中古車売却 中古車買取 コラム

事故 廃車

事故車の廃車はお金がかかる?業者依頼or自分でする費用の違いとは

更新日:

事故などで車が破損してしまった場合は、車としての再利用が難しい状態になってしまったら廃車にして処分しなければなりません。
事故車の廃車の方法はさまざまにありますが、廃車のやり方次第で廃車費用は異なります。どんな事故車の廃車の方法があるのかを把握して、自分に合った廃車方法を選び、上手に廃車したいですよね。こちらでは、事故車の廃車を自分でするか、業者に依頼するかによって廃車にかかる費用が変わってきますので、事故車の廃車方法それぞれにかかる費用の違いなど詳しくご紹介していきます。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

事故車を廃車する方法とは

事故車を廃車する方法はさまざまありますが、大きく2つに分けられます。どちらの廃車方法でも廃車手続きさえしっかり完了すれば廃車は可能ですが、廃車手続きの進め方などは異なります。廃車方法ごとの特徴を知り、どちらのやり方で事故車を廃車するのが最適か考えておきましょう。

廃車業務の取り扱い業者に廃車代行を依頼する

事故車を廃車する際の処理のひとつとして、業者に依頼して廃車手続きを代行してもらう方法が挙げられます。廃車業務を取り扱う業者は全国にありますので、それらを利用しましょう。廃車業務取り扱い業者には、車を購入した店舗やディーラー、中古車販売業者、行政書士事務所などさまざまな選択肢があります。 どの業者に依頼する場合も、廃車手続きの進め方自体は同じですが、業者ごとに廃車代行費用の値段設定が違う場合も多いので注意しなければなりません。廃車代行業務をおこなう業者はたくさんありますので、見積もりの時点で複数の業者へ依頼してみて金額やサービスを比較検討し、信頼できる廃車代行業者を選ぶことが大切です。

自分で廃車手続きをする

廃車は業者に依頼するだけではなく、自分で廃車手続きをおこなうことも可能です。事故車の廃車をする場合は、車本体の解体の依頼や書類を揃えて廃車手続きなど、やらなければならないことはたくさんあります。ただし、その分自分でやることで廃車費用を抑えられるなどのメリットもあります。 車の手続きの仕組みや、必要な書類、どこで廃車手続きをすることが出来るのかなど、全体の廃車の流れを把握していれば、廃車自体はそれほど難しくないのです。基本的な知識さえあれば、誰でも廃車をおこなうことは可能です。

業者に事故車の廃車を依頼する場合

業者に事故車の廃車を依頼する場合は、さまざまな廃車費用がかかります。ただし、業者に代行依頼する場合でも、使う業者の選択肢はたくさんあり、廃車する方法次第で費用を抑えることも可能です。事故車を業者に廃車依頼する際のポイントを知り、どのように廃車手続きを進めればよいかを知っておきましょう。

事故車の解体費用にお金がかかる場合が多い

事故車の場合は、車が破損していることが多く、廃車とともに車を解体して処分することが多いです。解体が必要な場合は、業者に依頼すると解体費用がかかる場合が多く、基本的には1万円前後と考えましょう。特に動かない事故車の場合は移動にも費用がかかり、本体の解体費用についてもかかるため、費用がかかりやすくなります。移動するためのレッカーを業者が持っているかどうかによって、廃車にかかる費用が違ってきますので注意しなければなりません。 場合によってはレッカーも所有しているため、引取には費用がかからず無料で引き取ってくれることもあれば、解体業者に直接引き渡せば鉄くずとして買い取ってもらい、費用をかけずに解体できることもあります。

永久抹消登録の代行費用がかかる場合が多い

業者に廃車を代行してもらう場合は、代行費用がかかることが多く、これも業者ごとに違いがあります。相場としては5,000~10,000円程度ですので、代行費用が高くつく場合は、別の業者を探したほうがよいでしょう。 また、廃車手続き自体は費用がそれほどかかるものではありませんので、業者によっては無料で代行してくれることもあります。業者ごとにサービス内容が違いますので、利用先によってかかる費用は大きく異なります。

自分で廃車手続きをする場合

廃車手続きは自分でおこなうことも可能であり、業者に依頼する場合とは手続きの進め方も異なります。廃車手続きは難しいと感じる人も多いでしょうが、全体の手順を理解していれば、それほど難しくはありません。流れを把握して、スムーズに廃車手続きをおこないましょう。

解体業者を探し依頼する

廃車に伴い解体をする場合は、まずは解体業者を探して解体を依頼しなければなりません。自分で廃車をする場合でも、解体は業者に依頼しなければならないので注意しましょう。解体は国から認可を受けた工場を持つ業者しかおこなうことはできず、個人で解体をすると違法になります。 解体を依頼すれば、解体証明書が発行されますが、これは廃車手続きの際に必要なものですので、なくさないように保管しておきましょう。業者によっては無料で解体してくれる場合や買取をおこなっていることもあるので、どこを利用するかで費用は異なります。

永久抹消登録の費用は無料

廃車には永久抹消登録と一時抹消登録の2つの方法がありますが、解体して廃車する場合は、永久抹消登録です。永久抹消登録の場合、解体に費用がかかることはありますが、抹消登録の手続き自体には費用はかかりません。 登録料は無料ですので、必要な書類を提出すれば、費用をかけずに廃車手続きは完了します。名義だけを抹消する一時抹消登録の場合は、手数料として350円必要ですので注意しましょう。

自動車税や重量税の還付手続きが必要

自分で廃車をおこなう場合は、税金や保険料などの還付手続きも自分でおこなわなければなりません。自動車税は廃車手続きの完了とともに自動で還付されますが、重量税と自賠責保険料は、申請が必要ですので注意しましょう。 重量税は永久抹消登録の申請書で一緒に還付申請をおこない、自賠責保険料は廃車手続き後、保険会社に連絡して解約手続きをおこないます。

自走ができない場合はレッカー代がかかる場合がある

事故車の場合、故障して自走できないことも多いでしょう。自走できない場合は、業者に引き取ってもらうためにはレッカーを利用しなければならず、別途運搬費がかかることもあるので注意しましょう。移動距離や利用する業者によって費用は異なりますが、基本的には1万円前後かかります。 業者によってはレッカーを無料で手配してくれることもありますので、サービス内容を確認して、利用先を選ぶことが大切です。自走できる場合は、自分で解体業者などに持ち込めば、運搬費はかかりません。

廃車の費用は手続きの取り方により費用は異なる

事故車の廃車では費用がかかることも多いですが、やり方次第でいくらかかるかは異なります。また、工夫すれば費用をかけずに廃車できる場合もありますので、やり方をしっかり把握して、適切な方法でお得に廃車手続きをおこないましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-事故, 廃車
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト