中古車査定なら中古車買取の実績多数・年中無休の「カーネクスト」

中古車買取に関するコラム | カーネクスト

廃車

スポーツカーが廃車になりやすい理由。処分方法や再利用の方法

更新日:

高い走行性能や高級感から、スポーツカーは多くの人が憧れを抱いています。一度はカッコいいスポーツカーに乗ってみたいと考える人も多いでしょうが、実は廃車率は高い傾向にあります。スポーツカーと廃車の関係を知り、購入に役立てましょう。

スポーツカーの廃車率が高い原因

スポーツカーは普通の乗用車に比べれば廃車率が高いと言われており、実際に購入しても早期に手放してしまう人は多いです。憧れの車のはずなのに、なぜ廃車してしまうのかと疑問に感じる方は多いでしょうが、これには理由があります。廃車率が高い理由を知り、スポーツカーに乗り続ける難しさを理解しておきましょう。

運転が難しい

スポーツカーは高い走行性能が売りですが、これは誰でも簡単に使いこなせるというわけではありません。性能が高すぎるゆえに、上手に扱うには技術が必要で、軽自動車やコンパクトカーに比べれば、運転はかなり難しいです。 高い運転技術を必要とするため、運転に慣れていない人だと操作を誤り、事故を起こしてしまうことも少なくありません。スポーツカーは事故で故障し、廃車されるケースが非常に多いです。

故障しやすい

スポーツカーに乗るなら、スピードを出して高速運転を楽しみたいと考える人も多いでしょう。スポーツカーに搭載されているエンジンは出力も高く、スピードが出しやすくなります。しかし、スピードが出しやすいために無茶な運転をし、エンジンに負担をかけて故障することも多いです。運転技術があるからこそ、無茶な使い方をして、すぐに故障させてしまうこともあるので注意しましょう。

維持費が高い

スポーツカーはエンジンが高出力であるため、燃費性能が悪くガソリン代がかなりかかります。また、各部品に負担もかかりやすいことからこまめなメンテナンスが必要で、維持費は高いです。維持費の高さからメンテナンスを怠ってしまい、故障やトラブルが頻発し、ついには動かなくなるケースは多いです。 また、維持費の高さによって保有し続けることが難しくなり、手放して廃車することもあります。車は購入すればそれで終わりではありませんし、スポーツカーは特に維持費が高くつくので注意が必要です。

 

廃車にするスポーツカーの処分方法

車を廃車するとなれば、業者に引き取ってもらい処分しなければなりません。名義を一時抹消登録し、観賞用に取っておくこともできますが、保管の場所が必要で邪魔になることも多いでしょう。使わないのであれば、廃車して処分してもらったほうがお得で、方法次第では高値で引き取ってくれることもあります。 スポーツカーを処分する際には、廃車買取かスクラップ業者に鉄くずとして買い取ってもらうかの2つに分けられますので、それぞれの違いを把握しておきましょう。

廃車専門業者に買取を依頼する

廃車専門業者であれば、事故で動かない場合や故障して不具合を抱えている場合でも、買い取ってくれることが多いです。スポーツカーは珍しく、中古車市場での需要も高いため、廃車予定でも高値で売れる可能性があります。 もちろん、車の状態によって、いくらで売れるかは異なりますが、利用する業者をじっくり選べば、少なからず値はつけてもらえるでしょう。廃車にする車でも価値はあり、特にスポーツカーは高価値を見出してもらいやすいため、まずは買取査定に出すのがおすすめです。

スクラップ業者に鉄として買い取ってもらう

スクラップ業者は、車を解体するだけではなく、鉄資源として買取もおこなっています。価格は鉄の時価や車の重量で変動しますが、1~3万円程度で買い取ってもらえることが多いです。鉄くずとして買い取ってもらう場合は、車の状態は関係ないため、どれだけ重度の故障を抱えていても買い取ってもらえます。 ただし、どれだけ状態がよい場合でも、鉄くずとして売却する場合は、価格は同じなので注意しましょう。買取価格が一律で決まっているため、買取業者で値をつけてもらえない場合に利用するのがおすすめです。

 

廃車になったスポーツカーの利用方法

廃車になったスポーツカーが、その後どのように扱われるのか気になる人も多いでしょう。廃車したからといって、そのまま廃棄処分されるわけではなく、さまざまな方法で活用され、再利用されています。廃車後のスポーツカーの利用方法を知り、廃車についての理解をさらに深めましょう。

海外への輸出

海外に販売ルートを持つ廃車専門業者に売却した場合、海外に輸出され、再販されることが多いです。日本の車は海外で人気であり、特に国産のスポーツカーは状態が悪くても、高値で取引されています。海外では日本ほど年式や走行距離が気にされないため、走りさえすれば買い手はつきます。 人気の車であれば廃車寸前の車でも高値で売れるため、海外への販売ルートを持つ業者に買取を依頼すれば、高値で引き取ってくれることが多いでしょう。

部品を外して販売する

故障して動かない場合でも、分解すれば使える部品が残っていることは多いです。廃車され動かなくなった車は、部品を外して中古品として販売されます。中古部品でも物によっては高値で取引されることもあり、特にスポーツカーの部品は価値がつきやすいです。動かない車でも買い取ってもらえるのは、分解すれば貴重な中古部品が手に入る可能性があるからです。

資源としてリサイクルされる

スクラップ業者に引き渡した場合でも、そのまま廃棄処分されるわけではありません。スクラップ業者では、車を解体し、金属や樹脂に分けて資源としてリサイクルします。使える部品はそのまま中古品として利用し、使えない部品でも溶解すれば資源として再利用は可能です。 車のリサイクルは、自動車リサイクル法で決められており、細かくリサイクルの方法は指定されています。廃車はほとんど無駄にならず、他の製品の一部として再利用されます。

 

スポーツカーを手放す時は信頼できる業者に依頼

スポーツカーは廃車率が高いため、購入時には手放すときのことまで考えることが大切です。廃車した車は無駄にはならず、何らかの方法で再利用されますので、信頼できる業者に渡して、スムーズに廃車手続きを進めましょう。

-廃車

Copyright© 中古車買取に関するコラム | カーネクスト , 2019 All Rights Reserved.