中古車売却 中古車買取 コラム

手続き

車両保険で補償される災害事故の事例。適用範囲を把握しよう

更新日:

車をより安心して使用したいなら、車両保険への加入がおすすめですが、保険はすべての事故に適用できるわけではありません。特に自然災害による事故の場合は、適用範囲が細かく定められているので注意が必要です。どんな場合の災害事故には保険が適用され、何が補償範囲なのかを知り、保険を上手に利用しましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

保険で補償される自然災害の事故

任意で加入する民間の車両保険=対人や対物などの事故に適用するものと考える人は多いでしょうが、実は自然災害による事故でも適用できます。もちろん、すべての場合で適用できるとは限らず、範囲は限定されているので注意が必要です。 自然災害による事故は避けられないことが多く、それによって車を失ってしまうのは大きな損失です。どのような自然災害に対して保険が適用できるかを知り、万が一の事態にも備えておきましょう。

台風による水没

台風による水没は、車両保険の適用範囲内です。台風によって冠水、あるいは河川の氾濫などで車が水没してしまった場合は、車両保険を適用できます。また水没だけではなく、暴風によって飛ばされたものが車にあたり、破損した場合も保険の適用は可能です。 破損であれば修理でも簡単に直せるケースが多いですが、水没の場合は電気系統が故障する可能性が高いです。そのため保険を適用する場合でも、修理するのではなく買い替えを検討したほうがよいでしょう。

大雪や雪崩による雪害

大雪や雪崩による雪害も、車両保険は適用できます。雪は積もればかなりの重さになり、場合によってはボンネットがへこむこともあります。車は柔らかい素材でできていますし、長時間重いものが乗っていると簡単にへこんでしまうので注意が必要です。 また雪崩などに巻き込まれ、車が破損、あるいは故障した場合でも保険は適用できます。雪害によって車が故障するケースは少ないですが、雪の多い地域なら当たり前にあるリスクですので、車両保険には加入しておいたほうがよいでしょう。また故障を防ぐためにも、ガレージなど雪が積もらない場所に保管することも大切です。

ヒョウによるボンネットやガラスへの被害

ヒョウは大きいものだとこぶしくらいの大きさで勢いよく降ることがあり、車のガラスを割ってしまうこともあります。ヒョウによる被害も車両保険の適用範囲内であり、破損や傷などに適用可能です。ヒョウは降り方によってはかなりの強さになりますので、ガラスを破ることはもちろん、ボンネットに大きな傷を作ってしまうこともあります。 特にボンネットは柔らかい素材でできているため、比較的簡単に傷がつきやすいです。ヒョウが降ることはそれほど多くはありませんが、どの地域でも降る可能性はありますので、保険の適用範囲であることは覚えておきましょう。

落雷による故障

あまり知られていないことです、落雷による故障も実は車両保険の適用範囲内です。落雷によって車が故障する、あるいは電気系統に不具合が起きた場合などは、保険を適用できます。落雷による被害は発生がまれなため、保険の適用範囲として記載されていないことが多いです。 しかし、実際には適用範囲となっている場合が多いので、契約時に落雷による被害も補償してもらえるか聞いておくとよいでしょう。

保険が適用されない自然災害の事故

車両保険が適用できる災害がある一方で、保険適用ができないものもあるので注意しなければなりません。災害事故は避けられないことも多いですが、場合によっては避けられると判断されるため、保険が適用できないこともあります。 また、避けられないものであっても、そもそも保険の適用範囲外として定められているものも多いため、注意しなければなりません。どんな災害が保険の適用範囲外かを知り、どのような事故のリスクがあるかを把握しておきましょう。

地震による倒壊の被害

地震による倒壊の被害は、保険適用範囲外です。倒壊の被害とは、地震が発生したことによって建物が倒壊し、車がその下敷きになるなどで、破損した場合を指します。地震による被害は補償の対象外となっているため、保険の適用はできません。 日本は地震大国であるだけにリスクは高いですが、残念ながら車両保険では対処できないことは理解しておきましょう。

津波による被害

台風による水没であれば、保険は適用されますが、同じ水没でも津波の場合は保険は適用されません。これは津波の原因は地震であり、車両保険ではそもそも地震による被害には対応していないからです。津波によって車が流された、あるいは水没したなど被害の程度に関係なく、保険の適用はできないので注意しましょう。

火山の噴火による損害

火山の噴火によって故障した場合も、保険は適用できないので注意が必要です。火山弾などにあたって破損することはもちろん、火山灰などによって灰が車の内部に入り込み、故障した場合も同じく保険の適用はできません。 火山による被害の場合、他の災害と違って予測して被害を避けられるとされているため、車両保険では対象外となっています。実際に火山の噴火は、災害の中では避けやすいものですので、火山の活動状況をチェックして、車を安全な場所に保管しておくことが大切です。

液状化による地盤沈下

地震による被害としては、建物の倒壊だけではなく、液状化による地盤沈下も挙げられます。地盤沈下によっても、車は故障することがありますが、これも地震が原因となっているため保険の適用範囲外です。一部会社では特約などで、補償プランを設定していることもありますが、基本的には保険は適用できないことは理解しておきましょう。 特約を付ければ適用できる場合もありますが、それにも条件がありますので、きちんと確認しておくことが大切です。

予期せぬ災害に備えて保険を契約しよう

災害による被害はさまざまなものが考えられますが、故障の可能性が高いものは、保険が適用できます。保険に入っていれば万が一の際にも安心ですので、内容をきちんと確認して、積極的に加入しておきましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-手続き
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト