中古車売却 中古車買取 コラム

故障・修理

車のへこみ修理は吸盤を使おう|意外と簡単に直せる方法を知ろう

更新日:

車傷の中でも修理に手間がかかってしまうのが、へこみです。小さな傷であれば、研磨剤などを使って簡単に磨き落とせますが、へこみとなるとDIYでの補修は難しいと感じてしまう人は多いです。しかし実はへこみであってもDIYでの補修は可能であり、吸盤を使えば簡単に元通りに直せます。 へこみがあると見栄えも悪くなりますし、自分で直せれば費用もそれほど多くはかかりません。吸盤を使った直し方を知り、愛車を綺麗な状態に保ちましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

車へこみって自分で簡単に直せるの?

へこみは自分で補修するのが難しいと感じる人が多いですが、吸盤を使えばDIYでの補修は可能です。ただ補修自体は可能でも、問題になるのが補修にかかる手間や費用、難易度です。いくら自分で直せるとはいえ、費用がかかりすぎれば意味はありませんし、技術が必要となれば素人ではなかなか手が出ません。 DIYで直すときの条件は、費用を安く抑えかつ誰でも簡単に直せることです。へこみの補修にかかる費用や難易度を知り、自分でもできそうか具体的にイメージしてみましょう。

車へこみ吸盤で修理する

車のへこみの補修にはさまざまな方法がありますが、もっとも簡単なのは吸盤を使うことです。そもそもへこみは、片側から強い力で圧迫されたことによって起きるものであり、反対側から引っ張れば簡単に直ります。 車のボディは変形やすい素材でできていますし、力もそれほど必要ではありません。へこんだ部分を裏側からハンマーなどで叩くという方法もありますが、補修箇所によっては裏側に手が回らないこともあり、補修に制限がついてしまいます。吸盤の場合はへこみを表面から引っ張るだけで補修ができますので、補修箇所を選ばずに使用でき、目視しながら作業ができるので初心者でも比較的取り組みやすいです。

車へこみ吸盤の価格は?

補修に使う吸盤ですが、基本的には数百円程度で購入できるので、修理費はほとんど必要ありません。初期投資として吸盤を買ってしまえば、以降何度でも使用できますし、途中で買い替えたとしても高額にならないのも嬉しいポイントです。 仮に業者に修理を依頼したとなれば、一度の修理だけでも数万円程度かかってしまいますし、費用だけで考えれば、圧倒的にDIYの方が安く済みます。もちろん吸盤にもさまざまな種類がありますし、へこみの具合によっては吸着力の強いものを選ぶ必要があります。その場合は値段もやや上がりますが、それでも修理費と比べると安いですし、お金をかけずに補修したいなら自身でおこなうのがおすすめです。

用途に合わせた車へこみ吸盤を選ぶ

へこみの補修に使う吸盤といっても、種類はいろいろあり、用途ごとに使い分けることが大切です。たとえば大きなへこみであれば、吸盤も大きいものを選び、小さなへこみであれば小さな吸盤を選ぶのが基本です。 吸盤はへこみのサイズに合わせることが大切であり、大は小を兼ねるとはなりませんので注意しましょう。小さいへこみに大きい吸盤を使ってしまうと、上手く補修できない可能性が高いですし、場合によっては余計な部分まで変形させてしまう可能性もあります。吸盤の大きさや吸着力など、商品ごとに用途は違いますので、へこみの状態にあった適切なものを選びましょう。

車へこみ吸盤を使用する上での注意点

吸盤によるへこみの補修が可能なのは、基本的には平面のみです。補修の方法としては、へこんだ部分に吸盤をつけて引っ張りますので、複雑なへこみでは綺麗に補修できない可能性が高いです。平面のシンプルなへこみであれば吸盤で簡単に補修できますが、複雑なへこみの場合は補修しようと思えばそれなりの技術が必要です。 またあまりにも複雑な場合は、別の方法で修理が必要になることもありますし、その場合は業者に依頼するのが無難でしょう。吸盤はへこみを直せるものの、間違った使い方をすると余計に状態を悪化させますし、基本的には平面のへこみの場合のみ使用することが大切です。

お店ほど完璧に直るわけではない

ちょっとしたへこみであれば、業者に依頼しなくても自分で直せますが、DIYで補修した場合はどうしても修理痕が目立ちやすいです。何となくは綺麗にはなるものの、業者に依頼した場合と出来栄えは格段に違いますし、業者ほど綺麗に直せないことは理解しておきましょう。 DIYによる補修はあくまで応急処置的なものですし、傷も直すというよりは目立たないように隠しているだけにすぎません。そのため基本的には軽微な傷しか直せませんし、大きすぎる傷や複雑な傷は業者に修理を依頼するのが無難です。 また仕上がりの綺麗さを求めるなら、補修は自分でおこなわない方がよいですし、自分が求めるものに合わせて修理方法を考えましょう。

車のへこみはお店に出したほうがいいの?

へこみの修理は、吸盤を上手く使えば自分でもできますが、傷の程度によっては業者に依頼した方がよい場合もあります。車傷は放っておくと二次的な被害につながることも多いですし、傷を見つければ素早く補修、修理をすることが大切です。 自分で直せるのであれば、可能な限りDIYで補修したいと考える人も多いですが、業者に依頼することにはさまざまなメリットがあります。業者に修理を依頼する場合の特徴を理解して、へこみ補修の選択肢を広げましょう。

お店の修理は完璧

大前提として考えておきたいのが、業者に修理を依頼した場合は、仕上がりが完璧です。自分で補修すると、どうしても修理痕が目立ってしまいがちですし、場合によっては綺麗に補修できない可能性もあります。業者に依頼すれば仕上がりには全く問題はありませんし、どんな傷でも綺麗に修復してくれます。自分では直せない複雑な傷や仕上がりの綺麗さを求めるなら、修理を依頼した方がよいでしょう。

お店の修理は日数がかかる

業者に修理を依頼した場合、利用する業者によっても異なりますが、基本的には修理には数日かかると考えましょう。へこみの程度が大きければ大きいほど時間はかかりますが、小さなへこみでも本格的に修理してくれますので、自分で行うよりは時間がかかることが多いです。 もちろん業者によっては、作業の早さを売りにしているところもありますし、その場合はへこみの具合が軽度であれば数時間で終わることもあります。例外的に早く修理してもらえる場合もありますが、基本的には時間がかかると考えましょう。

車へこみ修理をお店に出すと費用がかかる

業者に修理を依頼した場合、ネックになるのは修理費用です。これは利用する業者や修理箇所、へこみの程度によっても異なりますが、小さなへこみでも2~3万円程度かかることが多いです。どんな傷でも綺麗に直してくれる反面、DIYよりも費用は圧倒的に高くつくことは理解しておきましょう。

修理の注意点

修理を依頼する場合は、まずは見積もりを取って費用を確認します。見積もりの金額に納得できれば修理開始となりますが、納得できなければ交渉、あるいは別の業者の利用を考えます。見積もり段階では無料の業者も多いですし、必ずしもそこを利用しなければならないわけではありませんので、複数の業者から見積もりを取って、もっとも安い金額を提示した業者を利用しましょう。

車へこみ吸盤とお店はどちらがいいの?

へこみを直す方法は、吸盤を使って自分で直す、業者に修理を依頼するの2択です。どちらでも傷は直せますが、問題はどの方法がもっともメリットがあるのかです。それぞれの特徴を踏まえた上で、もっともよい方法を選択しましょう。

費用や手間を考えると車へこみ吸盤で修理がおすすめ

自分で直す場合と業者に依頼する場合の違いは、費用と仕上がりにあります。費用だけを重視するなら、吸盤の購入費だけで済むDIYがおすすめですし、綺麗な状態に戻したいなら業者に修理を依頼しましょう。業者に依頼した場合はお金も時間もかかりますし、安く素早く補修したいなら吸盤を使ったDIYがおすすめです。

車の買い替えを検討の場合

今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。

近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路持ちのカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。なお、カーネクストは中古車だけではなく、故障車や廃車の買取も可能ですのでかなり万能な業者となっています。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

車へこみ吸盤で修理するのがおススメ!

車のへこみを直す方法はさまざまありますが、安く簡単に直したいなら吸盤がおすすめです。吸盤による補修は単純で、へこみにつけて引っ張るだけですので初心者でも簡単におこなえます。出来栄えについては業者に依頼した場合には劣りますが、応急処置的に直したいのであれば、吸盤を使って補修しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-故障・修理
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト