中古車売却 中古車買取 コラム

故障・修理

車のドアの交換費用相場│交換が必要かどうかの判断基準とは

更新日:

車のドアは傷がつきやすい部分であり、小さな傷から大きなへこみまで、傷の種類はさまざまです。細かい傷程度であれば、自身で補修もできますし、へこみであってもDIYで直すことはできます。しかし問題なのは自分では直せないレベルで傷がついてしまった場合です。 自分では直せないなら業者に修理を依頼しますが、このときに考えたいのが修理してそのまま使用するか、それともドア交換をして新しくしてしまうかです。ドア交換には当然費用もかかりますし、修理の場合といくらぐらい違うのか、ドア交換の必要性はあるのかなどを知っておきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

車のドア交換にかかる費用の相場

ドアは車の中でも高い部品のため、交換する際の費用は高くつきやすいです。また、国産車か外国車かによっても、費用は異なります。それぞれどのような違いがあるのか、費用の内訳も確認しながら知っていきましょう。

車種によって異なるが国産車で約10万円

ドア交換の費用は車種によって異なりますが、国産車であれば相場は10万円程度で内訳は次の通りです。

  • 交換工賃:約12,000円
  • 部品代:約35,000円
  • 付属部品代:約4,000円
  • 塗装工賃:約35,000円
  • その他・塗装など:約10,000円

同じ国産車でも、部品代が高いものほど全体の費用は上がります。また、作業工賃は業者によって異なるため、コスト削減を考えるなら業者選びも重要でしょう

外車は最低約30万円から

外車の場合も車種によって費用は異なりますが、基本的には国産車の何倍もの負担がかかることは覚悟しておきましょう。外車でドア交換をするなら、最低30万円程度は見ておかなければなりませんし、場合によっては100万円近くかかることもあります。 これは海外から部品を取り寄せるため輸送費などがかかること、外車のメンテナンスには特殊なスキルが必要なことが原因です。部品代も高く作業も複雑で工賃も高くなるので、膨大な費用がかかってしまいます。

車修理のドア交換費用が高くなる理由

車の修理の中でもドア交換は高額であり、なぜこれほど高くなるのかと疑問を抱く人も多いです。費用が高くなることには正当な理由がありますので、原因を正しく理解しておきましょう。

修理の作業工程が多いため

ドア交換にかかる費用のほとんどは作業工賃であり、これは修理の作業工程が多いためです。ドア交換とイメージすれば、ドアを取り外して付け替えるだけと簡単に思う人は多いですが、実際はそうではありません。ドア交換に要する作業は非常に多く、工程が多い分技術力も問われます。誰もが簡単にできる作業ではありませんので、手間賃、技術料として作業工賃は高くなってしまいます。
また、作業工程の多さから、修理に時間がかかりやすいことも覚えておきましょう。業者のスケジュールや技術力によっても異なりますが、大体1週間程度かかることが多いです。

ドア交換になる程の衝撃で他の箇所も修理追加になる可能性大

ドア交換をするとなれば、ドア自体がかなり損傷していますし、それほどの衝撃を受けたのであれば、他の部分も損傷している可能性が高いです。ドア交換が必要なほどの故障であれば、場合によってはフレームが損傷している可能性もありますし、その他の部分の修理も必要で、全体の修理費用は高くなってしまいます。 ドア交換だけを依頼した場合でも費用は高いですが、その他の部分の修理費も加算されると、数十万ではきかないケースも多いです。

車の修理でドア交換になる判断について

ドア交換にはかなりの費用がかかりますし、できれば交換ではなく修理で抑えたいと考える人も多いです。実際に多少の傷であれば修理は可能ですが、ドア交換までしてしまうともったいないこともあります。ドア交換には膨大な費用がかかりますので、適切なタイミングを見極めておこなうことが大切です。どのような場合ならドア交換をすべきなのかを知り、適切な判断を下しましょう。

へこみが大きく板金修理が不可

ドア交換の判断材料としては、へこみが挙げられますが、多少のへこみであれば交換ではなく、修理が可能です。ドアを交換するかは、板金修理が可能かによって決まります。へこみの程度がそれほどひどくなければ、板金修理、へこみがあまりにも大きく、かつ複雑な場合はドア交換です。 板金修理はへこみの程度はもちろん、へこみの箇所によっても修理可能かどうかが違いますので、分からない場合は修理業者に見てもらい、修理が可能か判断を仰ぎましょう。

ドアの素材がアルミやカーボンの場合は板金修理が不可

傷の程度が浅く、板金修理できるものはドア交換までは不要ですが、ドアの素材がアルミやカーボンのものは注意が必要です。
これらは板金修理ができないため、大きなへこみができた場合はドア交換で対処することが多いです。同程度の傷でも、素材次第ではドア交換になる可能性があることは覚えておかなければなりません。

交通事故で一方的にぶつけられた場合

追突など事故によってドアが故障した場合は、ドア交換をしてもらった方がよいでしょう。事故を起こした相手がいれば、保険を通して修理費を請求できますし、金額を気にせず交換ができます。もちろん加入している保険の内容や過失割合などによって補償額は違いますので、一部自己負担となる場合もありますが、負担額が少なければドア交換がおすすめです。 ドアの損傷は軽微に見えても、実は内部が損傷している可能性もあり、あとあと不具合が出ると困るので、新品交換しておくのが無難です。

車のドア交換の注意点

板金修理では対処できにない場合はドア交換で対応することになりますが、この時気をつけなければならないことがいくつかあります。ドア交換を依頼すること自体は簡単ですが、ポイントを押さえていないと失敗したり、損をしたりする可能性があるため注意が必要です。

中古パーツに交換する際は価格に気をつける

ドア交換は費用が高くなることも多いため、コスト削減を狙うなら中古パーツを使用する方法があります。しかし、中古パーツは物によって状態が大きく異なり、よいものもあれば悪いものもあるため注意が必要です。
中古品でもそれなりに値を張るものはあり、パーツ選びに失敗するともう一度交換が必要になり、損をすることも少なくありません。まずは見積もりを取って、新品を使った場合と中古パーツで交換した場合の差額を確認しましょう。また、中古パーツを購入する場合は状態をよく確認し、本当に信頼できる業者から購入することが大切です。

車の査定に影響する可能性がある

ドア交換をすると見た目としてはきれいになりますが、査定時にはマイナスに働いてしまう可能性があります。これはドアには配線が多くあるため、取り換えをすることで何らかのリスクを抱えてしまう可能性が高いからです。また、ドア交換だけでは修復歴がつくわけではありませんが、ドアと車体のつなぎ目にあるフレーム、ピラーなどが損傷し、これを修理していると修復歴車に該当するため注意しなければなりません。査定価格が大きく下がるかどうかは修復歴がつくかに関係しますが、仮に修復歴がなかったとしても、ドア交換をしていない車と比べるなら、多少なりとも査定が下がりやすいことは確かです。

車の査定に大きく影響する可能性がある

ドア交換をすると見た目としては綺麗になりますが、査定時にはマイナスに働いてしまう可能性があります。これはドアには配線が多くあるため、取り換えをすることで何らかのリスクを抱えてしまう可能性が高いからです。 もともと取り付けてあったドアであれば配線はきちんと整備されていますが、取り換えた場合は配線トラブルが起きる可能性も少なくありません。ドア交換をした車は配線によるリスクが高いと判断され、査定が低くなるケースもあるので注意しましょう。

車両保険を使うと次年度から保険料が値上がるリスク

ドア交換に車両保険を使った場合は、修理費は負担してもらえますが、次年度から保険料が上がります。保険は使えば等級が下がりますし、場合によっては保険料の値上がりによって損をする可能性もあります。保険を通して修理費を請求した方がよいのか、値上がり分を考えて自己負担で費用を捻出した方がよいのかを、よく考えておきましょう。

車の買い替えを検討の場合

今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。

近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路持ちのカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。なお、カーネクストは中古車だけではなく、故障車や廃車の買取も可能ですのでかなり万能な業者となっています。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

車のドア交換は状態をよく確認して行おう

ドアが大きく損傷した場合はドア交換で対応することが多いですが、傷の程度によっては必ずしもこの限りではありません。ドア交換は10万円以上かかることが多いため、修理費用次第では別の方法を考えることも大切です。本当にドア交換が得策といえるのか、状態をよく確認してから修理を行うようにしましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-故障・修理
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト