中古車売却 中古車買取 コラム

購入

中古車ローンの金利を抑える方法。ローンの基礎知識や相場など

更新日:

中古車を購入する場合、一括で買うのは難しければローンを利用する人が多いでしょう。車のローンにはさまざまな種類があり、それぞれで金利が違っています。ローンを組む場合は、どのローンを選ぶかが非常に重要であり、ローンの違いで支払いのしやすさなども大きく異なります。中古車ローンについて理解を深め、上手な選び方を知っていきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

自動車ローンの基礎知識

中古車でローン払いを選択するためには、まずは自動車ローンそのものの知識を深めておくことが大切です。自動車ローンについては、漠然とした認識しか持っておらず、細部まではよく知らないという人も意外と多いでしょう。 正しい知識を身に付けておかないと、損をする可能性も高いため、基本を知るのは大切なことです。自動車ローンの基礎知識を身に付けて、ローンについての理解を深めましょう。

自動車ローンの種類

自動車ローンの種類にはさまざまな種類がありますが、大きく金融機関のマイカーローンと、ディーラーと提携している信販会社のローンの2種類に分けられます。マイカーローンは銀行や信用金庫、JAなどで利用でき、金融機関であればどこでも利用できるでしょう。 信販会社のローンは、ディーラーごとに提携している会社が違うため、利用できるローンの種類も異なります。販売店ごとに契約内容が異なることも多いため、各種条件などは細かくチェックしてから利用しなければなりません。

返済方法と金利

ローンの返済方法は、大きく「元利均等返済」と「元金均等返済」の2つに分けられます。元利均等返済は、返済額に占める元金と金利の割合が月ごとに変わるのが特徴です。返済開始初期は、金利の割合が多いため、元金が減りづらいので注意しましょう。 対して元金均等返済の場合、はじめは金利の額が大きく、元金と合わせて返済額が大きいのが特徴です。元金を返済するごとに金利分が減少していきます。

新車と中古車のローンの違い

自動車ローンにはさまざまな種類があり、実は新車と中古車でも、ローンには細かな違いがあります。新車購入時に利用していたローンが、中古車でも適用できるとは限らないので注意が必要です。それぞれどのような違いがあるのかを知り、中古車に適用できるローンはどんなものがあるのか把握しておきましょう。

ローン会社の違い

新車と中古車のローンでは、契約するローン会社が異なります。新車購入時は、自動車メーカー系列のローン会社ですが、中古車の場合は、その販売店が提携しているローン会社です。新車購入の場合は、メーカーさえ同じなら基本的にはローン先の会社も同じですが、中古車の場合、同じ中古車販売会社でも車の購入を決める販売店ごとにローン先が異なるので注意しなければなりません。ただし、ディーラーローンに限っては、新車も中古車も同じ会社でローンを組めます。

審査に通りやすいのはどっち

ローンを組む際には、必ず審査がありますが、新車や中古車による審査の基準の違いはほとんどありません。どちらだから通りやすいということはなく、基本的には同じものと考えておきましょう。もちろん、ローン先の会社ごとに審査の基準は違いますので、会社ごとの基準によって、通りやすいかどうかは異なります。 これは新車か中古車かという違いではなく、単に会社による違いですので、車の購入形式とは関係ありません。

中古車ローンの金利相場

ローンを組む際には、審査に通るかどうかも重要ですが、金利がいくらくらいなのかも大切なポイントです。ローンを組めれば購入時に一括で支払わなくても車を手に入れることはできますが、金利が高いとあとから支払いが苦しくなってしまいます。 金利の違いによって、最終的に支払う金額は異なりますし、同じ車を買う場合でも、大きく差が出ることは理解しておきましょう。中古車ローンの金利相場を知って、適切な金利でローンを組むことが大切です。

中古車販売店のローンの場合

中古車販売店では、提携している会社によって金利は異なりますが、相場は8~10%程度であることが多いです。ローンの金利としては高い傾向にあり、支払い金額も大幅に増える可能性があるので注意しましょう。中古車販売店の場合は、金利が高いですが、比較的審査に通りやすく、かつ手続きもスムーズに進められることが多いです。

銀行系自動車ローンの場合

銀行系自動車ローンは、新車購入だけではなく、中古車の購入時にも利用できます。銀行系のローンは審査が厳しく、時間がかかることも多いですが、金利は3%以下が相場です。新車のローンと金利はほとんど同じであり、少しでも支払い金額を抑えたいなら、銀行系のローンを利用したほうがよいでしょう。銀行系のローンは組むのが難しいですが、審査さえ通れば、費用を抑えて中古車を購入できます。

中古車ローンの金利を抑える方法

中古車ローンを組む場合には、いかに金利を抑えるかが重要なポイントになります。金利は安ければ安いほどよく、費用を抑えて購入できます。金利を抑える方法はさまざまありますので、それらを試して、少しでもコストをカットすることが大切です。自分にあった方法でローンを契約して、費用を抑えて中古車を購入しましょう。

中古車の値引き交渉をする

中古車をお得に購入するためには、中古車の購入代金そのものを安くすることが大切です。金利の大きさは購入代金によって変化するため、代金が安くなるほど、金利も小さくなります。仮に金利が少なくても、購入代金が高ければ、結果的に金利分は大きくなるので注意しなければなりません。 中古車は値引き交渉をおこなえば、価格を下げられることも多いため、市場価格などの下調べを徹底して材料を集め、少しでも安くなるように交渉しましょう。

利用できる低金利のローンを見つける

基本的に金利が安いのは銀行系のローンですが、これらは審査が厳しいことがほとんどです。しかし、審査の基準は金融機関ごとに異なりますので、自分が利用できそうなものを見つけることが大切です。銀行系のローンといっても、銀行、信用金庫、JAなど、選択肢は幅広くあります。 それぞれで審査の基準は少しずつ異なりますので、どこなら利用できそうかを事前にチェックし、窓口などでしっかり相談してから審査にチャレンジしましょう。 また、預金口座を有している金融機関なら、残高や取引実績によってローンの審査基準を緩和してくれる場合もあります。よく利用する金融機関にローンの相談をすることも考えてみましょう。

3年以内の短期ローン契約にする

ローンは契約年数によっても金利が異なりますので、比較的低金利の短期ローンを組むのがおすすめです。中古車の場合は、3年以内のローンであれば、金利を抑えられますので、比較的お得に利用できます。短期ローンにすれば、それだけ1回の支払い金額は多くなりますが、長期ローンよりも金利分負担金額が減りますので、結果的にはお得です。

自分にあったローンを探そう

中古車購入時に使えるローンはさまざまな種類があり、どれがよいかは人によって違います。ローン会社ごとに金利や審査の基準なども異なりますので、自分にあったものを探して、スムーズにローンを組んで中古車を購入しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-購入
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト