中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

故障車を廃車にする方法|全体の手順や業者の選び方など

更新日:

故障車を処分する際には、廃車手続きも同時におこないますが、その方法が分からず困っている人は多いでしょう。故障車の廃車は通常の場合の廃車とは違っている点もあるため、ポイントを理解することが大切です。故障車ならではのポイントを理解して、スムーズに廃車をおこないましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

故障車を廃車にするときの手順

故障車を処分するためには、廃車の手順を理解することが大切です。廃車手続きにはさまざまなステップがあり、それぞれの手順をきちんとおこなわなければ、手続きを完了させることはできません。スムーズに廃車をおこなうためにも、全体の流れを把握しておきましょう。

故障車の処分方法を決める

故障車を廃車にする際には、まずは処分方法を決めましょう。廃車にするといっても、買取や下取りに出すのか、スクラップ処分するのかなど方法はたくさんあります。基本的には故障の程度が軽い場合は下取りや買取、重度の場合はスクラップによる処分がおすすめです。 故障車でも買取は可能ですが、故障の程度がひどいと査定額は減額され、場合によっては値がつかず処分に費用がかかることもあります。スクラップ業者であれば、金額は安いものの、買い取ってもらえば処分に費用はかかりません。また故障車や廃車専門の買取業者もありますので、それらも検討しながら、処分方法を決めましょう。

故障車を業者に引き渡す

処分方法を決め、業者が決まれば故障車を引き渡します。このとき自走可能であれば、自分で運転して業者に持ち込みましょう。自走できない場合はレッカーを依頼して移動させてもらいますが、運搬費が1万円程度かかります。 持ち込めば運搬費はかかりませんので、余計な費用をかけたくないなら自分で持ち込むことが大切です。また業者によっては、レッカーを無料サービスとしていることもありますので、お得な特典がついた業者を探すのもポイントです。

廃車に必要な書類を用意する

廃車の際にはさまざまな書類が必要ですので、それらを集めて業者に提出しましょう。必要な書類は、廃車の方法によって異なるので注意が必要です。廃車方法はスクラップを前提とした永久抹消登録と、名義だけを一時的に消去する一時抹消登録があります。どちらの方法で廃車登録をおこなうのかを確認し、それぞれに対応する必要書類を揃えましょう。

運輸支局に書類を提出する

必要書類を揃えれば運輸支局に書類を提出し、不備がなければ廃車手続きは完了です。一時抹消登録の場合のみ、登録料に350円が必要です。また軽自動車を廃車にする場合は、手続きは運輸支局ではなく軽自動車検査協会でおこないますので、間違えないように注意しましょう。 運輸支局などで書類の提出が必要なのは、自分で廃車手続きをおこなう場合のみです。業者に廃車を代行してもらう場合は、業者に書類を提出すれば、後は手続きが完了となるのを待つだけです。

故障車を廃車にするときの注意

故障車を廃車にする際にはさまざまな注意点があり、これが守れていないと損をする可能性もあるので注意しましょう。廃車処分で損をするのはもったいないですし、手続きをスムーズに済ませるためにも、注意点を正しく理解しておくことが大切です。細かいポイントを押さえて、廃車の知識をさらに深め、故障車の廃車手続きも不備なく完了させましょう。

税金の還付申請を忘れない

故障車であっても、廃車手続きをすれば条件に応じて自動車税や重量税の還付が受けられます。自動車税は廃車手続きをすれば自動的に還付されますが、重量税の場合は手続き時に還付申請をしなければならないので注意しましょう。 手続き時に申請漏れがあっても、後から再申請することはできません。また業者に依頼する場合は、還付金の有無を確認し、自分に返還されることを確認しておく必要があります。業者によっては買取金額の中に還付金を含めて計算し、高値で引き取っているように見せかけていることもありますので、買取金額と還付金は別で計算してもらいましょう。

故障車の部品の取り外しには料金が発生する

廃車に伴い部品の取り外しをおこなう場合は、業者に依頼すれば作業工賃が発生する場合があります。業者ごとに対応は違い、一部取り外し無料としている場合や部品の取り外しはすべて有料という業者もあるので注意しましょう。 故障車であってもオプションは壊れていないことも多く、次に購入する車で使いたいなら、取り外しておくことが大切です。自分で取り外すのが難しい場合は、業者に依頼して事前に申し出ておきましょう。作業工賃やオプションの代金を差し引いた金額が、最終の買取価格になるため査定前に申し出ておくことが大切です。

認可のおりている業者に依頼する

業者に解体処分を依頼する場合は、国からの認可がおりているかを確認しておきましょう。車の解体、リサイクルは認可業者しかおこなうことはできず、無認可での営業は違法です。無認可の業者だと、買取に際してトラブルが起きる可能性があるため、利用しないのが賢明です。 トラブルに巻き込まれ、多額の解体費用を請求される可能性もありますので、認可のおりている信用できる業者のみ利用しましょう。

早めに手続きをおこなう

故障車は処分すると決めれば、早めに廃車手続きをおこなうことが大切です。故障車であっても、名義が残っていれば毎年自動車税がかかりますし、手続きが遅くなるほどに還付金の額も減ってしまいます。使用しなくても車には維持費がかかりますし、保管のための場所も取り、邪魔になります。そのため、素早く廃車手続きをおこない、処分することが大切です。 特に軽自動車の場合は、廃車にしても自動車税が還付されませんので、1年分丸々損をしないためにも、年度をまたぎそうなら素早く廃車してしまいましょう。

まずは故障車を査定に出してみよう

故障車であっても価値は残っていますし、廃車買取が可能な場合も多いです。単に廃車にするだけでは費用がかかりますが、廃車買取なら費用を相殺しかつ利益が出ることもあります。業者に依頼すれば廃車手続きもスムーズですし、まずは査定に出してお得に処分してもらえる業者を探しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2022 中古車買取カーネクスト