中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

家族名義の車の廃車方法は?複雑な廃車手続きの手順や注意点

家族から譲渡を受けた車を名義変更をせずに乗り続けている人は、廃車手続きの代行を承った際によくあるように感じます。
家族名義の車を譲渡されて名義変更をしていない、家族が車に乗る機会が少なくなったため代わりに廃車を依頼されたなどの時、車の名義が他人名義や家族名義であっても、車を廃車処分することは出来るのでしょうか?
車の廃車処分に必要な廃車手続きは、基本的に所有者本人による本人名義の車しかできません。他人名義の車やたとえ家族名義の車でも勝手に廃車はできないのです。特に普通自動車の廃車手続きをする場合、所有者の名義者当人が必要書類を揃えて、手続きの準備をします。もしも所有者本人から廃車手続きの代行依頼受けたり、家族から譲渡された車の廃車手続きをすすめたいという方はどのようにすれば廃車が出来るのか気になりますよね。実は他人名義の車、家族名義の車でも廃車できる方法はあります。こちらでは他人名義、家族名義の車を廃車するにはどのような方法があるのかを詳しくご紹介します。名義が本人ではない場合、一定の手続きを踏まなければならないため、手順やポイントを知り、スムーズに手続きを完了することが出来るように、ぜひ参考にご覧ください。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

家族名義の普通自動車を廃車にする時の手順

廃車は基本的には所有者本人名義のものしかおこなうことができないため、家族名義の普通自動車を廃車するには、正しい手順を踏まなければなりません。家族名義の車の廃車は、通常の廃車方法とは少し勝手が異なるため、違いに注目して流れを確認することが大切です。全体の流れと手順ごとのポイントを知り、家族名義の車の廃車時の参考にしてください。

所有者の変更手続きを行う

廃車をおこなえるのは車が本人名義になっていることが基本のため、まずは所有者の変更手続きをおこないます。車の名義者は車検証の所有者の欄に記載されているため、現在の所有者から以下の書類を受け取らなければなりません。

  • 旧所有者の印鑑登録証明書(取得から3か月以内の物)
  • 印鑑登録された実印の準備
  • 譲渡証明書
  • 委任状

これらの書類を用意してもらい、運輸支局で名義変更をおこなうことで、家族名義から使用者本人の名義の車になるため、自由に廃車が可能です。また、名義変更をしなくても、委任状だけを使って廃車手続きの代行もできます。廃車をするための手続きで、車を譲渡する必要がない場合は、名義変更の手続きは手間になります。名義変更手続きを省略し、委任状を使って速やかに廃車手続きをおこないましょう。この場合も、委任状には所有者の情報を記載しなければなりません。

解体業者に引き取りを依頼する

名義変更をした後、解体業者に引き取りを依頼し、車をスクラップにしてもらいます。廃車には「永久抹消登録」と「一時抹消登録」の2つがあり、解体を伴うのは永久抹消登録です。一時抹消登録の場合は、解体の必要はないため、名義変更が完了した時点ですぐに廃車が可能です。 スクラップを依頼し、車を引き渡すと、「移動報告番号」と「解体日のメモ」がもらえます。これらは永久抹消登録の際に必要な書類であるため、なくさずに保管しておかなければなりません。また、スクラップに関しても名義者以外がおこなうことはできないため、「委任状を作成する」「名義変更によって自分名義の車にする」のどちらかが必要です。 名義変更が完了しているなら、再度委任状の作成の必要がないため、永久抹消登録をおこなうなら、面倒でも名義変更をしたほうがスムーズです。

廃車の引き取りには費用がかかる場合も多いですが、実は無料で引き取ってもらうこともできます。どうすれば廃車に費用をかけずに済むのか、その方法を知って、お得に愛車を処分しましょう。

→【廃車の無料引き取りの方法】手続きや注意点などもご紹介

永久抹消登録の手続きを行う

家族名義の普通自動車に適切な解体処理を行い、解体業者より廃車手続き時に必要な解体に関する情報を取得した後は、管轄の運輸支局で永久抹消登録をおこないます。永久抹消登録に必要な書類は、以下の通りです。

  • 旧所有者の印鑑証明書
  • 自動車検査証原本
  • ナンバープレート前後面の2枚
  • 解体業者に解体を依頼し取得した「移動報告番号」と「解体完了日のメモ」
  • 抹消登録に必要な手数料分の印紙を貼付た手数料納付書
  • 永久抹消登録申請書
  • 自動車税・自動車取得税申告書

手数料納付書以下の書類は、当日運輸支局で入手が可能です。また、廃車は業者に依頼して代行してもらうことも可能であり、その場合は当日入手の書類は必要ありません。一時抹消登録をおこなう場合は、「移動報告番号」と「解体日のメモ」が不要で、当日入手の書類が一部異なるため、間違えないよう注意が必要です。

税金の還付を受ける

車は廃車手続きが完了することで、「自動車税」「自動車重量税」の還付を受けられます。還付の要件は税金ごとに違い、自動車税は普通自動車ならすべての場合で還付、自動車重量税は永久抹消登録の場合に限って還付されます。 また、自動車税は廃車した翌月から年度末までの期間、自動車重量税は車検の残存期間での還付となるため、場合によっては還付金がない場合もあるため注意が必要です。自動車重量税に限っては、永久抹消登録時に、還付の申請が必要なため、忘れないよう手続きをおこないましょう。 税金の還付は、業者に廃車手続きを代行してもらった場合でも受け取れます。また、保険期間が残っている場合は、自賠責保険料の還付も可能なため、廃車手続きが完了した後、速やかに保険会社に連絡し、保険を解約することが大切です。

家族名義の車を廃車にする時の注意点

家族名義の車の廃車は所有者本人の名義の車とは異なり、書類の準備なども点が多いため、手続きも複雑になりやすいです。手順をきちんと守れていないと、手続きがスムーズに進められないこともあるため、注意しなければなりません。また、場合によってはトラブルに発展してしまい、さらにややこしい事態に巻き込まれる可能性もあります。注意点を正しく把握し、リスクを回避して上手に廃車手続きを完了させてください。

勝手に廃車にしない

家族名義の車や他人名義の車は、原則勝手に廃車にしてはいけません。特に、他人名義の車を本人の許可なく廃車した場合、器物損壊罪にあたるため、損害賠償を請求される可能性があります。故意ではない場合でも、法律上は違法行為に当たるため、必ず「名義を変更する」「所有者からの許可を得る」のどちらかが必要です。 家族名義の車だからといって、家族間でも勝手に廃車にしてトラブルに発展するケースは多いため、必ず所有者に話を通してから廃車手続きをおこなわなければなりません。
また、私有地や土地を所有していて、その土地に放置車両がずっとあって困っているというお悩みを持った土地の所有者の方からのご相談もあります。放置車両であっても、車の所有者が他人名義の場合は勝手に廃車することが出来ません。手順を踏んで廃車しなければ、もしも廃車後に車の所有者が現われて車の返却を求められた場合、損害賠償請求権は名義人に成り立ってしまうのです。

困ったら弁護士を頼る

他人名義の車の廃車は、法律上の問題が絡むため、困ったら弁護士を頼るのがおすすめです。「所有者と連絡がつかない」「すぐにでも廃車が必要なのに許可がおりない」など、手続きが止まってしまう場合は、弁護士に相談しましょう。 弁護士ごとに専門分野が違うため、「車関係の知識が豊富」「資産関係の専門」などの弁護士がおすすめです。弁護士に相談することで、法的な解決方法が見いだせる可能性もあるため、困ったときは独断で手続きを進めず、専門家に相談してください。放置車両に関しては、行政機関や警察署で一度相談してみることをおすすめします。

所有者が死亡した場合は必要書類が異なる

所有者が亡くなっている場合、新しい所有者は相続人になるため、廃車の際に必要な書類が異なります。特に、普通自動車に関しては自動車の価値を確認できる査定士の判断がない限り、資産としての取り扱いになります。普通自動車が亡くなった家族の名義になっていて、廃車をしたいがどうしたらいいかというご相談をよくお受けします。普通自動車の場合、所有者が死亡しても車の名義は消滅するわけではなく、相続人に資産として遺産相続されます。相続人が廃車をおこなう場合は、相続の手続きが完了しているなら、自分名義になっているため、特に問題はありません。 しかし、廃車を考えている人が相続人本人ではない場合は、相続権を持つ人が複数人いる場合は相続人間で話し合い、廃車の手続きを進める必要があります。相続の段階で自分名義に変更することは難しいため、基本的には相続してから、さらに名義変更をおこない、所有権を移動させ、廃車にするのが基本の流れです。

所有者が法人の場合はよく話し合う

ローンで車を購入している場合は、所有者が法人になっている可能性が高いため、この場合は担当者とよく話し合わなければなりません。所有者が個人でも法人でも、他人名義の車の場合は勝手に廃車できない点は共通しています。 そのため、廃車するには、法人の所有者と相談し、所有権解除をおこなってもらわなければなりません。ローンの残債があっても、一括で返済できる場合は完済してローン会社に名義変更を依頼し、使用者の名義に名義変更してもらい廃車する方法もあります。ただしローンでの残債があるが返済が出来ない場合、所有権解除の依頼を受けてもらえないこともあります。完済がすぐに出来ない車をどうしても廃車したいという場合は、ローン会社に借り換えや分割返済の了承が得られないか、廃車条件について相談しましょう。所有権留保が解除されているならローン残債があっても廃車は可能ですが、廃車にしても支払い義務は残るため注意が必要です。

状況に合わせた手段を選択しよう

家族名義の車・他人名義の車を廃車にする際には、通常とは違って複数の手順を踏み、手続きをおこなわなければなりません。ひとくちに家族名義・他人名義といっても、状況によっておこなうべき手続きは異なります。状況に合わせた手段を選択し、トラブルのないようスムーズに廃車手続きを完了させてください。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト