中古車売却 中古車買取 コラム

事故

交通事故が発生しやすい場所。運転時の注意点などもご紹介

更新日:

車に乗っていれば、常に事故のリスクは付きまといますが、場所によっても事故が発生するリスクや確率は大きく違ってきます。事故が起きやすい場所はさまざまありますので、それらを把握して、安全運転を心がけることが大切です。事故が起きやすい場所と運転時の注意点を知って、事故のリスクを下げて安全に車を使用しましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

事故が起きやすい場所の特徴

車に乗っていれば誰でも事故を起こす、あるいは巻き込まれる可能性があります。どれだけ安全運転をしていても、常に事故のリスクはありますが、特に事故が起きやすい場所では、注意深く運転することが大切です。事故はどこでも起こる可能性がありますが、場所によって、確率の高い低いはあります。どんな場所で事故が多発しているかを知り、運転時に注意すべきポイントを把握しておきましょう。

カーブが多くて見通しの悪い道路

カーブが多くて見通しの悪い道路は、操作ミスなどで事故が起きる可能性が高いので注意しなければなりません。見通しが悪いと、出会い頭での事故も多発しますし、カーブでスピードを上げ過ぎて、曲がり切れずに激突するということもあります。 車同士でぶつかるだけではなく、単独でも事故を起こす可能性があることは理解しておきましょう。また、カーブが多い場合、雨や雪などでスリップする可能性もありますので、天候によってはさらに事故のリスクが高くなります。

市街地などの生活道路

車通りが少ない、市街地などの生活道路も注意が必要で、歩行者が多いと事故の可能性は高くなります。特に子供の多い地域などは、ふいに子供が飛び出してくる可能性もあるので注意しなければなりません。生活道路は道が狭いことも多く、操作もしづらいためゆっくり走行することが大切です。 スピードを出していて人や物にぶつかる事故が多く、場合によっては重大な事故に発展することもあるので注意しましょう。

信号のある交差点

信号のある交差点は一見安全に見えますが、実は事故が多いポイントのひとつです。信号があることで油断してしまいがちな人は多く、交差点内で直進車と右折車の衝突事故が起きることは多いです。青信号だからとスピードを落とさずに直進する車と、無理に曲がろうとする右折車で衝突し、交差点内に障害物ができることで、第二、第三の事故に繋がる可能性もあります。

横断歩道のある道路

横断歩道は歩行者が優先ですが、それに気づかずに走行している車は多いです。一方で歩行者も自分が優先だと思って左右確認を怠るなどして、接触事故を起こす可能性は高いので注意しましょう。横断歩道がある道路では、人通りが多いため、特に事故は多い傾向にあります。 歩行者と車の運転者の認識のずれによって事故が起きることも多いので、横断歩道を見つければ歩行者がいないか、車がいないかお互いによく確認することが大切です。

事故が起きやすい場所を走行する時の注意点

事故が起きやすい場所はさまざまありますが、事故のリスクを避けたいからといって、それらの場所を必ずしも避けられるわけではありません。目的地までの道のりを考えれば、事故の可能性が高い場所を走行しなければならないことも多いため、危険な場所を走行する際の注意点を知っておくことが大切です。 事故が起きやすいからといって、必ずしも事故が起きるわけではありません。注意して走っていれば防げる事故も多いため、ポイントを把握して安全運転を心がけましょう。

安全確認を徹底しておこなう

事故が多い危ない場所を走行する場合は、いつも以上に安全確認を徹底しておこなうことが大切です。事故のリスクを下げるためには、常に安全運転を心がけることが大切ですが、事故が多い場所では、特に注意深く運転しましょう。 歩行者の多い道路ではスピードを落とす、交差点に進入する際には左右をしっかり確認するなど、意識次第で変えられることはたくさんあります。少し気をつけるだけでも、事故発生のリスクは下がりますので、注意深く周囲の状況をチェックして、安全確認を徹底しましょう。

暗くなったら早めにライトを点灯させる

夜間の走行時にはライトをつけますが、事故を防ぐためには早めにライトをつけておくことが大切です。事故は暗くなる夕方の時間帯から増え、ライトをつけるかどうか迷う、中途半端な暗さの時は危険度も高いです。ライトをつけていれば、薄暗い中でもしっかり周囲の状況を確認することができ、より安全に運転できます。 加えて歩行者に車を意識させることもできますので、存在を認識させることで、飛び出しなどの事故も防げます。

時間に余裕を持って行動する

事故を回避するには、余裕を持って運転することが大切ですので、時間の管理も徹底しておこないましょう。時間に追われて焦って運転していると、判断ミスや操作ミスなどによって事故を起こしてしまうことが多いです。 車の運転は非常に繊細なものであり、少しの気持ちの焦りが取り返しのつかない事態を生んでしまうこともあります。時間に余裕を持って行動することを心がけて、焦らずリラックスして運転できるようにしておきましょう。

適切な車間距離を取る

事故を起こさないためには、車同士お互いに配慮を持つことが大切です。早く前に進みたいからといって、車間距離を詰めすぎるのは危険ですので、適切な距離を取って、きちんと安全を確保しておきましょう。車間距離が短すぎると、急停止した際などに追突してしまう可能性が高いです。 反対に車間距離を開けすぎていると、横入されてぶつかる可能性もあるので注意しなければなりません。車間距離は長すぎず短すぎない適切な距離を意識して、どんな事態にも対応できるようにしておきましょう。

交通ルールを改めて確認しよう

事故を起こさないためには、交通ルールを改めて確認しておくことが大切です。当たり前のことほど、忘れてしまっていることは多く、少しの油断が事故を招きます。基本に立ち返って安全運転を心がけ、事故のリスクを上手に回避しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-事故
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト