中古車売却 中古車買取 コラム

購入

車を5年で乗り換える。メリット・デメリットやその他のタイミング

更新日:

車は大切に扱えば長持ちしますが、いつまでも乗り続けることがメリットになるとは限りません。長く乗り続けるよりも、一定の期間で乗り換えたほうがよい場合も多いです。乗り換えのタイミングはさまざまですが、5年がベターと言われていますので、その理由を知っておきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

車の乗り換えを5年でするメリット

車の乗り換えのタイミングはさまざまであり、新車で購入して新しいうちに乗り換えてしまうという人もいれば、長く使い続ける人もいます。どれくらい使うかは個人の自由であり、基本的には納得できるまで使うことが大切です。 しかし、さまざまな観点から考えれば、ある程度の期間で乗り換えたほうが、お得になるケースも多いです。5年で乗り換えることにはさまざまなメリットがありますので、どんな魅力があるのかを知り、乗り換えのタイミングを検討してみましょう。

特別保証の期間内である

国産の新車を買えば、特別保証という保証が付けられます。これは車の基本性能に関わる部分を保証したものですが、基本的には5年で終了します。保証終了後は、メンテナンスの費用はすべて自己負担となりますので、維持費が高くなってしまうことが多いです。 保証終了のタイミングで乗り換えを検討する人は多く、維持費が高くなる前に乗り換えることで、費用をかけずに車を使い続けられます。

車検が一度だけで済む

新車の場合、初回登録から3年、以降2年ごとに車検が必要です。新車購入から5年であれば、2回目の車検前に乗り換えることができますので、このタイミングを選ぶ人も多いです。1回目の更新では、劣化などもほとんどないため、費用をかけずに車検を通せることがほとんどでしょう。 しかし、2回目以降はメンテナンスや部品交換などで費用がかかりやすくなるため、余計な出費を抑えるためにも、車検前に乗り換えてしまうのがおすすめです。

買取相場の下落を抑えられる

車を乗り換える際には、古い車は売却することも多いでしょう。売却時に問題になるのが買取価格であり、新車で使用してから経過年数が増えるほどに、買取相場は下がっていくので注意しなければなりません。車の価値は毎年下がりますが、5年で約半分になります。 また、不人気なモデルの場合、5年以上経過すれば一気に価値が下がることも少なくありません。5年経過するぎりぎりであれば、それなりの買取相場を維持しやすいため、価値が大幅に下がってしまう前に、売却して乗り換えを検討する人も多いでしょう。

ローンが完済している場合が多い

ローンを組んで車を購入している場合、5年目だと完済していることが多いです。完済していなくても、残金が少なくなっている場合も多いため、売却すれば残金分もすべて払ってしまえることも多いでしょう。ローンを完済していれば、車を自由に手放せますし、次に購入する車のローンも組みやすいです。支払いが終了した時点で乗り換えることで、負担を増やさずに車を使い続けられます。

車の乗り換えを5年でするデメリット

5年で乗り換えをすることにはさまざまなメリットがありますが、反面デメリットも存在するので注意しなければなりません。メリットばかりに目を向けて早々に乗り換えを決めてしまうと、損をして後から後悔することもあります。 車の乗り換えは大きな買い物になりますし、じっくり検討してから進めることが大切です。デメリットも把握した上で、本当に5年で乗り換えてもよいか、もう一度よく考えてみましょう。

モデルチェンジの時期と重なる可能性がある

新車で購入してから5年であれば、年式も新しく、状態も良いため高値で売れることが多いです。しかし、いかに新しいといっても、モデルチェンジで新型モデルが発売されてしまうと、旧型扱いになって買取価格が一気に安くなるので注意しなければなりません。 メーカーや車種ごとにモデルチェンジの周期は異なりますが、4~6年間隔でおこなわれることが多いです。5年だとちょうどモデルチェンジと重なりやすいため、新型が発表されてしまうと、買取価格が安くなってしまうことは頭に入れておきましょう。売却するなら、現行最新モデルのうちに売ってしまうことが大切です。

過走行の場合は査定が厳しい

買取は年式だけではなく、走行距離もチェックされており、走行距離による劣化のほうが、より厳しく見られています。走行距離は1年で1万キロが目安とされており、それ以上走っている場合は過走行車の扱いになり、査定が厳しくなります。 5年で売却するなら、走行距離は5万キロ以内であることが望ましく、これを超えていると一気に価値は下がるので注意しましょう。過走行車になってしまうと、いかに年式が新しくても価値は下がるので、高価買取が期待できないことも多いです。

車の乗り換えを5年以外でするタイミング

車の乗り換えは必ずしも5年でなければならないわけではなく、他にもさまざまなタイミングがあります。乗り換えはタイミングによってメリット・デメリットが違いますので、それぞれの特徴を把握しておくことが大切です。5年以外での乗り換えのタイミングとそれぞれの特徴を知って、選択肢を広げておきましょう。

3年で乗り換える

3年で乗り換える場合は、1度目の車検も通さずに乗り換えますので、手間や費用がかかりません。加えて年式も新しく、最新モデルであることも多いため、高価買取も期待しやすいのが特徴です。しかし、買取額が高いといっても、年々車の価値は下がりますので、新車購入時の価格と同等で売却できるわけではありません。 新車価格と比べれば価値は大きく下がっていますので、次の車を購入することも考えると経済的に苦しくなるのがデメリットと言えるでしょう。

10年前後で乗り換える

新車の場合は7~10年で乗り換える割合が一番多く、最近の車は性能が向上していますので、長く乗っても壊れないことが多いです。ガソリン車の場合、各種税金は13年目で上がりますので、その前に乗り換える人は多いでしょう。 長く乗っていれば新車の購入代金をかけずに済みますが、売却時の価格が安くなったり、維持費がかかりやすくなったりするというデメリットもあります。

車の買い替えを検討の場合

今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。

近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路持ちのカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。なお、カーネクストは中古車だけではなく、故障車や廃車の買取も可能ですのでかなり万能な業者となっています。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-購入
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト