中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

廃車のスクラップの費用相場。コスト削減方法や業者の選び方

更新日:

廃車の際、永久に車を使用しないのであれば、スクラップにして処分します。車をスクラップにするには費用がかかりますが、利用する業者や方法によって費用は異なります。スクラップにかかる費用やお得な方法を知って、廃車をスムーズにおこないましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

廃車のスクラップに必要な費用の目安

廃車をスクラップする際には費用が必要です。永久抹消登録の場合は、車を解体しなければ手続きできないため、特に必要な費用となります。また、実際に廃車手続きを完了させるためには、スクラップ後に抹消登録をおこなわなければなりません。車をスクラップしただけでは廃車は完了しておらず、手続きにも費用がかかることがあるので注意が必要です。スクラップから廃車手続きまでの費用を知り、全体でいくらかかるか把握しておきましょう。

解体に必要な費用

解体に必要な費用は業者や車種によって異なりますが、1~3万円程度が相場です。同じ車でも利用先によって費用は違うため、業者選びは慎重におこなわなければなりません。また、業者によっては無料で解体してくれることもあります。 ひとくちにスクラップ業者といっても、それぞれでサービス内容は異なるため、充実したサービスをおこなう業者を見つければ、よりお得にスクラップにできます。

レッカー代などの運搬費用

車をスクラップにするには、スクラップ業者に持ち込まなければなりません。車が自走できない場合は、持ち込むためにレッカーが必要となり、運搬費用が発生します。レッカー代は利用する業者や距離によって異なりますが、1~3万円程度が相場です。 運搬の距離が長くなるほど、費用は高くつきやすいので注意しましょう。また、自分で業者に持ち込めば、レッカー代は不要ですので、運転できるなら可能な限り持ち込むのがおすすめです。

廃車手続きの代行手数料

業者に廃車を依頼する場合、代行手数料がかかります。業者ごとに手数料は異なりますが、1~2万円程度が相場でしょう。場合によっては、代行手数料無料でおこなう業者もあるため、念入りに探すことが大切です。廃車手続きは、自分でおこなえば永久抹消登録の場合無料、一時抹消登録の場合登録手数料の350円でおこなえます。 代行手数料は高くつきやすいですが、その分スムーズに手続きが完了できるため、場合に応じて使い分けましょう。

廃車のスクラップ代を節約する方法

廃車のスクラップには手間がかかるため、どうしても費用がかかります。スクラップの費用だけでも数万円することが多いため、永久抹消登録は費用がかかりやすいです。しかし、必ずしも高いお金をかけて廃車しなければならないわけではありません。スクラップの費用も、方法次第で安く抑えられます。節約の方法を知り、お得に廃車をおこないましょう。

車を鉄の重さで買い取ってもらう

スクラップ業者は車のスクラップをおこなうだけではなく、鉄くずとして買取をおこなっている場合もあります。鉄の時価によって価格は変動しますが、普通自動車なら10,000~30,000万円、軽自動はなら3,000~10,000円程度買い取ってもらえることが多いです。 鉄くずとして売却すれば、費用をかけずにスクラップにしてもらえ、かつ多少の利益が残ります。車の状態に関係なく買取は可能ですので、故障して動かない車は、鉄くずとして売却するのがおすすめです。

廃車買取業者への売却を検討する

廃車にするからといって、必ずしもスクラップにする必要はありません。車の状態によっては、買い取ってもらえる可能性もあるため、廃車買取業者への売却を検討しましょう。廃車予定の車でも、人気の車種や状態のよいものは、高値で買い取ってくれることが多いです。 故障している車でも、分解しパーツとしての価値を見出してもらえるため、少なからず値はつきます。すぐにスクラップを選択せず、まずは買取査定に出して、値がつくか確認してから、処分方法を選ぶことが大切です。

車を廃車するときにまず考えたいのが買取ですが、廃車買取業者はどのように選べばいいのかと悩んでしまう人は多いです。廃車買取の業者はたくさんありますが、どの業者を利用するかで買取時の値段などは大きく違ってきます。そんなお悩みの方は必見!
→【廃車買取業者のかしこい選び方】業者によって買取価格は違う

廃車のスクラップを依頼する業者の選びかた

廃車をスクラップする際には、依頼する業者にも注意が必要です。同じ車をスクラップにする場合でも、業者によってかかる費用は異なります。業者の選びかた次第で、最終的なコストが大幅に変わることも多いため、上手な選びかたを知っておきましょう。

認可を受けている

廃車をスクラップするには、都道府県知事からの認可が必要です。これは自動車リサイクル法で定められており、認可業者以外のスクラップは違法ですので注意しましょう。認可の有無は、業者の信頼度を測る重要なポイントです。 無認可の業者を利用すると、トラブルに発展する可能性もあるため、不要なリスクを避けるためにも、必ず認可された業者を利用しましょう。

還付金の説明がある

廃車すれば時期によって、自動車税と重量税が還付されます。業者に依頼した場合でもこれは同じですので、還付金の説明がある業者を選ぶことが大切です。業者によってはろくに説明をせず、還付金をすべて自分たちの利益にしてしまうこともあります。 自動車税は廃車の翌月から次の3月までの期間を月割り計算、重量税は廃車翌月から車検の残存期間に応じて返金されるため、タイミング次第では還付金は高額になります。還付金が正しく受け取れるかで、最終的な費用は大きく違うため、初心者でも丁寧に説明してくれる業者を選びましょう。

自社の解体工場を持っている

自社の解体工場を持っている業者であれば、中間マージンが発生しないため、スクラップの費用も安くなりやすいです。解体工場を持たない業者の場合、解体作業は別の業者に委託となるため、中間マージン分費用を請求される可能性があります。 直接解体してもらえるなら費用はかからず、買取の場合は中間マージン分を上乗せしてくれる可能性もあるため、お得になりやすいです。

信用できる解体業者を見つけよう

車のスクラップをおこなう業者は多いため、どの業者を利用すべきか悩むことも多いでしょう。業者ごとにサービス内容は違うため、入念な下調べをしてから利用先を選ぶことが大切です。信用できる業者を選んで、お得にスクラップし、廃車をスムーズに完了させましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-,

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト