BMWの中古車を入手する。購入時のポイントや注意点など

中古BMWを購入?こんなところに気をつけて

BMWは高級外車の代名詞であり、一度は乗ってみたいと憧れを持つ人は多いでしょう。しかし、価格の高い外車で、かつ高級モデルとなればコストは非常に高く、諦めざるをえません。新車での購入は難しいBMWですが、実は中古車でならお得に購入できる場合もあります。 中古車を購入する際には、状態がよく、お得な値段で販売されているものを選ぶことが大切ですが、外車ならではの購入のポイントもあります。中古のBMWの特徴と購入時のポイントを知り、憧れの車をお得に手に入れましょう。



BMWの認定ディーラーと中古車

中古車を購入する場合、車の状態を見極めることはもちろん、販売している業者の見極めも大切です。業者によって扱う車の量や種類は違い、強みのある分野も異なります。業者の選び方を間違えれば、中古車を購入して損をすることもあり、場合によっては欲しい車自体が見つからないこともあります。 特にBMWのように、高級で人気なモデルは、通常の中古車と同じ方法では見つけづらいです。BMWを中古で購入する際に利用したいのが、BMWの認定ディーラーです。認定ディーラーの特徴を把握して、中古車の購入に役立ててください。



BMWの正規ディーラーが保有する中古流通チャネル

BMWの認定ディーラーとは、国内のBMW正規ディーラーが保有する、中古車流通チャネルです。ディーラー公式の中古車販売の窓口であるため、中古車販売でありながら、車の質やサービスの内容は充実しています。認定ディーラーでは、premium, approved, usedの3つのサービスパッケージを展開しており、それぞれで扱う車の特徴が異なります。 premiumは、2年間走行距離無制限保証をつけたパッケージであり、購入前に最大100項目の点検を受けてから納車が可能です。中古車販売の中でももっとも充実したサービス内容であり、質が高い分販売価格も高いです。 approvedは、1年間走行距離無制限保証であり、premiumのひとつ下のグレードと考えましょう。さらにその下にはusedがあり、これは6カ月間保証で、走行距離は5,000km以内に限定しています。自分に合ったパッケージから選べば、より納得した車が購入しやすいです。

BMW中古車のファイナンスサポート

認定ディーラーでは、ファイナンスサポートも充実しており、ディーラーが用意したローンを利用して、中古車を購入できます。認定中古車で利用できるローンは、BMW認定中古車バリューローンとスタンダードローンの2つです。 バリューローンでは、車両本体価格の一部を、あらかじめ最終回の支払分として据え置くローン方式です。最終回の支払いを据え置くことで、月々の支払額を軽減できるため、より購入しやすいです。スタンダードローンは、支払期間やボーナス併用を自身のニーズに合わせて設計できるため、無理なく返済しやすいです。

BMWの中古車の品質保証

BMWは世界中で愛される高級車のメーカーであり、中古車であっても充実した品質保証をおこなっています。新車だけではなく、中古車まで網羅した手厚いサポートが、世界中で愛されている理由のひとつと言えます。 中古車は購入後のサポートや保証が気になることも多いため、品質保証の有無は重要なポイントです。BMWではどんな品質保証があるかを知り、中古車の知識を深めてください。

BMWの車両品質評価制度

BMWでは、認定中古車に対して車両品質評価制度を適用しており、厳しいチェックによって品質を確かめてから販売されています。車両品質評価制度は、第三者機関のAISによっておこなわれており、300項目以上の検査をして、評価点と星の数を決定します。 評価点は車の走行性能に関する総合的な評価、星は外装と内装それぞれの状態を表したものです。明確な基準によって評価が決定しているため、評価点と星の数を参考にすれば、状態を正しく把握して購入できます。ユーザーにも分かりやすい指標を設けることで、品質を開示して、購入のハードルを下げているのも人気の秘密です。第三者機関の検査が評価の点数を決めていますので信用度も高く、安心して参考にできます。

BMWのメーカー保証延長制度

BMWは認定中古車にもメーカー保証がついており、premiumの認定中古車なら、新車保証期間経過後の延長制度があります。延長は1年と2年が選択でき、同時に24時間サポートが受けられる、エマージェンシー・サービスへの加入も可能です。 premiumの認定中古車なら、もともとの品質がよいのはもちろん、手厚い保証も受けられますので、万が一の故障のリスクにも備えられます。保証期間内なら、無料で修理が可能ですので、中古車を購入するなら、延長保証への加入がおすすめです。

外車の中古車について知っておくべきこと

BMWを中古で購入する際には、BMWならではのポイントだけではなく、外車ならではのポイントを知っておくことも大切です。外車を中古で購入する際のポイントは、国産車とは異なっており、その違いを正しく把握することが、購入後の後悔を減らします。 憧れの外車も中古なら手が届きやすいですが、中古だからこそ知っておくべきこともありますので、正しく把握して後悔なく車を購入してください。

外車の中古車は国産車に比べて買取価格が低い

新車では高級モデルとして人気の外車も、中古車市場では需要が低く、買取価格は低いです。同じグレードなら、国産車のほうが高く売れるため、売却時には高額査定が望めないことは理解しておいてください。外車は故障しやすい、修理代が高いなどのイメージから、中古での購入を避ける人が多いです。 中古車の価格は市場の需要によって決まるため、需要の低い外車は買取価格が低く、販売価格も安く設定されています。

故障した際の修理代が国産車に比べて高い

外車は修理する場合、部品をすべて海外から取り寄せるため、修理代は国産車に比べて高いです。部品自体は安くても、取り寄せだと運搬に費用がかかるため、全体のコストは高くなります。加えて外車は国産車とは構造が異なるため、修理には特別な知識や技術が必要です。 スキルが必要なため作業工賃も割増しになることが多く、メンテナンスにかかる費用は高くなりやすいと考えおいてください。

外車の品質は向上しており故障はかつてほど多くない

外車=故障しやすいとイメージする人は多いですが、最近では品質が向上しており、故障率は国産車とそれほど変わりません。特にBMWの故障率は、一部の国産メーカーと同程度ですので、品質的な心配は少ないです。 故障すれば修理費は高くつきますが、丁寧に扱っていれば、それほど頻繁に故障するわけではありません。使いかた次第では、修理費をかけずに済みますので、維持費を抑えるためにも丁寧に扱い、こまめに手入れをして故障を予防することが大切です。

ディーラーが少ないのでサービス体制に不安がある

外車のディーラーは数が少ないため、サービス体制に不安があります。外車の構造は特殊なため、整備工場では修理してもらえないことも多く、ディーラーに依頼して、点検、整備はしてもらわなければなりません。近くにディーラーがあれば問題はありませんが、すぐに利用できる場所になければ、購入のリスクは高いです。

国産車に比べて維持費が高い

外車は国産車に比べて保険料率の区分が高く、燃料もハイオクガソリンが必要となるため、維持費も高くなります。また、故障率が国産車と同程度といっても、長く使えば故障のリスクは年々高まり、修理が必要な箇所も増えます。経過年数が長くなれば、車検を通す際に部品交換や修理の必要な箇所が増え、費用も高くつくので注意が必要です。 車の状態によってどれだけメンテナンスに費用がかかるかは異なりますが、場合によっては整備だけでも高額になります。保険料や税金の支払いと合わせれば、全体のコストは高くなるため、維持費が跳ね上がりやすいことは理解しておく必要があります。

BMWの中古車購入に当たっての注意点

BMWは中古車ならお得に購入できることが多いですが、注意点もあります。注意点が守れていないと、購入後に後悔をする可能性もあるので気をつけてください。注意点を把握し、上手に選んでお得にBMWを購入してください。

モデル落ちした車種は中古価格が下がる

外車は最新モデルに人気が集まりやすく、中古車市場でも最新モデルなら高値で取引されています。しかし、新しいモデルが出て型落ちとなれば、前モデルの中古価格は一気に下がります。よりお得に購入したいなら、最新モデル発表後の前モデルを狙うのがおすすめです。 モデル発表のタイミングで、価格は大きく変動しますので、最新モデルが発売されるタイミングを把握して、買い時を選んで購入してください。

ディーラー登録の新古車は価格メリットが高い

国内ディーラーでは、販売実績を達成するために、ディーラーで新車登録をすることがあります。ディーラーで登録された車は、新古車となりますが、扱いとしては中古車と同じです。新古車は試乗で少し使われた程度のものが多く、状態はほとんど新車と同じです。 新車同然の車を中古車価格で購入できますので、新古車が売りに出されていれば必ずチェックしてください。

BMWの代表的な車種シリーズラインナップ

BMWでは多くのシリーズが販売されており、どれを選ぶかで使い心地や購入価格は異なります。中古車を購入する際には、使用用途や予算に合わせて選ぶことが大切ですので、それぞれのシリーズの特徴を把握するのは重要です。代表的な車種のシリーズラインアップを知って、どれが自分に合っているか確認しておきましょう。

BMW1~7シリーズの中古車

BMWは1~7シリーズまであり、それぞれで特徴が異なります。代表的なのは1,3,5シリーズであり、1シリーズはコンパクトタイプで、中古価格50~150万円。3シリーズは、プレミアムコンパクトタイプで、150~300万円。5シリーズはセダンタイプで、300~600万円です。

BMW Mモデルの中古車

BMW Mモデルは、ハイパフォーマンスのスポーツモデルであり、価格は標準モデルの約2倍です。価格は高いですが、その分確かな性能が備わっており、コスパは高いです。スポーツモデルの車が欲しいなら、一度検討してみるのがおすすめです。

BMW Xシリーズの中古車

BMW Xシリーズは、SUVモデルです。X3で250~500万、X5で350~700万と同じモデルでも価格の幅が広いので注意が必要です。価格は状態によって異なりますので、予算と相談しながら、品質と価格が釣り合ったものを選んでください。

BMW iシリーズの中古車

BMW iシリーズは、電気自動車のプラグインハイブリッドカーです。次世代モデルとして注目されていますが、流通量は少なく、中古の市場にはほとんど出回っていません。見つけるだけでもかなりの手間と時間がかかりますので、新車での購入を検討したほうが無難です。

中古で憧れのBMWを手に入れる

憧れの外車であっても、中古なら比較的手が届きやすく、購入のハードルは低いです。外車は新車こそ高いですが、中古車市場では需要が低いため、大幅に値下げされているものも少なくありません。もちろん、安いからといってそれだけで買うのは危険で、車の特徴や状態を見極めた上で決めることが大切です。 上手に選べば高級外車でもお得に購入できますので、じっくり見極めて憧れのBMWをお得にゲットしてください。

廃車費用は全て無料(レッカー代、書類手続き代行)のカーネクストにお問合せするのはこちらから