中古車売却 中古車買取 コラム

購入

中古車で事故車は買っても大丈夫なのか。購入するリスクとメリット

更新日:

中古車にはいろいろな種類があり、あえて事故車を購入するという選択肢もあります。中古の事故車と聞けば、ボロボロの状態をイメージする人も多いでしょう。しかし、実際にはまだまだ使えるものもあり、お得に購入できることもあります。もちろんリスクはありますので、購入するデメリットなども理解した上で、お得な買い物をしましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

事故車って何?

そもそも事故車の定義ですが、基本的には修復歴のある車を指します。修復歴は車の骨格部分を修理した場合につき、重大な故障があったことを示すものです。事故によって故障すれば事故車扱いにはなりますが、骨格部分が傷ついていなければ、修復歴車とはなりません。 修復歴車を事故車と呼ぶのは、骨格部分を損傷する原因のほとんどが事故だからです。つまり、中古で事故車を購入する際には、修復歴の有無を見分けることが大切です。事故車と定義されていても、修復歴のない軽度な故障であれば問題なく使用できます。

中古車の事故車のリスクとデメリット

中古車の事故車はお得に購入できることが多く、上手に選べばよい買い物ができますが、事故車の購入にはいろいろなリスクやデメリットがあります。ひとくちに事故車といっても、車によって状態が大きく異なるため、すべての場合で故障しているとは限りませんが、それでも多少なりともリスクがあるのは確かです。 中古車でも事故車かどうかでリスクは全く違いますので、あえて事故車を選ぶリスクとデメリットを理解しておきましょう。

乗ってみるまで影響が分からない

事故車でも損傷や修復の具合は車によって異なり、過去の故障がどのくらい影響するのか、実際に乗ってみなければ分かりません。損傷の具合について詳しく説明してくれる業者もありますが、それでも乗ってみてはじめて不具合に気づくということもあり、場合によっては突然故障することもあります。 外装がどれだけ綺麗に見えても、内部には何らかの欠陥を抱えていることもありますし、ほかの車よりは故障のリスクが高いことは理解しておきましょう。

高額な修理費用が掛かる可能性

中古車、かつ事故車となれば、販売価格は非常に安いですが、状態が悪ければ購入後に修理が必要になる可能性があります。状態が悪ければ、それだけ修理費用はかかりますし、場合によっては費用が高額になり、普通の中古車を買ったほうがお得ということもあるので注意しましょう。 修理をしたからといって、完全に直るわけではありませんから、いつまた故障するとも限りません。高い修理費を出しても、長持ちしない可能性もあることは理解しておきましょう。

下取りや買取価格が低くなる

事故車を購入した場合、次の車に買い替える際の下取りや買取価格などは大幅に減額されます。年式が古かったり、走行距離が長かったりするとそれだけでも減額の対象ですが、それ以上に事故歴の有無は査定額に大きく影響します。 修復歴がついていると、場合によってはほとんど値がつかないということもあり、廃車しか道がないこともあるので注意しましょう。

中古車の事故車はこんな人にオススメ

中古車の事故車を購入するのには、さまざまなリスクやデメリットがありますが、必ずしもマイナスになるとは限りません。人によっては事故車の購入で得をすることもありますし、何を求めるかによっても得られるメリットは違います。 リスクを避けたいなら事故車は選択肢から外すべきですが、求めるものによっては、あえて事故車を狙うのもありです。どんな人に中古車の事故車がおすすめなのかを知り、自分が求めるものと一致するかを考えてみましょう。

とにかく安く車を手に入れたい

中古車の事故車を購入する最大のメリットは価格の安さであり、とにかく安い車が欲しい人にはおすすめです。事故車になれば販売価格はぐっと落ちますし、人気モデルであっても格安で購入できます。割引率は業者や車の状態によっても異なりますが、場合によっては通常の半額以下で買えることもありますし、金銭面だけで考えればお得感は強いでしょう。

短期間で乗りつぶすための車が欲しい

長期間の使用は考えておらず、短期間だけで乗り潰しても構わないのであれば、中古車の事故車はおすすめです。事故車は何らかの欠陥を抱えており、いつ故障するとも分かりません。そのため、長期間の利用を目的として購入するには不向きですが、短期間に限定してもよいなら購入のメリットは高いです。 いろいろな車に乗りたい、新車が発売されるまでのつなぎにしたいという人には、格安の事故車がおすすめでしょう。

中古車が事故車かどうか見分ける方法

事故車を狙って購入する場合だけではなく、普通に中古車を購入したのに事故車にあたってしまうということもあります。意図せず事故車を買ってしまうのは非常にもったいなく、損をする可能性も高いので注意が必要です。間違って事故車を買わないためには、上手な見分け方を知っておくことが大切です。 通常の中古車と事故車にはさまざまな違いがありますので、その違いを把握して、事故車を掴まされないようにしましょう。

修復歴の有無をチェックする

事故車を避けたいのであれば、修復歴の有無を聞いておきましょう。修復歴がある=事故車である可能性は高いですし、原因は何であれ修復歴のある車は事故車同様のリスクがあります。修復歴については聞けば開示してくれますし、誤魔化されたり、教えてくれなかったりした場合は、事故車の可能性が高いので注意が必要です。 悪質な業者では故障箇所を誤魔化して販売することもありますので、修復歴について隠そうとする素振りを見せれば、怪しいと考え、別の業者の利用を検討しましょう。

状態図で仕入れ時の状態を調べる

事故車かどうかを見極めるためには、状態図を見せてもらうのもおすすめです。状態図とは、車を仕入れたときの状態を示したものであり、これはどの車にも必ずあります。状態図には修復歴や故障箇所、修理箇所なども記載されていますし、それらをチェックして事故車かどうか判断しましょう。 状態図はすべての車にあるものですので、無いといって断られることはありません。状態図を見せてもらえない場合も、車に何らかの不具合が隠されている可能性があるので注意が必要です。

実際の車の状態を確認する

過去の履歴で調べるだけではなく、実際の車の状態を確認して、事故車かどうかを見極めるのも大切です。車のボディやドア、ボルトの塗装などをチェックすれば、修復の有無が分かります。特にフレーム部分は注意深くチェックが必要で、フレームが歪んでいないか、ボディの溝が左右均等になっているかなどを確認しておきましょう。 また、走行状態を確認するためにも、必ず試乗させてもらい、ハンドル性能やエンジンからの異音なども確認しておくことが大切です。

正しい知識を持って購入を検討しよう

中古車の中でも事故車を購入するのはさまざまなリスクがありますが、きちんと見極めさえできていれば、お得に買えることもあります。大切なのは車に何を求めるか、いかに状態のよい事故車を見つけられるかです。また、事故車の見分け方は中古車購入の際にも役立ちます。事故車についての理解を深め、納得できる中古車購入を目指しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-購入
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト