中古車売却 中古車買取 コラム

購入

中古車の外車を購入する。安くなる理由や購入時の注意点

更新日:

外車は機能性の高さやスタイリッシュなデザイン、高級感などから人気があり、憧れを持つ人も多いのではないでしょうか。しかしいざ購入するとなれば価格がネックになることは多く、外車は高級車の部類に入るものがほとんどであるため、購入代金は高額になってしまいます。 そこで注目したいのが、中古の外車です。憧れの外車も、中古車としてならお得に購入できますので、外車の中古車事情について理解を深めていきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

中古車で人気のある外車

ひとくちに外車といってもさまざまな種類があり、どんな車が好みかは個人によって違います。外車であれば何でもいいわけではなく、特定のメーカーや車種に憧れを持っている人も少なくないでしょう。せっかく外車を手に入れるのであれば、人気のある車を選びたいと考える人は多いです。 外車では人気の車はたくさんありますが、その中でも特に中古車として人気が高いものがあります。中古車として人気が高い=需要があり、流通量も多いといえますので、人気の車を知って、購入の選択肢として考えておきましょう。

国産車では不人気のセダン

セダン車は国産車では不人気なカテゴリですが、外車では高級モデルとして人気が高いです。セダンはラグジュアリーモデルであるため、中古車でも販売額は高額ですが、場合によっては新車の半額程度にまで値下げされることもあります。 値下げ率が高いため、お得に購入できますし、コスパの高さから中古車としては人気があります。値引き率が高いのは、セダン車自体の不人気が原因であり、不人気モデルでなかなか売れないため、業者も在庫をさばくために金額を低くしていると考えられるでしょう。

SUVは外車でも人気

SUV車は国産車においても人気が高いですが、これは外車でも同じです。高級感がありながら、使い勝手もよいSUVは国内外でも人気があり、特に小型のモデルは需要が高いです。外車は基本的には高額な車が多いですが、SUV車はその中では比較的手が出しやすい金額に設定されています。 もともとがお手頃な価格であり、中古車となればさらに販売金額は下がるため、多くの人から人気を集めています。

通好みのステーションワゴン

ステーションワゴンは万人受けするモデルではありませんが、車好きの間では人気が高く、通好みのモデルといえるでしょう。ステーションワゴンは欧州では特に人気が高く、乗用車と変わらない乗り心地や操縦性、積載能力の高さなどが評価されています。中古車であれば、高パフォーマンスの車を安くで買えるため、中古車市場では人気が高いです。 ステーションワゴンは国産車では選択肢が少ないため、より多くのモデルが発売されている外車を選ぶ人は多いです。

高級スポーツカー

高級スポーツカーは時代の変化に関係なく常に高い人気を誇っており、中古車市場でも絶大な人気があります。高級スポーツカーは、新車価格があまりにも高いため、中古車市場に出回るのを待ち、少しでもお得に買いたいと考える人は少なくありません。 しかし、流通する数が少ない上に、需要も非常に高いため、中古車価格でも大幅な値下げとはならないことが多いです。価格の下落がほとんどないため、売却時の査定でも高値で売れることが多く、中古の外車としては特に人気が高いです。

中古車の外車が安く買える理由

中古であれば、国産車、外車に関係なく少なからず値下げはされていますが、外車の場合、一部を除けば大幅に値下げされることも少なくありません。中古車は少なからず劣化していますので、新車よりも価格が安くなるのは当然ですが、それでも国産車と比べれば外車の値下げ幅は非常に大きいです。 中古車の中でも、外車が特に安くなるのには理由があります。なぜ外車は中古になれば安くなるのか、その理由を知っておきましょう。

故障が多いイメージ

かつて外車は故障が多く、国産車よりも多くのメンテナンスが必要でした。現在では外車でも故障の少ない良質な車はたくさんありますが、過去の故障が多いイメージから敬遠してしまう人は多いです。中古車市場は消費者の需要によって価格が大きく変動し、需要の少ない車はどんどん値段が下がります。 外車は故障が多いのではないかというマイナスイメージによって、買い手が付きづらいため消費者を呼び込む手段として、価格を下げるため国産車よりも安く購入できます。

ディーラーの数が少ない

国内での車の販売は当然国産車がメインであり、外車のディーラー数はそれほど多くありません。ディーラーの数が少ないと、外車の流通量自体も少なくなるため、知名度が出ずに不人気になったり、そもそも客数自体が国産ディーラーよりも少なかったりします。 ディーラーが利益を出すためには、とにかく車を売らなければなりませんので、価格を下げた中古車を目玉にして、集客効果を狙うことも少なくありません。またディーラーが少ないことでアフターサービスに不安を感じる人も多く、その不安を取り除くために安価で提供していることもあります。

ガソリン代が割高

外車の場合は、高出力車以外でも基本がハイオクガソリンになってしまうため、ガソリン代が割高になりやすいです。レギュラーとハイオクでは、ハイオクのほうが数十円高いため、維持費は外車のほうがかかってしまいます。 購入後の維持費まで計算すれば、コストが高いと判断して購入する人が減ってしまうため、それを解消するために車両本体価格を引き下げる業者は多いです。

車検料が高い

外車の中古車が安い理由は、維持費の高さにありますが、特に大きいのが車検料です。車検時には整備や点検などをしなければなりませんが、外車の場合は特別な技術や部品などが必要になるため、国産車よりも高くついてしまいます。 特殊な技術を要するため、整備のための作業工賃は高額で、部品も海外から取り寄せになるため輸送費が余分にかかります。維持費が高くかかってしまうからこそ、販売価格を安くして少しでも買ってもらえるよう、業者は高い割引率で値下げをおこなっています。

外車を中古車で購入する場合の注意点

新車ではなかなか手が出せない外車でも、中古車としてなら安くで販売されていることが多く、比較的手も伸ばしやすいです。しかし購入時にはさまざまな注意点があり、安いから飛びついてしまうと購入後に問題を抱えてしまうこともあります。 車は購入すればそれで終わりではなく、そのあと維持費がかかることを忘れてはいけません。外車の場合も当然維持費が必要ですし、車の維持のことも念頭に置いて購入するかを決めましょう。

自動車にかかる税金

自動車にはさまざまな税金がかかり、これは外車であっても同じです。外車だからといって特別に高額になるわけではありませんが、自動車税や重要税は排気量と車体重量によって金額が決定するので注意しなければなりません。 外車は大型車も多く、排気量や重量のある車も多いです。小型車であれば税金は安く済みますが、大型車を購入する場合は、税金が増額する可能性も頭に入れておきましょう。

保険料は国産車と変わらない

外車であっても、自賠責保険料は、国産車と変わりません。ただし任意の保険については、外車だと故障が多いイメージから高額になってしまうこともあります。 スポーツカーなど特定の車は事故のリスクが高いとして、保険料が高額になるケースもあるので注意しましょう。外車だとすべての場合で国産車と同じ水準の保険料になるわけではなく、場合によっては高くつくこともあります。

メンテナンス料がかかる

昔に比べれば外車はそれほど故障しなくなりましたが、それでも国産車以上にメンテナンス料がかかることは多いです。特にヨーロッパ車の場合、ブレーキパッドやブレーキブレード、ブッシュ類などは、消耗品として設計されています。 これは質が悪いわけではなく、そもそもの設計として決められているものなので、安価なコンパクトカーも高価な高級車も同じです。メンテナンス料といってもそれほど高額になるわけではなく、あくまでも月に数千円程度の出費であると考えておきましょう。

修理代が高い

外車は修理するとなれば、部品を海外から取り寄せなければならないため、どうしても費用が高くなってしまいます。同じパーツが故障したとしても、国産車よりも外車のほうが費用は高くなり、これは避けられないことです。 修理費が高くつく分維持費も高くなりますが、これは丁寧に使っていれば避けられる出費でもあります。仕方のない故障もありますが、できるだけ修理を少なくするためにも定期的にメンテナンスをして、丁寧に乗ることが大切です。

購入後の維持費も念頭に置いて外車を選ぼう

新車ではなかなか手が出ない外車も、中古車としてならお手軽に買える場合もあります。外車は中古車になった途端に値段が下がるものも多いため、特に狙い目ではありますが、購入後の維持費も念頭に置いておかなければなりません。 外車は国産車より維持費が高くなることが多いです。購入後の出費も考え、本当に納得してから購入を決めましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-購入
-,

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト