中古車売却 中古車買取 コラム

故障・修理

古い車をコーティングするメリット|道具の選び方や注意点など

更新日:

古い車を綺麗に保つには、日々のメンテナンスが必要であり、コーティングをおこなうことも大切です。古い車にコーティングは必要なのかと疑問視する人は多いでしょうが、実は古い車こそ定期的なコーティングが必要です。 コーティングをすることでどのようなメリットが得られるのか、作業時の注意点などを知って、古い車も綺麗に保ちましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

古い車をコーティングすることで得られる効果

古い車にコーティングが必要かどうか知るためには、コーティングによって得られる効果を知っておくことが大切です。コーティングをすることで得られる効果はたくさんありますし、愛車のメンテナンスとしては重要なことです。

美しい外観が保てる

コーティングをすることで、車の外観を美しく保つことができます。使用するコーティング剤によって得られる効果は異なりますが、ワックスであれば1~2カ月、ガラスコーティングであれば半年から1年以上光沢効果が持続します。 車は古くなれば輝きを失いますし、ビジュアル面で新車に劣ってしまうことが多いです。しかし、コーティングをすれば一時的にでも新車のような美しさを取り戻すことができ、綺麗な状態を持続しやすくなります。

傷や汚れがつきにくくなる

コーティングは単に車に光沢を出すだけのものではなく、車の表面につきやすい小さな傷を防いだり、撥水効果で雨や泥汚れが付着しにくくしたりする効果があります。コーティングによって得られる光沢はいわばおまけのようなものであり、本来の目的は塗装の保護です。 古い車は傷がついていることも多いですし、それ以上状態を悪化させないための予防策としても、コーティングは大切です。

手入れがしやすくなる

コーティングをすれば汚れにくくなるので、洗車をおこなう回数が減り、普段のお手入れが楽になります。コーティング自体の手間はありますが、一度コーティングを行えば数カ月程度は持ちますし、その間洗車の頻度が減ると考えれば、コーティングの方がお得でしょう。 また洗車回数が減れば、洗車によって細かい傷がつく心配もありません。洗車機にかければ小さな傷ができることが多いですが、コーティングをしていればこれも防げますし、そもそも汚れを落としやすいため、洗車機にかける必要性も減ります。

古い車に使うコーティング剤の選び方

古い車にコーティングをすることで、さまざまな効果が得られますが、どのコーティング剤を使用するかによって、効果の程度は違ってきます。コーティング剤にはさまざまな種類がありますし、それらを上手に使い分けることが大切です。古い車に合ったコーティング剤はどんなものがあるのかを知り、それぞれの特徴を把握しておきましょう。

艶を長持ちさせたいならガラス

古い車に使用するコーティング剤は、どんな仕上がりを求めるかによって使い分けることが大切です。艶を長持ちさせたいならガラスコーティングがおすすめで、油分が少ないため自然な輝きが出せます。ガラスコーティングは施工費は高額になりますが、艶のレベルが高く、傷がつきにくいのが特徴です。 コーティングによる皮膜は固く、小さな傷を防ぎやすいです。また汚れが付着しづらいのも特徴であり、多少の汚れであれば、水で流すだけでも簡単に取り除くことができます。

コストを抑えたいならポリマー

コーティングにかける費用を抑えたいのであれば、ポリマーのコーティング剤を選びましょう。ガラスに比べると持ちが悪いですが、費用はかなり抑えられ、お得にコーディングができます。ポリマーの場合は、吹き付けるだけでコーティングができるなど、作業自体は簡単なものが多いです。 コーティングがはがれやすい反面、作業は比較的簡単ですし、定期的にメンテナンスができるのであれば、コストなどを考えてもポリマーがおすすめです。

古い車をコーティングする場合の注意点

古い車をコーティングする際には、いくつか注意点があり、それらを守っておこなうことが大切です。古い車だからといって、適当にコーティングをして良いわけではありませんし、やり方を間違えれば効果が出なかったり、車を傷つけたりしてしまう可能性もあります。 古い車ほど、コーティングのやり方にも気を遣わなければなりませんので、注意点を正しく把握しておきましょう。

なるべく業者に頼む

古い車のコーティングはなるべく業者にやってもらうのがおすすめで、個人でやると車を傷つけてしまう場合があります。費用はそれなりにかかりますが、技術のしっかりした業者にコーティングを依頼するのがおすすめです。 費用削減を考えるばかりに傷を付けては意味がありませんし、傷の修理代などを考えれば、最初から業者に依頼した方が良いでしょう。

車庫に保管する

コーティングを長持ちさせるためには、車の保管場所にも注意が必要であり、できるだけ車庫に保管することを心がけましょう。コーティングは雨などにあたるとすぐにはがれてしまうため屋内に保管することが大切です。 また、直射日光にあたっても塗装は劣化しますし、コーティングもはがれやすくなります。雨や日光が直接当たらない場所を選び、コーティング後にも気を配りましょう。

手入れをおろそかにしない

コーティング後は汚れがつきにくくなりますが、全く汚れないというわけではありません。コーティングなしよりは汚れにくいというだけで、何もせずに放置していれば汚れはつきます。ついたばかりの汚れであれば、簡単に落ちますが、こびりついてしまうとなかなか落ちず、力を入れてこするなどをしなければなりません。 こびりついた汚れを落とそうと思えば、一緒にコーティングも落ちてしまいますので、掃除はさぼらず落とせる汚れはすぐに落としておきましょう。

日々のケアでコーティングを長持ちさせよう

古い車を綺麗な状態で長持ちさせるには、定期的にコーティングをおこなうことが大切です。しかし、コーティングをしたからといって、メンテナンスが不要なわけではありません。コーティングもしながら日々のケアもおこない、しっかり手をかけて愛車を清潔に保ちましょう。

ただし、車が古くなりすぎている場合は、今度どんどん修理やパーツ交換が必要になる機会が増えてきますので、そういった状況ではランニングコストの悪化が予想されます。なので、まだまだ走れる状態でも長期的な視点で維持費が増大すると感じた場合は、一度買取に出した際の査定額を見た上で買い替えを検討するべきでしょう。

車の買い替えを検討の場合

今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。

近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路持ちのカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。なお、カーネクストは中古車だけではなく、故障車や廃車の買取も可能ですのでかなり万能な業者となっています。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-故障・修理
-

© 2022 中古車買取カーネクスト