中古車売却 中古車買取 コラム

購入

中古車を1万円で手に入れる。購入時の注意点やポイント

更新日:

車を少しでも安く手に入れたいのであれば、中古車を狙うのがおすすめです。しかし、ひとくちに中古車といっても、価格帯はさまざまですので、中古車の中でも特に安く販売されているものを見つけることが大切です。 中古車でも高額なものは多く、数万円から数十万円は必要なケースがほとんどで、それなりに費用はかかると考えましょう。まれに1万円など、格安で売られていることもありますが、これにはさまざまな落とし穴があることも多いため、注意しなければなりません。 安く売られているということは、それだけ値引きされる理由があるということですので、購入時には注意が必要です。注意点を正しく把握して、少しでも安い車をお得に手に入れましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

中古車の販売価格には何が含まれるか

中古車を購入する際には、販売価格をチェックしますが、これは車本体の価格だけを指しているわけではありません。中古車の購入にはさまざまな手続きが必要であり、それぞれ費用がかかります。販売価格の中にはさまざまな費用が含まれていますので、内訳を知って、中古車がどのように売られているのか理解を深めておきましょう。

本体価格と諸経費

中古車の販売価格は、大きく本体価格と諸経費の2つで構成されています。諸経費とは、購入に際して必要な各種手続きの手数料であり、業者によってはこれが高く設定されていることもあるので注意しなければなりません。 たとえば本体価格が1万円と安く設定されているとしても、諸経費次第では結局数十万円かかる可能性もあります。本体価格を安く済ませるのは大切ですが、実際には諸経費も含めて支払わなければなりませんので、両方を含めた販売価格で考え、購入を決めることが大切です。

中古車販売の手数料の中身

諸経費として各種手数料がかかりますが、手数料にもさまざまな内訳があります。中には必須の手数料もあり、削減できないものもあるので注意が必要です。

法定費用に含まれるもの

諸経費には法定費用が含まれ、これは税金や保険料などが該当します。中古車では、自動車税、自動車重量税、自動車取得税、自賠責保険料、消費税などがかかり、これらは必須の費用と言えるでしょう。車検が残っている場合は、重量税などは一部免除になることもありますが、基本的には支払いが必要です。 車種によって法定費用の金額は異なりますが、税金や保険料ですので、削減はできないものと考えておきましょう。

代行活動費用に含まれるもの

諸経費としては、代行活動費用というものもあり、これは販売手数料と呼ぶこともあります。代行活動費用とは、各種手続きを業者が代行する際に発生する手数料ですので、自分で手続きをおこなえば、費用を削減できるものもあります。 登録代行費用、下取り費用、整備費用、車庫証明代行費用、納車費用などが挙げられ、名義変更や車庫証明書の取得に必要な費用などは、自分でおこなえば削減可能です。

安い中古車を購入するときの注意点

安い中古車は魅力的ではありますが、反面注意点も多いため、それらを把握してから購入することが大切です。販売価格が安いからといって、必ずしも得をするとは限らず、場合によっては安物買いの銭失いになってしまう可能性もあります。 販売価格が安いことにはそれなりの理由がありますので、注意点を把握して、少しでも状態のよいものを選びましょう。

修復歴のある中古車は避ける

車の状態を表すものとして、修復歴というものがありますが、これが付いている場合は、基本的には避けたほうが無難です。修復歴は車の骨格部分を修復した際につくものであり、見た目は綺麗に直っているといっても、何らかの欠陥を抱えていることが多いです。 安全性や走行性能などが著しく下がっていることも多いため、事故のリスクも高く、場合によっては購入してすぐに動かなくなることもあります。修復歴があれば、価格はかなり安くなりますが、その分故障リスクが高いことは理解しておかなければなりません。

水没車の中古車は避ける

修復歴がないとしても、冠水した水没車も避けたほうが無難です。水没している場合は、電気系統が故障している可能性が高く、機能に大きな問題を抱えていることが多いです。電気系統は、一度故障すると完全に直ることはなく、いつ故障するかも分かりません。 何の前兆もなく、突然故障して動かなくなることも多いため、使用するリスクは高いと言えるでしょう。修復歴車と同様に、水没車も購入するリスクやデメリットは大きいため、避けたほうが無難です。

走行できるための最低限のメンテナンス

中古車の場合、車ごとにメンテナンスの状態は大きく違います。少しでも安く購入したいのであれば、最低限のメンテナンスはされている状態の車を狙うのがおすすめです。メンテナンスが充実していると、その分価格は高くなりやすいので注意が必要です。 反対にあまりにもメンテナンスがされていないと、安くても購入後に余計に費用がかかる可能性もあるため、最低限のラインを狙いましょう。

タイミングベルト

タイミングベルトは、走行距離10万キロが交換の目安とされており、可能な限り交換されているものを選びましょう。タイミングベルトが故障してしまうと、エンジンまで故障してしまい、最悪の場合はエンジン交換となり、数万円から数十万円近い費用がかかってしまいます。 タイミングベルトの交換費用も高くつきますので、基本的には交換されているものを選ぶか、タイミングチェーンを使って長く走れるよう工夫をしておきましょう。

車検が切れていないこと

中古車の場合は、車両によって車検が残っているかどうかも異なります。車検が切れている場合は、車検の費用を上乗せして支払わなければなりませんので、余計に費用がかかってしまいます。車検費用は車に乗るための必要経費ではありますが、少しでも安く購入したいなら、車検が残っているものを選びましょう。

走行保証が付けられること

販売価格が安い中古車は、故障のリスクも高いことが多いため、走行保証を付けることが大切です。保証の内容については販売店によって異なるため、それぞれ内容の確認が必要ですが、そもそも付けられるかどうかを確認しておきましょう。 車によっては、お金を出しても保証が付けられないこともあります。販売店が保証を拒否するということは、故障のリスクが高く、安全面に自信が持てない商品ということです。保証を付けられない場合は、危険な商品とも言えますので、できる限り避けたほうが無難でしょう。

購入後に発生するトラブルに備える

車は購入すればそれで終わりではなく、購入後の維持費も頭に入れておかなければなりません。購入後にはさまざまなトラブルが発生することもあり、格安の中古車なら特にトラブル発生のリスクは高いでしょう。トラブルもきちんと把握し、事前に対処した上で購入することが大切です。

メンテナンスは自分でする

格安で購入した中古車の場合、購入後もメンテナンスが必要なケースが多いです。車のメンテナンスには費用がかかりますが、コストを下げるためには、できる限り自分でおこなうことが大切です。業者に依頼すれば、メンテナンスも楽にできますが、その分費用がかかってしまいます。 せっかく安く購入しても、メンテナンスに大きな費用をかけてしまっては、結局損をすることにもなります。走行性能に直結する重要な部分については、無理せず業者に依頼したほうがよいですが、それ以外の部分については、自分でメンテナンスをおこないましょう。

2年以上は乗れないと考える

車の状態によってどれくらい乗れるかは異なりますが、格安で買った場合は、基本的には2年以上は乗れないと考えておきましょう。特に本体価格が1万円程度の安い車の場合は、走行距離が10万キロ以上で、10年落ちということも少なくありません。 これはかなり劣化した状態であり、長期間乗り続けるのは危険な場合が多いです。もちろん、整備次第では長持ちする場合もありますが、基本的には2年程度でダメになると考え、長く使えれば儲けもの程度に考えておきましょう。

中古車リースを検討する場合の注意事項

中古車は購入するだけではなく、リースで長期間レンタルして使用することも可能です。中古車のリースは一見利用料金も安く、お得にも思えますが、実は注意点もたくさんあります。注意点を把握した上で、利用するか検討しましょう。

全体としては経済的に損となることがある

リースは利用料金自体はそれほど高くなく、月々の支払いが1万円以下になることもありますが、全体的に見ると損になる可能性が高いです。リースといっても、長期間借りて返却する場合と、契約期間終了後、そのまま買い取るケースに分けられますが、どちらにしても単に購入するより高くついてしまうことが多いです。 月々の支払いは少なくて済むのがメリットですが、長期間の使用には不向きですので、ごく短期間に車が必要な場合のみ検討するようにしましょう。

途中解約は違約金が発生することもある

リースは契約期間の満了が原則で、途中解約は違約金が発生するので注意しましょう。違約金は高く設定されていることが多く、場合によっては使用しない場合でも契約満了を待ったほうがよいこともあります。途中で不要になったとしてもすぐに解約せず、契約満了まで待つ場合と違約金を支払う場合、どちらが高くつくかを考えて安く済むほうを選択しましょう。

古い年式の長距離走行車を探そう

中古車を安く手に入れたいのであれば、年式が古く、かつ走行距離も長いものを選ぶのがおすすめです。中古車の価値は年式と走行距離に大きく影響しており、年式は10年、走行距離は10万キロを超えれば、それぞれ価値がほとんどなくなるとされています。 そのため、10年落ちで10万キロ以上走行している車は、中古車市場では価値がないとされているため、本体価格1万円など、格安で売られていることも多いです。ただし、安い分劣化が進んでいることは確かで、メンテナンスに費用がかかったり、長くは使えなかったりすることがほとんどなので注意が必要です。 安い車を購入する場合は注意点がさまざまありますので、それらを把握した上で、損のない買い物を心がけましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-購入
-,

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト