中古車売却 中古車買取 コラム

手続き

改造車に関する基本知識|定義やルールなどを細かく知って楽しもう

更新日:

市販されている車ももちろん素晴らしいですが、さらに車の奥深さを知ろうと思えば、改造車なくして語ることはできません。改造車と聞くと、違法性があるなどのイメージを持つ人も多いでしょうが、実はそうではなく、法的な範囲内での改造は十分に可能です。 ただ、制限はありますので、既定の範囲内で改造をしなければならないことは事実ですが、ルールさえ理解していれば問題はなく、非常に楽しいものです。改造車に憧れる人はたくさんいますが、実際にどんな車が改造車なのか、また購入や買取、実際の改造など、分からないことも多いでしょう。 初心者でも改造車にチャレンジすることは可能ですので、まずは基本的な知識を身に付けておくことが大切です。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

改造車の定義

改造車を知るためには、そもそもの定義から理解しておくことが大切です。ひとくちに改造車といってもさまざまな種類がありますし、人によって捉え方は違います。これが改造車=悪いものと考えられている理由でもあり、イメージだけが先行してマイナスの印象を持ってしまう人も多いようです。改造車とはどんなものなのかを正しく理解して、間違ったイメージを持たないようにしましょう。

どこからが改造車か

まず何をどうすれば改造車と呼ぶのかですが、定義としては市販の状態に手を加えた、明確な意思で改造された車のことを指します。市販の車を購入し、一部でも手を加えれば、その時点で改造車と分類されます。改造車は派手なものとイメージする人が多いですが、実際には改造されているのかよく分からないというものも多いのです。 見た目の派手さ、大幅に改造されているものだけを指すのではなく、一部でも意図的な改造箇所があれば、定義上は改造車になると理解しておきましょう。

改造車と違法改造車

改造車に違法性が高いとイメージしてしまう人が多いのは、実際に改造をすることで法律に違反してしまう場合があるからです。改造の程度は人によって違いますし、改造して良い範囲にも明確な決まりがあります。車は保安基準の範囲内でしか改造することはできず、その範囲を超えてしまうと違法改造車となります。 保安基準は車の安全性を確保するための基準であり、その範囲内であれば、いくら改造していても違法改造車とはなりません。

車の改造には2種類ある

車の改造箇所はさまざまですし、個人によってどこをどのようにいじるのかは違います。そのため改造車といっても、人によって手の加え方は異なりますが改造車の定義は大きく2種類に分けられます。どんな改造があり、それぞれにどんな違いがあるのかを知って、車の改造への理解をさらに深めていきましょう。

車の走行性能に関係する改造

改造の種類のひとつとして、車の走行性能に関係する改造が挙げられ、これは車高やマフラー、ホイールなどを変えることを指します。改造によって車の走行性能を上げますので、純粋に走りを楽しみたい人向けだといえます。市販の車でも性能は高いですが、さらにポテンシャルを最大限にまで引き出すのが、これらの改造です。

車の走行性能を犠牲にしない改造

もうひとつの改造は、車の走行性能を犠牲にしない改造です。これは見た目をかっこ良くすることが目的であり、走行性能に影響を与えない範囲で改造をおこないます。基本的にはビジュアル重視であり、ペイントや装飾品の取り付け、走行性能に影響しない部分の部品交換などが挙げられます。 市販の車そのままの走行性能で改造ができますので、目立ちたい人、世界にひとつだけの車に乗りたいという人におすすめでしょう。

初心者でもできる車の改造

車の改造は初心者には難しいと思われていますし、実際に興味があってもハードルの高さを感じて諦めてしまう人も多いでしょう。確かに改造を施すにはさまざまな知識が必要ですし、自分でおこなうとなれば、ある程度の技術も必要です。 しかし、改造といっても難しいものばかりではありません。初心者でも簡単にできる改造もありますので、まずはそれらにチャレンジしてみると良いでしょう。

マフラーの交換

マフラーの交換は初歩的な車の改造としてよくおこなわれるもので、初心者でも手が出しやすいです。マフラーを交換すれば排気音が変わりますし、それによって燃費や走行性能などにも変化が現れます。大きな音で目立ちたいという人もいれば、単純に走行性能を高めたいなど、人によって改造の方向性も違います。マフラーを変えるだけでも、市販の車とは大きな違いが表れますので、改造の初歩としてはおすすめです。

車高調を入れる

車高調を入れるのも、初心者におすすめの改造のひとつです。車高調とは車高調整式サスペンションのことであり、車高調を交換することで、愛車の車高を上げたり下げたりできます。いわゆるシャコタンなども可能になりますし、車高を変えるだけでビジュアル面、走行性能は大幅に変化します。

ホイールをカスタマイズする

ホイールのカスタマイズもおすすめであり、鉄ホイールをアルミホイールに交換するだけでも、見た目がかっこ良くなります。またビジュアル面の変化だけではなく、走行性能も上がりますし、初心者でも簡単に車のポテンシャルを引き出すことができおすすめの改造です。

電球をLEDにする

走行性能に影響を与えたくないのであれば、電球をLEDにするのもおすすめです。車にはさまざまな部分に電球が使われていますし、それをLEDに変えることも立派な改造です。LEDにすることで、ライトの光度は上がりますし、目立つことができます。気軽にビジュアル面での変化を楽しみたいという人は、電球の交換がおすすめです。

偏平タイヤにする

タイヤ交換でも実は改造が可能であり、横からタイヤを見てゴム部分が薄い偏平タイヤに変えるのも、初心者におすすめの改造のひとつです。偏平タイヤにすることでタイヤの接地面が増えますので、より高いグリップ力が生まれハンドリング性能が高まります。 しかし、ハンドリング性能が上がることで、逆に運転しづらいと感じる人もいますし、初心者の場合は改造だけではなく運転にも注意しましょう。

車の改造における禁止事項

車の改造は楽しいですし、世界にひとつだけの車を作っている、乗っているという優越感は何物にも代えがたいでしょう。一度改造をしてはまるという人は多いですが、改造を施す際には、禁止事項も理解しておかなければなりません。 改造は保安基準の範囲内でおこなわなければならず、それを超えると違法改造となり、処罰の対象となります。違法改造をしないためにも、何が禁止されているのかはきちんと把握しておきましょう。

サイズと重量が規定範囲外になっている

車のサイズと重量の範囲は保安基準で決められており、すべての改造はその範囲内でおこなわなければなりません。車種ごとに違いはありますが、基本的には長さ±3cm、幅±2cm、高さ±4cm以内で、軽自動車の場合は重量±50kg、普通自動車は±100kg以内にする必要があります。この基準が守れていないと、もれなく違法改造車となるので注意しましょう。

ライトの灯火色を変える

電球をLEDに変えるのはOKですが、ライトの灯火色を変更するのはNGです。ライトの灯火色の変更は重大な事故につながるため、禁じられていますし、実際に事故の危険性を高めてしまいますので、絶対にやめましょう。

タイヤやホイールがはみ出している

タイヤやホイールの交換自体は許されていますが、これらが車体からはみ出していると違法改造となるので注意しましょう。はみ出していなければ基本的には自由度の高い改造ができますので、サイズ感などを確認しながら、改造することが大切です。

窓ガラスに着色フィルムを貼る

窓ガラスに着色フィルムを貼っている人は多いですが、運転席や助手席の窓ガラスへの貼り付けは禁止されています。これは安全性を守るためであり、後部座席の窓ガラスであれば問題はありません。同じフィルムの貼り付けでも、禁止されている場所とそうでない場所がありますので、それぞれ混同しないよう注意しましょう。

マフラーや触媒装置を外す

マフラーの交換はOKですが、マフラーを切断したり取り外したりすることは違法です。また、触媒装置の取り外しも禁止されており、外すと有毒な成分を含んだ排気ガスがそのまま排出されてしまいます。保安基準では車の安全性だけではなく、環境への配慮も考えられていますし、何より大気汚染の原因となるので、絶対に外さないようにしましょう。

危険なパーツを取り付ける

ビジュアル面を重視したパーツの取り付け、改造なども多くおこなわれていますが、これは歩行者や他の車への安全性も考えなければなりません。歩行者などに危害を与える可能性のある、鋭利なパーツは取り付けが禁止されています。事故の原因にもなりかねませんので、危険性の高いパーツは取り付けないようにしましょう。

ミュージックホーンやクラクションの装着

音楽を奏でるミュージックホーンや、通常の音とは違ったクラクションの装着も禁止されています。ミュージックホーンは騒音公害に発展する可能性から禁止されていますし、クラクションは音を変えることで、本来の役割を果たさなくなる可能性があります。どちらも周囲に迷惑がかかりますし、クラクションは事故の原因にもなりかねませんので注意しましょう。

改造車の保険はどうなる

車の改造を楽しみたいと思う反面、実際に運転するのであれば保険にもきちんと入っておきたいと考える人は多いでしょう。改造の箇所や程度にもよりますが、走行性能に影響を及ぼす場合もありますし、改造車は保険に入れないのではないかと考える人は多いです。 まず知っておきたいのは、改造車であっても自賠責保険には加入できることです。自賠責は強制加入ですし、どんな車であっても加入義務に変更はありません。問題は民間の任意保険ですが、これは改造車でも加入できるのでしょうか。

基本的に違法改造でなければ保険には入れる

改造の定義は保険会社によって異なりますが、違法改造でなければ加入できる場合がほとんどです。たとえ走行性能に影響を及ぼしたとしても、それが保安基準の範囲内であれば問題はありませんし、保険にも影響しません。 車の改造にあたっては、保安基準を守ることが非常に大切ですので、法的な観点や保険の問題なども含めて考え、保安基準の範囲内で改造を楽しみましょう。

保険会社によって対応は異なる

改造車でも保安基準内であれば任意保険への加入は可能です。しかし、保険会社によって対応は異なり、通販型か代理店型かによっても、対応は違います。保険会社ごとに詳細な保険の内容、対応などは違いますが、基本的には通販型への加入は難しいと考えましょう。 通販型の場合は少しいじっただけでも改造車とみなされたり、場合によっては加入を拒否されたり、あるいは制限付きのプランでしか加入できないこともあります。代理店型の場合は、保安基準さえ守っていればOKとしている会社が多いため、不安があるなら代理店型の保険会社を選びましょう。

改造車の買取について

改造車といってもいつまでも乗れるわけではなく、どれだけメンテナンスをしても通常の車と同じように消耗はします。長年乗った車を手放すのは惜しいですが、乗れなくなれば手放し、次の車に乗り換えなければなりません。ここで問題になるのが、改造車でも買い取ってもらえるのかということです。改造車の買取の実態を知り、買い替えをスムーズにおこないましょう。

改造車でも買取はしてもらえる

結論からいえば、改造車であっても売却は可能です。車の状態に関係なく買い取りたいと考える業者は多いですし、改造車だろうが市販の車だろうが、売ることはできます。ただ改造していることによる査定アップはほとんどないため、戻せる部分は純正品に戻した方が良いでしょう。 社外品のパーツは業者によっては評価されますが、基本は純正品がもっとも評価が高いです。少しでも高く買い取ってもらいたいなら、純正品に戻す、あるいは純正品のパーツも一緒に査定に出しましょう。

違法改造車はマイナス査定になる可能性が高い

違法改造車でも買取に出すことは可能ですが、マイナス査定になる可能性が高いので注意しましょう。これは違法改造のままでは、業者もそのまま転売ができませんし、保安基準に戻すという手間がかかるからです。そもそも違法改造の車に乗るのは法律違反ですし、買取の問題を考えても、改造は保安基準内でおこなうようにしましょう。

高値で売るならパーツ単位で査定額が上がる業者へ

上記の通り改造車は買取市場では不利になる事が多いのですが、唯一パーツ単位で価値をつけてくれる買取業者でのみ逆に高値になる可能性があります。もちろん車種や年式によって、査定額も大きく左右されますので一旦査定に出してみない事には明言する事は出来ませんが、それでも一般的な買取店よりかは高値で売れる可能性は高いでしょう。

このパーツ単位で価値がつけられる業者としては、カーネクストが該当しますので、買取に出す予定がある場合は査定に出して見るべきでしょう。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

中古の改造車を購入する際のポイント

改造車は市販の車を購入して、一から自分で組み立てることもできますが、すでに改造されているものを中古で購入する方法もあります。車の知識があり、改造も自分でできるなら、一からの組み立てでも良いですが、初心者、もしくは手軽に改造車を楽しみたいなら、中古車の購入がおすすめです。中古の改造車を買う際にも、さまざまなポイントがありますので、それらを把握しておきましょう。

純正状態に戻せるものを選ぶ

中古で改造車を購入する際には、次に売却するときのことまで頭に入れておくことが大切です。車の買取で高値がつきやすいのは純正の部品ですので、改造車でも純正のノーマル状態に戻せる改造車を選んだ方が良いでしょう。 元に戻せる状態の車を選べば、改造車を楽しみながら、売却時には高値の買取が期待できますし、改造に飽きれば元に戻して、市販の状態で運転することができます。

専門店で購入する

中古の改造車はさまざまなところで売られていますが、おすすめなのは専門店での購入です。専門店以外で購入してしまうと、トラブルなどに対処してもらえないことがありますし、リスクが高いです。専門店であれば信用度も高く、購入後の改造やメンテナンスについても対応してくれる可能性があります。改造車を楽しむためには、馴染みの店を作るのも大切ですので、信用のおける店を探しておきましょう。

メンテナンスがしやすい状態かチェックする

改造車に長く乗るためには、日々のメンテナンスが必要であり、改造の状態によっては市販車よりも念入りに整備をしなければなりません。中古車購入時には、エンジンオイル、冷却水、ウォッシャー液など、日常的におこなうメンテナンスが簡単にできるかを確認しておきましょう。

コピー商品を使用する販売店を避ける

改造車やパーツを販売している店の中には、コピーパーツ(模造品)を使用している販売店もあります。コピーパーツはすぐに壊れたり、車との相性が悪かったりとさまざまなリスクがありますので、これらを使用、販売している店は避けましょう。

改造車への正しい知識を持って車のカスタムを楽しもう

車のカスタムは楽しいものですし、一度やってみれば改造車の魅力にはまってしまう人は多いです。改造ができる範囲は法律で決められていますし、保安基準の範囲内で楽しむことが大切です。基準を超えてしまうと違法改造となりますし、さまざまな問題が生じます。 改造車は個人の趣味の世界ですが、周囲に迷惑をかけないよう注意しなければなりません。改造車への正しい知識を持ち、決められたルールの範囲内でカスタムを楽しみましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-手続き
-

© 2022 中古車買取カーネクスト