中古車売却 中古車買取 コラム

買取・売却

古い車が買取可能な理由とは?古い車を売る時の注意点もご紹介

更新日:

車を査定に出す時、査定担当者に車検証の初年度登録年月を聞かれます。これは、その車の年式が何年なのかを確認するためです。
もしも年式が、10年前や15年前、さらに20年よりも前の低年式で古い車の場合、買取は出来ないだろうと思ってしまい方も多いでしょう。でも実は、古い車も買取可能なのです。
もちろん車を買取に出す場合、年式は査定額に影響します。高年式で新しい車ほど高く売りやすいので、低年式で古い車になると買取値段が付かないこともあるでしょう。しかし低年式の古い車だからといって、必ずしも売れないわけではありません!古い車でも上手に買い取ってもらえるポイントを知っておきましょう。さらに古い車を売る時に注意したい点についても合わせてご紹介します。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

低年式で古い車でも買取可能な理由とは

中古車の買取金額はさまざまな要素によって決定されますが、もっとも大きいのは消費者からの需要です。
中古車買取をしている大手中古車販売店では、買い取った車を直接販売する仕組みをとっているところが多く、消費者からの需要が高い車ほど、次の買い手に高く売却が出来るため車買取の査定額も高くなります。特に人気モデルや状態のよい車であれば、高値での買取も期待しやすいでしょう。その代わりに低年式で古い車は状態が悪くなっていたり、劣化が進んでいることも多いため、買い手の需要としては少なくなってしまいます。中古車販売店など買取後の売却の仕組みによってはほとんど価値がないこともあります。ただし、そのような古い車でも買取は可能なのです。なぜ需要がない低年式で古い車でも買取出来る業者があるのか。なぜ買取業者は古い車を買取出来るのか、その理由を知っておきましょう。

古い車は海外で人気がある

古い車の中には、海外で人気がある車も多くあります。買取り業者に買い取られた車は必ずしも国内で再販されるわけではなく、海外に輸出されることも少なくありません。特に日本車というと海外で人気が高く、低年式の古い車であっても高値で売れることが多いです。これは日本車の質が良いことが知られているだけではなく、海外ではそれほど年式が気にされないということも国内に比べて高く売れる理由です。 海外の国や地域によっては古い車でも走れば問題ないと考えている人が多く、低年式でも問題なく売れるのです。買取り業者の中でも、海外に中古車や中古車パーツの輸出ルートを持っている業者なら、古い車を買い取ってもらうことが出来ます。

希少車は需要がある

古い車の中で、特に希少車と言われる車には一定の需要があります。低年式で古い車の中にはメーカーがすでに生産を終了していることもあり、モデルによっては希少車として取引されていることがあるのです。低年式の古い車であればすべてのモデルが希少車!というわけではないので、すべての古い車に人気が出るわけではありませんが、一部の人気モデルやスポーツカーなどは、マニアやファンも多く人気があります。 仮に自走できない場合でも、観賞用としてほしいなどその車のコレクターもいるため、ビンテージとしての価値があれば、低年式の古い車でも買い取ってもらえます。

パーツが使える

低年式で古い車は、車全体で見れば劣化していることも多いですが、それでもすべてのパーツが、故障しているわけではありません。分解すればまだまだ使えるパーツが残っていることも多く、パーツとして買い取ってもらうことも可能です。 低年式で古い車でも倉庫保管である程度の状態を保っていることもあり、すでに市場では減少している車両の場合、珍しい部品が残っていると場合によってはパーツとして高い価値を付けてもらえることもあり、買取が出来るのです。

リサイクル券の制度

低年式の古い車でも買取が可能になった大きな理由としては、リサイクル券の制度が背景にあります。リサイクル券は、購入時などに車の所有者がリサイクル料金を前払いで納めたときに発券されるもので、リサイクル券がある=リサイクル料金をかけずに廃車買取業者で廃車することができるとなります。 廃車買取業者では、古い車も分解すればパーツとしての価値が残っているため、パーツを手に入れ、かつ費用をかけずに処分できるため、低年式で古い車であっても積極的に買取をおこなおうとする業者は多いのです。

低年式で古い車の買取を買取業者へ依頼するときの注意点

低年式の古い車でも売却は可能ですが、実際に買取に出す際にはさまざまな注意点があります。価値がないと思っていた車が売れればそれだけで嬉しいですが、少しでも値段を付けてくれるからと、それだけで満足していると損をする可能性もあります。低年式で古い車の買取にはさまざまな注意点がありますので、それらを把握しておき上手に売却しましょう。

税金の還付について確認する

買取に伴い、廃車手続きもおこなう場合は、税金の還付についてきちんと確認しておかなければなりません。年式に関係なく廃車すれば自動車税や重量税が還付されますので、買取金額に還付金が含まれているか、あるいは別で計算しているのかをチェックしておきましょう。 業者によっては、買取金額の中に還付金を計上して、あたかも高値で買い取っているように見せることもあります。税金は返してもらって当然のものですので、還付金は別にして、いくらで買い取ってもらえるのかをチェックすることが大切です。

査定前に車を清掃する

低年式で古い車でも、状態が良ければ高値で買い取ってもらえる可能性は上がります。そのため、査定前に車を綺麗に清掃しておき、少しでも印象を良くしておくことが大切です。修理などをする必要はありませんが、洗車や車内の掃除などはきちんとやっておきましょう。 車が綺麗であれば、丁寧に扱っている印象を与えることができ、それが査定額アップに繋がる可能性もあります。売却するのであれば、車内の私物はすべて片付けなければなりませんし、片付けもかねて掃除しておくとよいでしょう。

値段がつかない場合は鉄くずとして売る

低年式で古い車にはさまざまな価値がありますので、値段を付けてもらえることも多いですが、状態によっては全く値が付かない場合もあります。例えば、古い車で足回りの錆が多い車など、車としての再販が難しくどうしても値段が付かない場合もあります。この場合もただ処分するのではなく、解体業者に鉄くずとして買い取ってもらいましょう。 鉄くずの買取をおこなっている解体業者であれば、状態に関係なく鉄の代金として買い取ってもらえますので、数万円程度にはなることが多いです。値段が付かなくても鉄としての価値はありますので、諦めてすぐに処分してしまわないようにしましょう。

低年式で古い車に詳しい買取業者へ依頼する

買取業者にもさまざまな種類があり、業者ごとに強みのある分野は違います。低年式の古い車を売りたいのであれば、低年式車の買取や再販などの取り扱いに強みのある業者を選ばなければなりません。通常の買取店では、値段を付けてもらえない可能性もあるため、カーネクストのように中古車の買取だけではなく廃車の買取だったり、海外販路を持っていたりとオールジャンルに活躍できる業者に依頼されるようことがおすすめです。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

低年式で古い車でもまずは査定に出してみよう

低年式の古い車は価値がなく売れないとイメージする人が多いですが、実はそうではなく、業者によっては高値を付けてくれることもあります。車によってどれくらいの値段が付くかは違いますので、低年式でもまずは査定に出し、買取が可能かみてもらうとよいでしょう。また、古い車を売る時の注意点をチェックして、損をせず売却が出来るようにしましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-買取・売却
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト