者間で行き違いがないように、事前にしっかりと確認しておかなければなりません。

オークションで廃車の高額取引を狙おう

廃車であってもオークションには出品できますし、場合によっては高額で落札されることもあります。廃車処分の方法として、オークションへの出品も有効ですので、選択肢のひとつとして考えておきましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト