中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

押さえておきたい不動車が欲しい時のポイントまとめ

更新日:

車やバイクを欲しい場合は、新車や中古車の購入以外に、不動車を手に入れる方法も挙げられます。不動車であればよりお得に入手しやすいので、どんな方法で手に入れられるのかを知っておきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

バイクと車の不動車が欲しい

不動車であっても、メンテナンスをすれば復活する場合もありますし、観賞用として保有したいと考える人もいるでしょう。不動車であってもさまざまな価値がありますので、欲しいと考える人は実は多いです。しかし、当然不動車は中古車販売店などでは売られていませんし、別のルートで入手しなければなりません。不動車を入手する方法はさまざまありますので、どんなやり方があるのか知っておきましょう。

不動車はどこに販売されるのか

不動車はオークションやフリーマーケットサービス、解体業者など、さまざまな場所で販売されています。しかし、販売されているといっても、必ずしも自分が欲しいものが見つかるとは限りませんし、見つかっても購入できないこともあります。購入先によって特徴は異なりますので、それぞれの違いを知っておくことが大切です。

オークションで買う

オークションは利用者が多いため、不動車が出品されている可能性も高いです。しかし、利用者が多い分、状態のよい車や人気のモデルなどはすぐに落札されますので注意しなければなりません。また、オークションの場合、車の状態を正確に把握するのが難しく、同じ不動車でも故障の程度が激しく、修理しても直らないケースもあります。 どんな用途で不動車を購入するかにもよりますが、修理して使うことを考えている場合は、状態をしっかり見極めてから購入しなければなりません。

フリーマーケットサービスで買う

フリーマーケットサービスは、車を処分したい人が出品していることが多いため、価格としては安上がりになることが多いです。場合によっては、ただ同然の値段で購入できることもあるでしょう。ただし、フリーマーケットサービスは車だけを出品しているわけではありませんので、不動車が出品される可能性は低いです。安く購入しやすい分、欲しい車やバイクに巡りあえる可能性が低いことは理解しておきましょう。

解体業者や放置不動車があるお宅に直接交渉

スクラップ前の不動車であれば、交渉すれば解体業者から買い取れる可能性もあります。スクラップ前とは言え、解体業者の持ち物であることは確かですので、多少なりとも費用がかかることは理解しておきましょう。解体業者にはたくさんの車が集まるため、探せば状態のよい車が見つかることもあります。 また、業者ではなく放置不動車を持つ個人に直接交渉する方法もあります。個人との交渉はハードルが高いですが、うまくいけばかなりお得に譲ってもらえる可能性も高いです。

不動車を復活させるときの注意点

不動車であっても、メンテナンスをすれば復活させることは可能ですが、実際に修理する際にはいくつか注意点があります。不動車といっても状態はさまざまであり、場合によっては業者でも修理できないこともありますので、購入前に状態はある程度確認しておかなければなりません。 修理が可能なことを把握した上で購入しますが、修理に費用がかかりすぎる場合は、損をするので、比較的簡単な修理で復活するものを選びましょう。

不動車を業者にレストアしてもらう

不動車は業者に修理してもらい、復活させるのがベターですが、修理箇所によって費用がかかりすぎることもあるので注意が必要です。また、修理箇所だけではなく、どの業者に依頼するかによっても、かかる費用は異なります。 整備工場などは、業者ごとの値段設定が大きく異なりますので、安価で修理してくれる業者を選び、費用を抑える工夫をしましょう。

自分で直す

故障の程度が軽度であれば、自分で直すことも可能ですが、走行性能に関わるような重要な部分については、業者に任せるようにしましょう。重要な部分の修理まで自分でやってしまうと、安全性が保証されないため事故に繋がる可能性がありますし、場合によっては状態を悪化させ、完全に故障することもあります。 自分で直す場合は、簡単な部分のみに留め、無理だと感じれば余計なことはせずに、業者に任せることが大切です。

修理した車やバイクを販売する際の注意点

建築の手続き

不動車でも修理すれば直る場合もあり、走行可能であれば売りに出しても高値で売れることもあるでしょう。しかし、もともとが不動車なだけに、中古車販売店などに売却しても、ほとんど値をつけてもらえないことも多いです。 そのため、修理して売るならオークションなどを利用して、個人間の売買となることが多いですが、販売する場合にもさまざまな注意点があります。

書類のトラブル

車やバイクなどは、現物を引き渡し、お金のやり取りが終わればそれでよいわけではなく、名義変更など、書類上の手続きもしておかなければなりません。名義変更がされていなければ、税金の負担や使用における責任がすべて名義者に降りかかってしまいます。売買契約を結べば、素早く名義変更をおこない、確認が取れてから引き渡すようにしましょう。

金銭のトラブル

個人間の取引に限らず、後払いで支払いをすると金銭トラブルに発展することが多いので注意しなければなりません。お金は必ず先払いにしてもらい、入金を確認してから現物を引き渡すようにしたほうが良いでしょうが、その場合は持ち逃げの可能性を疑われ、取引自体が成立しない可能性もあります。金銭が介在すると、重大なトラブルに発展することも多いため、取引は両者間で明確なルールを取り決めた上で慎重におこなわなければなりません。

不動車が欲しいなら不要な人から買うのがおすすめ

不動車が欲しい場合は、不要な人から購入すれば格安で手に入れられます。方法次第ではほとんど無料で手に入ることもありますので、上手に探してお得に手に入れましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト