中古車売却 中古車買取 コラム

購入

走行距離が5万キロの中古車について。購入時のポイントなど

更新日:

中古車を購入する際には、車の状態をしっかりと見極めることが大切です。車によって状態が異なるため、中古車は質の良いものと悪いものが混在しています。質の悪いものを買ってしまうと、いかに安く購入できたとしても損をする可能性が高いです。 中古車購入のポイントはさまざまありますが、特にチェックしておくべきなのが走行距離です。走行距離は車の状態を確認するための重要な要素であり、5万キロがひとつの目安となります。5万キロの中古車の状態を正しく知り、品質の良いものを上手に選びましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

自動車はどのくらいまで走れるのか

そもそも車はどのくらい走れるのかですが、一般的には10万キロが寿命と言われています。これはエンジンなど、走行性能に関係する部品が故障、あるいは交換の必要性が出るからです。また、10万キロが寿命といっても、使い方次第ではさらに長持ちすることも多く、しっかりメンテナンスをすれば倍の20万キロ以上走ることも少なくありません。 最近の車は性能が高いことも多く、長持ちするものが多いため、走行距離5万キロ程度であれば、まだまだ問題なく使えるでしょう。

走行距離5万キロの中古車を購入する場合

走行距離5万キロの中古車を購入する場合は、車の特徴やメリット、メンテナンスの必要性などを把握しておくことが大切です。これらは中古車を上手に購入するための重要なポイントですので、正しい認識を持って車を選びましょう。

5万キロの中古車でも大丈夫

5万キロの中古車は、状態としては比較的良いものが多く、品質としては安心と言えるでしょう。現行モデルの車は、耐久性が向上しているものが多く、5万キロ程度であればほとんど問題にはなりません。また、一般的に普通車よりも軽自動車のほうが耐久性は劣るとされていますが、軽自動車でも10万キロ以上走れるものは増えています。メンテナンス次第ではまだまだ長持ちしますので、5万キロであれば購入しても問題はないでしょう。

5万キロを超えた中古車購入のメリットについて

走行距離が5万キロを超えた中古車を購入するメリットとしては、購入価格の安いことが挙げられます。走行距離は長くなるごとに車の価値は下がり、5万キロだと新車時と比べれば半分程度の価値になっていることが多いです。 中古車はできるだけ走行距離の短いものを購入したいと考える人が多く、5万キロを超えると購入したいと考える人は少なくなります。中古車の価格は市場の需要によって左右されますので、需要がなくなることで価格が大きく下がることも多いです。

必要なメンテナンスについて

走行距離は5万キロ程度であれば、特に問題なく購入できますが、長持ちさせるためにはしっかりメンテナンスをしなければなりません。エンジンオイルやタイミングベルト、緩衝材の交換などは、5万キロを超えた時点から必要になることが多いです。 中古車の場合、整備の状況は前オーナーによって異なり、場合によってはすでに各部品が交換済みであることもあります。すぐにメンテナンスが必要になるわけではありませんが、今後メンテナンスの必要性は増えてきますので、しっかり整備されている車であれば、安心度は高いでしょう。

走行距離と年式の関係

中古車を購入する際には、走行距離だけではなく年式のチェックも必要です。走行距離は、基本的には1年で1万キロ程度が適切とされており、これを超える場合は過走行で劣化が激しい可能性が高いです。また、反対に1万キロを大きく下回る場合は、長期間放置されている可能性が高く、これも状態としては良くない場合が多いでしょう。 車は使いすぎれば傷みますが、使わなさすぎても劣化していきます。走行距離5万キロの中古車を購入する場合は、年式5年程度のものを選ぶのがおすすめです。

中古バイクの走行距離5万キロの場合

中古のバイクを購入する際にも、走行距離のチェックは欠かせません。車であれば5万キロ程度なら問題ありませんが、バイクの場合はどうなのか知っておきましょう。

バイクの寿命はどのくらいか

バイクのエンジンは車よりも消耗が激しいため、車以上にこまめなメンテナンスが必要です。メンテナンスによって寿命は大きく変わりますが、上手に使えば20万キロ以上は走れます。車同様に5万キロ程度であれば問題ないケースも多いですが、メンテナンスの状況に左右されやすいことは理解しておきましょう。

走行距離5万キロのバイク

バイクは走行距離が5万キロを超えたあたりから、各部に劣化が見られるので注意が必要です。オイルや冷却水の漏れなど、エンジンにトラブルが起きたり、タイヤやチェーンなどの交換が必要になったりする場合もあります。バイク本体としてはそれほど問題がないことは多いですが、各部の状態が重要になるので、購入の際にはこまかくチェックしておくことが大切です。部品の交換など、メンテナンスをきちんとしているものであれば、購入のメリットは高いでしょう。

5万キロ越えの中古車を購入するときの注意点

5万キロ超えの中古車を購入する際には、定期点検記録簿や整備手帳などを確認し、メンテナンスの状態をチェックしておくことが大切です。メンテナンス状況によって、車の質は大きく異なりますので、細部まで確認して、状態をよく確認しておかなければなりません。 また、修復歴の確認も必須で、修復歴ありの車は選ばないようにしましょう。走行距離5万キロを超えた中古車は、市場ではほとんど価値がないとされますので、売却時の査定額は期待できません。売却しても、ほとんどお金にならないことは理解しておきましょう。

5万キロ走行の中古車でもメンテナンス次第でまだ乗れる

5万キロを超えると、走行距離は長いと思う人も多いでしょうが、メンテナンス次第ではまだまだ十分乗れるものも多いです。車やバイクの寿命は、メンテナンスによって大きく左右され、しっかり手をかけていれば20万キロ以上走ります。5万キロなら状態のよい車も多いため、ポイントを把握して上手に選び、中古車をお得に購入しましょう。

車の買い替えを検討の場合

今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。

近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路持ちのカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。なお、カーネクストは中古車だけではなく、故障車や廃車の買取も可能ですのでかなり万能な業者となっています。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-購入
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト