中古車売却 中古車買取 コラム

故障・修理

車傷補修を自分でする方法|小さな傷ならDIYでも直せる

更新日:

車傷補修を業者に依頼するとお金もかかりますし、車の引き渡しなどでも時間がかかります。大きな傷であれば、お金や時間がかかるのも仕方ありませんが、小さな傷までコストをかけて補修するのは、もったないと考える人は多いでしょう。 車傷補修はポイントさえ知っていれば、自分でもおこなえます。特に小さな傷なら簡単に直せますので、上手な補修方法を知り、愛車を綺麗な状態で長持ちさせましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

車傷補修ってどうすればいいの?

車に傷ができれば、素早く直したいと考えますし、傷がついたまま放置するのは見栄えもよくありません。また、傷は放置することで錆や腐食など、被害が拡大することも多く、早く補修することが大切です。車傷補修は難易度が高いとイメージする人が多く、傷ができれば業者に依頼するという人も多いでしょう。 しかし、傷によっては自分で直すことも可能です。業者に依頼した場合、自分で直した場合では、どのような違いがあるのかを把握し、適切な補修方法を選びましょう。

業者で補修してもらう

修理工場など、専門の業者に依頼して補修してもらう場合、当然プロですので、仕上がりは完璧です。傷が元通りに戻るだけではなく、現状以上の整備をしてくれることもありますし、仕上がりの質を求めるなら業者に直してもらうのがおすすめです。 長く乗っている車でも、業者修理であれば、新車同然の状態で戻ってくることもありますし、メンテナンスに力を入れたいなら業者に補修してもらいましょう。

業者の車傷補修の費用

業者に車傷補修を依頼した場合、傷の程度や箇所にもよりますが、少なくとも数千円程度はかかるでしょう。また、大きな傷ともなれば数万円、場合によっては十万円単位で費用がかかることもあります。傷の種類に関係なく補修できますし、かつ手間もかからず仕上がりもよいので、手間賃と考えれば費用がかかるのは当然と言えます。

自分で補修してみる

車傷は自分で補修することが可能であり、道具さえ揃っていれば簡単に直せる場合も多いです。ただし、自分で補修する場合は綺麗に直そうと思えばスキルが必要ですし、大きな傷は直せない場合もあります。業者に依頼するコストは削減できますが、その分自分で作業をする手間がかかる場合があり、さらには綺麗な仕上がりにならない場合もあります。日頃から車をいじるのが好きで、メンテナンスも自分でやりたいという人にはおすすめです。

自分で車傷補修した費用

自分で車傷補修をした場合は、費用はほとんどかかりません。必要なのは修理道具の購入費だけであり、それらも比較的安い物が多いです。また、一度購入すれば長く使えますし、補修を繰り返すほど、費用としてはお得になります。作業を自分でおこなうという手間がかかる分、費用を大幅に削減できるのが大きな魅力でしょう。

車傷補修ペンで目立たなくなる

傷を直す道具はたくさんありますが、さまざまな傷に使えて便利なのが車傷補修ペンです。車傷補修ペンを使えば、簡単に傷を目立たなくでき、綺麗な状態を保てます。ただし、見た目を整えるにはさまざまな作業工程が必要であり、あくまで傷を隠しているだけだということは理解しておきましょう。 傷を綺麗に取り去りたいのであれば、隠すのではなく、きちんと修理しなければなりません。車傷補修ペンは、より手軽に傷を隠す際におすすめのアイテムです。

車傷補修ペンで補修する場合の必要な道具

車傷補修ペンは、塗料を吹き付けて車傷を目立たなくさせる道具です。浅い傷から深い傷まで、さまざまなシーンで活躍しますが、その他の道具と併用して使うことが多いです。より綺麗な仕上がりを目指すためには、他にもさまざまな道具が必要なことは理解しておきましょう。 補修道具は一度購入すれば長持ちするものが多いですし、持っておいて損はありませんので、一式揃えておくのがおすすめです。

車傷補修ペンの使い方

車傷補修ペンは便利な道具ですが、上手に補修するには正しい使い方を知っておくことが大切です。細かい使い方のポイントはありますが、まずは自分の車に合った色を選んで購入しなければなりません。車にはそれぞれカラーナンバーがあり、車傷補修ペンもナンバーを合わせて購入します。 カラーナンバーは運転席や助手席の下、エンジンルームなど、車によって場所は違いますが、さまざまな場所に記載されています。分からない場合はメーカーのホームページで調べるか、直接電話して場所を確認し、ナンバーを調べておきましょう。

耐水ペーパーを使う

車傷補修ペンで補修するには、まずは傷口を綺麗に洗い流し、耐水ペーパーを使って錆や汚れ、塗装の剥がれなどを落とします。傷口に余計なものがあると、スプレーをしても塗料が上手く入らず、すぐに剥がれてしまいます。また、色ムラの原因にもなりますので、まずは傷口を削って、綺麗に整えましょう。

箇所の油脂を取る

傷表面を削ってなめらかにすれば、油脂を拭き取り、さらに塗装面を綺麗にしましょう。車にはさまざまな油分が付着しており、これが残っていると塗料が上手く付着しません。また、油脂が残っていることも、色ムラの原因になりますので、綺麗に取り除きましょう。

塗装する

塗装面を綺麗にすれば、車傷補修ペンを使って補修しますが、このとき余計な部分に塗料が飛ばないよう、周辺をマスキングで保護しておきましょう。補修ペンで塗布すると、広範囲に塗料が飛ぶため、周辺は広めに保護しておかなければなりません。

箇所を磨く

塗装箇所が乾けば、耐水サンドペーパーとコンパウンドを使用して、表面をさらに磨いていきます。塗料を塗っただけだと、周辺との色の違いが出ていることが多いため、コンパウンドなどでさらに磨いて、色を馴染ませることが大切です。 より綺麗な仕上がりを目指すのであれば、この工程を何度か繰り返しましょう。塗料も一度だけでは上手く塗れていないことが多く、複数回に分けて重ね塗りすることが大切です。乾燥させて磨き、重ね塗りと工程を増やすのは手間ですが、仕上がりの良さを求めるなら、ひと手間かけて補修しましょう。

車傷補修の費用は業者とDIYどっちがお得か

車傷補修をする上で気になるのは費用であり、これを気にして業者に頼めないという人は多いでしょう。費用面だけで考えるなら、断然自分でDIY補修をしたほうがよいですが、自分で作業をするとなれば、手間がかかり、お金以外のコストが必要です。 また、DIYでも費用が全く必要ないわけではありませんし、結局どちらがお得なのかと悩む人も多いです。業者に依頼とDIY補修ではそれぞれメリット・デメリットがありますので、それも踏まえて、よりお得なのはどちらか考えてみましょう。

車傷補修を業者でした場合

車傷補修を業者でした場合のメリットは、仕上がりが綺麗であることです。仕上がりの綺麗さを求めるのであれば、断然業者に依頼したほうがよいでしょう。

業者で補修した場合の費用

業者で補修した場合は、傷の程度によっても違いますが、最低でも数千円単位で費用がかかります。費用面だけで言えば負担は大きいため、頻繁に補修を依頼するのは難しいでしょう。

業者での車傷補修にかかる時間

業者での車傷補修にかかる時間は、小さな傷なら数時間程度です。大きな傷なら数日かかることもありますが、これは自分で直すのが難しいものもあるため、仕方がないと言えます。また、数時間といっても、入店や点検、査定などの時間を考えれば、最低でも半日は必要になることが多いでしょう。

業者での車傷補修の出来上がり具合

業者で補修した場合は、現状以上の出来栄えになっていることも多く、近くで見ても修理痕がほとんど分かりません。また、場合によってはワックスがけなど、傷を付けないための予防策を取ってくれることもあります。仕上がり面で言えば、文句のない出来具合だと言えます。

車傷補修を自分でした場合

DIYで車傷補修をした場合のメリットは、費用が安く済むことです。作業の手間はかかるものの、業者に依頼するよりは断然安いため、費用面だけで考えれば、自分での補修がおすすめです。

自分で車傷補修した場合の費用

自分で補修する場合は、修理道具を揃えるだけの出費で済み、数千円程度で済ませられることがほとんどです。また、一度購入すれば、使い切るまで費用がかからないため、補修を繰り返すほど、よりお得です。道具を買って一回だけで終わらせるならもったいないですが、長期的に続けるのであれば、かなりお得になるでしょう。

自分で車傷補修した出来上がり具合

補修の仕上がりは個人差があり、上手な人がやれば業者並みに綺麗に補修できる場合もあります。しかし、綺麗に直すにはスキルが必要ですし、傷が大きくなるほどに修理痕は目立ってしまいます。DIYでの補修の場合は傷を直すというよりも、目立たなくさせる程度のものと理解しておくとよいでしょう。

自分で車傷補修する時の注意点

自分で車傷補修をする際には、さまざまな注意点があり、これが守れていないと仕上がりに影響するので注意しましょう。補修は誰でも簡単にできますが、仕上がりにこだわろうと思えば、注意しなければならないポイントはたくさんあります。DIYで綺麗に直すためにも、注意点をきちんと把握しておきましょう。

車の傷を見極めて正しい手順で補修をしましょう

車傷は傷の種類、箇所によって作業の手順や必要なアイテムが異なります。やり方を間違えればそれだけで上手くいかなくなりますので、まずは傷の状態を見極めることが大切です。傷に対して正しい方法で補修することで、より綺麗な仕上がりを目指せます。また、傷の状態を確認し、難しいと感じれば無理せず業者に依頼することも大切です。

やり過ぎ焦りは失敗のもとです

綺麗な状態に戻すには、何度か工程を繰り返して丁寧に作業することが大切ですが、何事もやり過ぎは禁物です。コンパウンドで磨き過ぎれば余計な塗装を剥がして傷を増やしますし、車傷補修ペンも塗り過ぎれば垂れて、仕上がりが汚くなります。焦ってやると失敗しますので、傷の状態を確認しながら、慎重に作業を進めることを心がけましょう。

車傷補修して楽しいカーライフを

車傷補修は業者に依頼しても、自分でやってもメリット・デメリットがそれぞれ存在します。どちらか一方のやり方に固執するのではなく、状況に応じて適切な方法を選ぶことが大切です。基本的には小さな傷は自分、大きな傷は業者に任せるのがおすすめです。車傷を上手に補修して、カーライフをさらに充実させましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-故障・修理
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト