中古車売却 中古車買取 コラム

事故

事故の代車でレンタカーを利用する。保険の特約に加入しよう

更新日:

事故で車が使えなくなれば代車が必要ですが、場合によっては修理工場から代車を出しもらえないこともあります。そこで考えたいのが、レンタカーを代車にする方法です。加入している保険のプランによっては、事故の際にレンタカーを代車にできる場合がありますので、その条件などを知っておきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

事故の代車でのレンタカー費用の補償がある

事故の代車としてレンタカーが借りられる場合もありますが、これは車両保険に加入し、かつ必要な条件を満たしている場合のみです。すべての場合でレンタカーが代車として借りられるわけではありませんし、借りたとしても費用を補償してもらえないこともあるので注意が必要です。どんな場合にレンタカー費用を補償してもらえるのかを知り、もしもの場合に備えておきましょう。

車両保険の代車特約が費用を補償

事故の代車でレンタカーの費用が補償されるのは、車両保険の代車特約に加入していた場合です。これはレンタカー特約とも言われていて、事故時の代車の費用についての補償を定めたものです。補償を受けるには車両保険への加入が必須であり、これは強制加入の自賠責保険ではなく、任意加入の車両保険ですので注意しましょう。 自賠責保険には代車特約はありませんし、任意の車両保険でもすべての場合でついているとは限りません。代車特約は保険プランのオプションのひとつであり、これをつけていなければ車両保険だけではレンタカー費用は補償されないので注意が必要です。

補償される期間

代車特約で補償される期間には制限があり、基本的には最長で30日間までです。保証期間を過ぎても代車を利用する場合は、超過分はすべて自己負担となるので注意しましょう。補償期間の取り決めも保険会社やプランごとに異なります。 事故日から1年以内であれば、30日間利用できる場合もあり、事故日から30日以内しか利用できない場合もあります。代車特約に加入している場合でも、どちらに該当するのかをチェックしておきましょう。

補償される金額

補償金額は保険会社によって違いますが、基本的には日額5,000~10,000円程度であることが多いようです。補償金額は加入時のプランによって決まることも多く、サポートの手厚いプランであれば、補償される日額も高額になります。しかし、補償が手厚い分、保険料は値上がりする可能性が高いので注意が必要です。

借りられる代車

代車特約で借りられるレンタカーは、基本的には日額限度内のものに限られます。限度内であれば自分で選べますが、超える場合は一部自己負担が出たり、場合によっては借りることさえできない可能性もあるので、注意しましょう。また、「わ」「れ」ナンバー以外のレンタカーは、補償対象外になります。

月々の保険料

代車特約はオプションですので、加入すれば当然月々の保険料は上がります。契約内容や保険会社によって金額は違いますが、年間で5,000~10,000円程度の値上がりになるようです。保険料は増額になりますが、事故の際には保証が得られますし、日頃から車が必要な人には必須と言えるでしょう。 反対にそれほど運転する機会がなく、仮に車が無くなったとしてもそれほど困らないのであれば、無理に代車特約を付ける必要はありません。余計なオプションを付けずに、保険料を抑えたほうがお得です。

事故で代車にレンタカーを使用した場合の注意点

代車特約があれば、事故にあってもレンタカーが借りられ困りませんが、特約を使用する際にはさまざまな注意点があります。代車特約を利用するにはさまざまな条件がありますし、相手の保険の加入状態によっても対処法は違ってきます。 また上手に代車特約を使うポイントもありますから、注意点を正しく理解して上手にレンタカーを使用しましょう。

代車特約が認められないケースがある

代車特約は加入していれば必ずしも適用されるわけではなく、認められないケースもあるので注意が必要です。たとえば事故車以外に車を所有している、または日常的に車を使用する必要性がないと判断されれば、特約が適用されない可能性があります。 通勤に車を使っている場合でも、公共交通機関の利用が妥当と判断されたら、補償が受けられない可能性があるので注意が必要となります。基本的には過失の割合ではなく、車の使用状況によって保険が適用されるかが決まります。

代車特約のみの使用では等級は下がらない

通常は車両保険を使用すれば等級が下がりますが、代車特約のみの使用では等級は下がりません。代車特約の使用は「ノーカウント事故」にあたりますので、等級が下がる心配はありません。しかし、同時に車の修理などで車両保険を適用した場合には、通常どおり等級は下がるので注意しましょう。等級に影響しないのは、あくまで代車特約のみを適用させた場合です。

事故の加害者が保険未加入の場合

事故の加害者が保険未加入の場合には、相手が賠償金などを支払うまでは、費用は自己負担しなければなりません。相手が保険に加入していれば、相手の保険会社を通じて補償が受けられますが、未加入の場合は本人が直接支払うのを待つ必要があります。 もちろん自分の保険を適用させ、さまざまな補償を受けることはできますが、修理などで車両保険を適用させてしまうと、当然等級は下がります。等級を下げずに修理したい場合は、自己負担で一時立て替えをするか、相手が支払いに応じるまで修理を待たなければなりません。

代車特約を活用して不測の事態に備えよう

代車特約は非常に便利なオプションであり、日常的に車を使う人には欠かせない存在です。オプションを付ければ年間の保険料は値上がりしますが、それも微々たるものですし、緊急時のリスクに備えると考えれば高くはありません。代車特約を活用して、不測の事態にも上手に対処しましょう。

なお、事故車に関しては一般的な中古車店では買取額がつきませんので、事故車の買取も可能なカーネクストに売りに出して、少しでもお金を残すようにしましょう。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-事故
-,

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト