中古車売却 中古車買取 コラム

手続き

自動車に「クーリングオフ制度」はあるのか|購入は慎重に検討しよう

更新日:

通販などで商品を購入した際にはクーリングオフ制度を使えますが、これが自動車でも使えるのかと考える人は多いです。クーリングオフを使えば気に入らない商品は返品できますので、納得のいく買い物ができます。自動車も購入後にキャンセルしたいと思うことはありますし、クーリングオフが使えるのか知っておきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

自動車とクーリングオフの関係

自動車でクーリングオフが使えるかを判断するためには、まずはそれぞれの関係を理解しておきましょう。そもそもクーリングオフとはどのような制度なのか、その制度に自動車は対象となっているのかを確認する必要があります。 クーリングオフは購入後、一定期間を経過していなければ返品が可能ですが、全ての商品に適応されるわけではありません。クーリングオフ対象外の商品もありますし、自動車がその対象になっていないのかがポイントです。何がクーリングオフの対象になるのか、自動車との関係性を理解しておきましょう。

自動車はクーリングオフできない

最初に知っておきたいのが、自動車はクーリングオフできないということです。新車や中古車、その他購入した車の状態に限らず、自動車に関する契約はクーリングオフの対象にはなりません。 クーリングオフの対象については法律で定められており、自動車はその対象外と設定されていますので、いかなる場合でもクーリングオフはできないので注意が必要です。購入すれば返品はできませんので、購入時には本当に買っても後悔しないかをよく考える必要があります。

交渉の意思がはっきりしていると判断される

クーリングオフの対象となるかどうかは、「交渉の意思」が大きく関係します。通常クーリングオフは交渉の意思がはっきりしないまま購入した商品に適用されるため、長期的な交渉を必要とする自動車の場合、十分に吟味したと判断されます。 これは、即決で購入を決めた場合でも同じです。仮に店舗を訪れて購入を即決した場合でも、実際の売買契約を結ぶためにはさまざまな手続き、契約が必要です。その間に交渉は可能ですし、交渉の余地があり、十分な交渉の結果に購入したと判断されるためクーリングオフはできません。

自動車保険とクーリングオフ制度の関係

自動車を購入する際には、自動車保険に加入することが多いです。自動車と自動車保険はセットで考えられていますが、実際にはそれぞれが独立した商品です。そのため、自動車保険もクーリングオフの対象になるかを知っておきましょう。 自動車保険も加入後にキャンセルしたいと思うことはありますし、クーリングオフが可能なのか、商品の性質などから考えていきましょう。

1年以内の自動車保険は適用されない

クーリングオフ制度は1年を超える契約にしか適応されないため、1年契約が基本の自動車保険には適用されません。短期契約で保険に加入した場合は、契約後すぐであってもクーリングオフはできないので注意が必要です。 自動車保険にはさまざまな種類がありますし、提供している会社も数多くあります。契約後に後悔しないためにも、じっくりと吟味してから契約しましょう。

独自の制度がある保険会社もある

自動車保険は基本的にクーリングオフをできませんが、会社独自のクーリングオフ制度を用意している保険会社もあります。法的に解約は無理でも、保険会社の制度を使えばクーリングオフと同様の効果が得られることもあります。 解約したい場合は契約書の内容をよく確認し、クーリングオフ制度が採用されていないかをチェックしましょう。制度がない場合は、残念ですがクーリングオフはできません。

保険期間が1年以上の契約であれば可能

クーリングオフの適用要件は1年以上の契約ですので、自動車保険でも保険期間が1年以上であればクーリングオフは可能です。法人契約の場合を除き、証券を受け取りってから8日以内であればクーリングオフが可能です。素早く手続きを進めましょう。 1年以上の契約であっても、証券の受け取りから8日を過ぎてしまうとクーリングオフはできません。契約をキャンセルしたいなら、素早く行動しましょう。

自動車にクーリングオフ制度が使えないときの対処法

自動車はクーリングオフの対象外ですので、購入する際にはじっくりと検討し、後悔がないように決めなければなりません。しかしどれだけ吟味しても、購入してから後悔したり、なんらかの事情で自動車が不要になったりすることもあるでしょう。クーリングオフはできませんが、それに代わる対処法はありますので、それらを知っておきましょう。

キャンセル料を支払う

どうしても返品したい場合は、購入した業者に定められたキャンセル料を納める必要があります。契約時に決められていることですので、仕方ありません。不要な自動車を維持し続けるよりも、キャンセル料を支払った方が得になることも多いので、保持する際の費用と比べてどちらが得かを考えておきましょう。

キャンセル料が高額な場合は無効にできる

キャンセル料を支払えば契約の解除は可能ですが、業者によっては高額なキャンセル料を要求してくることもあります。契約の解除によるキャンセル料があまりにも高額だった場合は、平均的な金額を超えた部分は消費者契約法9条により無効となります。要求されるままの金額を支払う必要はありません。

返品交換が可能な場合もある

自動車を返品する場合は、基本的にはキャンセル料を支払う必要があります。しかし、購入した車に不具合や初期不良があった場合は、ディーラーが無料で返品交換してくれる場合もあります。 これは、ディーラーによって対応が違いますし、そもそも不具合がなければ返品はできませんので、基本的にはキャンセル料の支払いが必要だと考えましょう。

契約が成立していなければキャンセル料を支払う必要はない

自動車契約のキャンセルにはキャンセル料の支払いが必要ですが、これは契約が締結されている場合のみです。正式な契約が成立していない場合は、要求されてもキャンセル料を支払う必要はありません。購入契約を最後まで進めるとキャンセル料が必要になるので、契約締結は慎重に行いましょう。

自動車の購入は慎重に検討しよう

自動車はクーリングオフの対象外ですし、返品しようと思えばキャンセル料が必要です。自動車保険についても基本的にクーリングオフはできません。自動車は返品が難しい商品ですし、何より大きな買い物ですので、失敗しないように購入は慎重に検討しましょう。

車の買い替えを検討の場合

今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。

近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路持ちのカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。なお、カーネクストは中古車だけではなく、故障車や廃車の買取も可能ですのでかなり万能な業者となっています。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-手続き
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト