中古車売却 中古車買取 コラム

買取・売却

【軽自動車を売るときのポイント】買取の手順を正しく理解しよう

更新日:

軽自動車を売るとき、できるだけ高値で売りたいと思うのが普通です。せっかく売るなら1円でも高い方がいいですし、高値で売れれば次の車の購入資金にも充てられます。軽自動車は需要が高く、多少傷がついていても買い取りをしてくれる業者は多くあります。 しかし、知識が浅いまま安易に売ると損をしてしまうこともあるため、軽自動車を高く売るために考えておきたいことをいくつかご紹介します。買取に必要な手続きをスムーズに済ませ、少しでも高い買取額を目指しましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

軽自動車を売るときに必要な書類

軽自動車を高値で売るためには、まずは買取の手続きを済ませる必要があります。買取をしてもらうためには、必要な書類がありますのでそれらをそろえていきましょう。必要書類を集め、そこから高値で買い取ってもらう方法を考えていきます。

軽自動車と登録車で違う

まず知っておきたいのが、自動車を売るときに必要な書類は軽自動車と登録車(普通車)で違うということです。軽自動車を売る場合は委任状や譲渡証明書は必要ありません。そのため登録車よりも必要な書類は少ないのです。

査定に必要な車検証

車検証は車を売る際には必須であり、これがなければ査定を受けることができません。軽自動車に限らず、車を売る場合はまずは査定をしてもらい、査定額に満足できて初めて買取を依頼します。車検証は必須なので忘れずにそろえましょう。

再発行が簡単なリサイクル券

軽自動車を売るためにはリサイクル券も必要です。リサイクル券はリサイクル料が納められていることを証明した書類であり、これは紛失しても簡単に再発行ができる。厳密にはリサイクル券そのものが再発行できるわけではありませんが、リサイクル券に変わる預託証明は簡単にできます。

納税証明書の再発行は買取店に頼んでもいい

車を売る場合には納税証明書も必要であり、軽自動車の場合は軽自動車税納税証明書と呼ばれています。これも紛失した場合は再発行の必要がありますが、自身で再発行しなくても、買取店に依頼をすることが可能です。再発行の手続きを面倒に感じるなら、買取店にお願いしましょう。

売るときに必要な自賠責保険証明書

自賠責保険証明書は、自動車を売るときに絶対に必要です。これは車検証と一緒に保管されていることが多いので、まずは車検証の入ったファイルを確認しましょう。紛失した場合は保険会社の窓口で再発行をしなければなりません。

コピーでも大丈夫な住民票や印鑑証明書

軽自動車を売るためには、住民票や印鑑証明が必要ですが、これらはコピーでも構いません。他の用事で住民票などを発行した場合は、軽自動車を売るときにも使えるように一部コピーを取っておきましょう。

売るときの注意点

買取に必要な書類がそろったら、いよいよ売るための具体的な手続きを進めます。この際に注意しておくべきことはたくさんあります。注意点が守れていないと、高値で買い取ってもらえない可能性もあるので注意が必要です。売るときには何に注意すればいいのか、どうすれば少しでも高く買い取ってもらえるのかを考えて、上手に手続きを進めましょう。

自動車税に注意

車には自動車税がかかり、これは軽自動車でも同じです。自動車税は毎年4月1日にかかり、4月1日時点で名義を持っている人に支払い義務が発生します。そのため4月1日近辺に軽自動車を売却する場合は、どちらが自動車税を負担するのか決めておかなければなりません。 自身で負担するのか、それとも譲渡先の所有者が負担するかによって買取額も違ってきます。

車の状態が事故と判断された場合

買取では車の状態を細かくチェックして買取金額を設定しますが、その際に事故と判断された場合は大幅減額のケースもあるので注意が必要です。多少の傷やへこみであれば減額の対象にはなるものの、大幅な減額にはなりません。 自動車のフレーム部分が大きく損傷している場合は事故と判断される可能性が高いので、状態を確認してから買取に出しましょう。

買取価格がつかないトランク内やフロア下のサビや腐食

軽自動車は売りに出したからといえって、必ずしも買い取ってもらえるわけではありません。トランク内やフロア下のサビや腐食が激しければ、修理費が高くつくため買取価格が付かない可能性もあります。買取に出してもマイナスになる場合もありますので、その場合は廃車にするなど別の処理を考えた方がいいでしょう。

買取方法を選ぶ

軽自動車を売る方法は実は一つではなく、いろいろな方法があります。同じ車を売る場合でも、買取方法によって買取価格は違いますので注意が必要です。よく考えずにすぐに買取を依頼すると、損をしてしまう可能性もあります。少しでも高く買い取ってもらうためには、買取方法の吟味が大切です。 買取方法はどのようなものがあるのか、またどの方法がもっとも高値で買い取ってもらえるのかを考えていきましょう。

下取や買取でも引き取ってもらえない場合は

下取でも買取でも引き取ってもらえない場合は、廃車をしなければなりません。1円の値段もつかない場合は廃車でも仕方ありませんが、廃車には費用がかかります。通常の手続きで廃車にすれば費用がかかり損をするので、無料で廃車手続きを行ってくれる買取業者はないか探してみましょう。 業者によっては値段のつかない車でも、無料で引き取ってくれます。廃車でも金属資源としての価値はあります。

査定は最低3社以上にしてもらう

買取に出す際には査定をしてもらいますが、最低でも3社以上の店で査定してもらいましょう。複数業者に査定してもらうことで相場よりもはるかに高い金額で売れることもあるかもしれません。それぞれの業者の買取価格も比較できますし、もっとも高い金額を選んで買取依頼ができます。 また業者間で競争が発生すれば、最初の査定額よりも高い金額を提示される可能性もあります。査定は可能な限り多くの業者で行い、値段のつり上げを図りましょう。

軽自動車を売るときは高く買い取ってもらおう

軽自動車を売るときには、少しでも高く買い取ってもらうことが大切です。買取方法によって値段は違いますし、買取の進め方によってはよりお得に買い取ってもらえます。高値で売れれば新車の購入資金にもなりますし、少しでも高い金額を目指すことが大切です。 税金が安く、小回りの利く軽自動車は女性や初心者の方でも乗りやすい分、需要も大きいといえます。そういった面からみても、軽自動車は比較的売りやすいので、手順を守って上手に買い取ってもらいましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-買取・売却
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト