中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

廃車はいつまでにすべきか。適切な時期や手続きのメリット

更新日:

車を処分する際には、廃車手続きをおこないます。廃車手続きをすることで、名義を抹消できますが、実はこれはいつまでに手続きをおこなうかによって、得られるメリットは違ってきます。いつまでに廃車手続きをすべきなのか適切な時期を知り、お得に廃車を済ませましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

廃車の手続きを実行する適切な時期

車を処分する際には廃車手続きをおこないますが、問題はいつ廃車にするかということです。廃車は手続き上の問題であり、車の状態に関係なくおこなえます。ボロボロで使えなくなれば、悩むことなく廃車にできるという人も多いでしょうが、まだ乗れる状態であれば廃車にすべきか迷ってしまいます。 車はきちんとメンテナンスすれば長持ちしますし、たとえボロボロになったとしても、廃車をしなければならないわけではありません。しかし長く乗り続けるデメリットもありますので、廃車の適切なタイミングを知って、上手に区切りをつけましょう。

納税を回避できる3月末

廃車は車から名義を取り去る手続きであり、名義がなくなることで自動車税が課税されなくなります。自動車税は、毎年4月1日時点で車の名義を持っている人に課せられますので、廃車を考えているなら3月末までにおこなうのがおすすめです。 1日でも過ぎてしまうと課税の対象となるため、余計な出費を減らすためにも、年度中に手続きを完了させておきましょう。また普通自動車の場合は3月31日までに廃車しなければなりませんが、軽自動車なら4月1日中に廃車すれば課税の対象にはなりません。

還付金を損しない月末

廃車すれば自動車税が還付されることがありますが、これは1カ月単位で計算されています。そのため月初に廃車にしても月末に廃車にしても還付金の額は変わりません。ただし、月初に廃車すると感覚的に月末までの日数分の税金が無駄に消費した気分になります。月末ぎりぎりに手続きを完了させれば、税金を無駄にすることなく廃車手続きができます。 還付金も翌月に1日でもまたがれば減ってしまいますので、確実に当月中に完了できるようにしておきましょう。

新車が納品されるタイミング

車の買い替えを検討しているのであれば、新車が納車されるタイミングで、廃車をおこなうのがおすすめです。廃車登録をすれば、車の状態に関係なく公道を走らせることができなくなります。そのため新車の納車前に廃車してしまうと、車を使えない期間ができてしまい不便になることも多いでしょう。 納車日まで車を使用する予定がないのであれば、早めに廃車しても問題ありませんが、ぎりぎりまで使いたいなら、納車日に合わせて廃車するのがおすすめです。

車の解体が終わった後

車を解体に出したのであれば、素早く廃車手続きをおこないましょう。解体してもそれだけでは廃車したことにはなりませんので、名義は残り続けます。そのため4月1日を迎えれば、車を持っていなくても自動車税の課税対象になり、月を超えるごとに還付金額も減っていきます。 解体してしまえば当然車に乗ることはできませんし、廃車手続きが遅くなるほど損をすると言えるでしょう。解体業者に引き渡し解体証明書をもらえば、それを持ってすぐに廃車手続きをおこなうことが大切です。

カーネクストにお申し込みの場合

なお、カーネクストに車の買取を依頼された場合は、廃車手続きは全て無料で代行いたしますので、お客様がタイミングや手続き方法について心配される必要はございません。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

廃車手続きをおこなうメリット

廃車手続きの時期に悩む人は多いですが、それだけではなく、そもそもなぜ廃車しなければならないのかと考える人もいるでしょう。確かに廃車は登録上の問題であり、簡単に言えば名義を抹消するかどうかだけの問題です。 特に解体を前提としない一時抹消登録の場合なら、廃車してもしなくても車の状態が変わるわけではありません。しかし廃車することにはさまざまなメリットがあり、使用しない車の名義を保有し続けることにはデメリットもあります。なぜ廃車にすべきか、メリットから理解を深めましょう。

余計な税金を払う必要がなくなる

車の維持費として税金が占める割合は大きく、廃車して名義がなくなれば、これを支払う必要がありません。名義さえ持っていなければ、課税の対象にはなりませんので余計な出費を減らせます。車は持っているだけで自動車税がかかり、さらに車検時には自動車重量税を支払わなければなりません。 廃車すれば当然車検の更新も不要であり、重量税の支払いも必要なくなるため、より出費が減らせるでしょう。

自動車保険が必要なくなる

車に乗らないということは、自動車保険が必要なくなるということでもあり、保険料の出費もなくなります。廃車にすれば任意で加入している車両保険はもちろん、強制加入の自賠責保険料の支払いも必要ありません。保険料も高額になるケースは多く、この支払いがなくなるだけでも出費はかなり抑えられます。 乗らない車でも、保険をかけ続けていれば当然費用はかかりますので、廃車にしてしまえば保険を解約するきっかけにもなるでしょう。

各種税金が返ってくる

廃車時には方法に応じて税金が還付されます。普通自動車の場合は、自動車税と重量税が、軽自動車の場合は重量税のみが、それぞれの残り期間に応じて還付されます。重量税の還付は、永久抹消登録の場合に限られますが、還付金を受け取ることで、税金の払いすぎが防げるため余計な出費がありません。 また税金だけではなく、自賠責保険も有効期限が残っていれば返金してもらえます。税金の還付申請は廃車登録時におこないますが、自賠責保険は廃車後に自身で保険会社に連絡し、返金の申請が必要なので注意しましょう。

廃車を買取してもらえる可能性がある

廃車は単に処分するだけではなく、業者によっては買取をしてくれることもあります。廃車買取専門業者であれば、不動車であっても買取は可能で、買取に加えて廃車手続きも無料で代行してもらえることが多いので、よりお得です。 廃車する車でも、分解すればパーツとして価値があるものは多く、修理して動く場合は、海外に輸出されて高値で取引されることもあります。廃車であっても買取は可能であり、よりお得に処分ができるためメリットは大きいでしょう。

乗らない車は早めに処分方法を決めよう

いつまでに廃車手続きをおこなうか迷ってしまうことは多いですが、基本的には早めに済ませてしまうことが大切です。廃車は遅くなればなるほど、デメリットが大きくなりやすいため、早めに手続きを完了させ、余計な出費が生まれる損をしないようにしましょう。

車の買い替えを検討の場合

今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。

近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路持ちのカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。なお、カーネクストは中古車だけではなく、故障車や廃車の買取も可能ですのでかなり万能な業者となっています。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト