中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

廃車はどこに持っていくのか。手続き場所や方法別の違いなど

更新日:

車を処分する際には廃車手続きをおこないますが、車をどこに持っていくのか悩んでしまう人は多いでしょう。廃車とは登録上の手続きであるため、必ずしも車を処分しなければならないわけではありません。廃車の方法はさまざまであり、やり方によっては手続き後も車を保有することは可能です。 しかし、名義がない車は走らせることはできませんし、いつまでも保有していると邪魔になることも多いでしょう。また、廃車の方法によっては、事前に解体処分しなければならないこともあります。廃車時には車をどこに持っていくのが適切なのかを知って、手続きをスムーズに進めましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

自分で廃車する場合にはどこで手続きするか

疲れとストレス

廃車は業者に依頼しておこなうと考える人も多いでしょうが、実は自分で手続きをすることも可能です。自分で手続きをするのは手間がかかりますが、その分費用を安く抑えられます。自分で廃車する際には、車の種類によってどこで手続きをするのかが異なります。

普通車を自分で廃車する場合

普通車を廃車する場合、廃車の方法は大きく2つに分けられます。どちらの方法でも手続きさえきちんとおこなえば、名義を抹消することは可能ですが、それぞれでやり方が違うので注意しなければなりません。また、廃車方法によって手続き後の車の扱いも異なりますので、それぞれの違いを理解しておくことが大切です。

永久抹消登録の場合は住所地の運輸支局で廃車する

車の使用を永久に停止する永久抹消登録は、住所地の運輸支局で手続きをおこないます。永久抹消登録の場合は、事前に車を解体しておかなければなりませんので、解体業者に引き渡し、解体報告記録日の連絡を受け、証明書をもらわなければなりません。 解体報告記録日のメモ書きと使用済自動車の引取り証明書がなければ、永久抹消登録はできないので注意しましょう。

一時抹消登録の場合は住所地の運輸支局で廃車する

車の使用を一時的に停止する一時抹消登録も、住所地の運輸支局で手続きをおこないます。一時抹消登録の場合は、解体の必要はありませんので、廃車手続き後に車を保有し続けることが可能です。 また、使用を一時的に停止しているだけですので、再度名義を登録すれば、使用を再開できます。一時抹消登録は、車をそのまま保有し、名義だけを抹消する手続きですので、長期保管で自動車税の課税を避けるためにおこなうことも多いです。

軽自動車を自分で廃車する場合

軽自動車の廃車は、普通車とは少し勝手が違っているので注意しなければなりません。廃車方法は永久抹消登録と一時抹消登録の2つで一緒ですが、それぞれ手続きの名称も異なります。普通車との違いに注目しながら、軽自動車ならではの廃車方法を把握しておきましょう。

解体返納の場合は軽自動車検査協会で廃車する

解体返納は永久抹消登録に該当するもので、事前に車を解体しなければなりません。基本的な流れは普通車と同じですが、手続き先が軽自動車検査協会となっているので間違えないようにしましょう。普通車は運輸支局での手続きですが、軽自動車の場合は、すべて軽自動車検査協会でおこないます。

自動車検査証返納の場合は軽自動車検査協会で廃車する

自動車検査証返納は、一時抹消登録に該当するもので、これも軽自動車検査協会でおこないます。これも普通車同様解体の必要はなく、車の使用を一時的に停止するものです。そのため、再度登録すれば使用を再開できますが、再登録も軽自動車検査協会でおこなうことは覚えておきましょう。

原付を自分で廃車する場合

原付の廃車は、市区町村の役所でおこないます。車のように永久抹消登録、一時抹消登録という種類はなく、単に廃車として手続きをおこないます。原付の廃車は比較的簡単におこなえますので、車の廃車に比べればハードルは低いでしょう。

普通に廃車ができない場合

Contract business image

ナンバープレートを紛失、または車体が手元にない、こういった場合は普通の方法で廃車することはできません。それぞれ必要な手続きが増えますので、何をすべきか知っておきましょう。

車のナンバープレートがない場合の廃車

廃車時にはナンバープレートを返却しなければならないため、紛失している場合は再発行しなければなりません。ナンバープレートは運輸支局で再発行できますので、新しいものを受け取ってから廃車手続きをおこないましょう。 また、盗難によって紛失している場合は、警察で盗難届を出して、受理番号を受け取ります。紛失の理由書に受理番号を記載し、廃車時に提出すれば、ナンバープレートの返却なしで手続きをおこなえます。

車が手元にない場合の廃車

車が手元にない場合でも、廃車は可能ですが、この場合もやるべきことが増えます。車がない場合でも、きちんと手順を踏まえば廃車はできますので、正しい方法で手続きを進めましょう。

盗難にあった場合

盗難にあって車を紛失した場合は、基本的にはナンバープレートの盗難と同じです。警察で盗難届を出して受理番号を受け取り、ナンバープレート紛失の理由書に受理番号を記入して提出します。廃車には車自体が必要なわけではなく、ナンバープレートさえあれば問題はありませんので、対処法としては同じと考えましょう。 また、盗難であれば、解体していなくても永久抹消登録は可能です。永久抹消登録をする際にも、受理番号は必要ですので、警察には必ず届け出ておかなければなりません。

災害等により車を失った場合

災害などで車がなくなった場合は、被災市町村の役所で罹災証明書の発行をする必要があります。廃車時にはナンバープレート紛失の理由書と罹災証明書を一緒に提出することで、手続きが進められます。対応は盗難の場合とほぼ同じですが、紛失理由によって必要な書類が異なることは理解しておきましょう。

業者に頼む場合はどこで廃車するか

廃車は業者に依頼しておこなうことも可能であり、代行してもらえばスムーズに処分できます。しかし、どの業者に頼むかによって、利用するメリットは異なりますので、どこに持っていくかを比較検討することが大切です。よりお得かつスムーズに廃車するためにも、業者ごとの廃車の特徴の違いを理解しておきましょう。

ディーラー、中古車販売店で廃車する

ディーラー、中古車販売店で廃車する場合は、廃車に伴って買取をしてもらうことも可能です。車の状態によっては高値で引き取ってくれる可能性もあるため、廃車代行費用を相殺して、利益が出ることもあります。しかし、ディーラーなどに廃車を依頼する場合、永久抹消登録なら別途解体費用が必要です。 廃車を依頼した業者から、さらに解体業者に解体を依頼することになるため、中間手数料がかかり、割高になる可能性もあるので注意しましょう。

廃車買取業者で廃車する

廃車買取業者でも、廃車に伴って買取をおこなってもらえます。廃車買取業者は、部品としての価値で買い取ってくれますので、状態が悪くても高値で引き取ってくれる可能性があります。ディーラーなどでは価値がないと判断された場合でも、値段を付けてくれることもありますので、状態が悪い場合は廃車買取専門業者の利用がおすすめです。 また、不動車の買取に対応していることも多く、業者によっては出張買取やレッカー引取りを無料としていることもあります。業者ごとにサービス内容は違いますので、査定額はもちろん、サービス内容も見て利用先を決めましょう。

車をきれいに処分して新しい車を楽しむ

廃車の方法はさまざまありますが、手順さえ守っていればどのやり方でも問題はありません。ただし、廃車時に車をどこに持っていくかによって、得られるメリットは違いますし、手続きのスムーズさも異なることは理解しておきましょう。 廃車する際には、どの方法でおこなうか、じっくり考えることが大切です。状況に合わせて適切な方法で廃車し、愛車をスムーズに処分しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト