中古車売却 中古車買取 コラム

故障・修理

車の修理に中古パーツを使用する。メリットや注意点など

更新日:

車の修理には各種パーツが必要ですが、パーツにもさまざまな種類があります。メーカー純正品の新品や社外品の新品もあれば、中古のパーツもあり、それぞれで価格は違います。中古のパーツであれば、当然安く購入できますが、修理に使っても大丈夫なのか不安に思ってしまう人は多いでしょう。 中古のパーツといっても、状態はさまざまであり、パーツごとに違いがあるのでしっかり見極めることが大切です。より良い状態のパーツを選んで購入し、中古パーツを使ってお得、かつ上手に車を修理しましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

中古パーツとはどんなものか

中古パーツを購入する前には、まずは中古パーツとはどのようなものなのか知っておくことが大切です。車のパーツにはさまざまな種類があり、中古パーツの中でもそれぞれで特徴が違っています。どのようなものを指して中古パーツと呼ぶのかを知って、購入に役立てましょう。

中古パーツの発生経路

そもそも中古パーツはどこから入手しているのか、という疑問に対してですが、基本的には廃車から部品を取り外したものを使用しています。廃車として引き取った車を解体業者が解体し、使えるパーツを採取して中古品として販売しています。 廃車から部品のもぎ取りをおこないますが、解体して取り外したものがすべて中古品として使用されているわけではありません。基本的には使用できるもののみを中古品として販売し、使えないものは素材としてリサイクルに出しています。 そのため、中古品として販売されているものは、少なくとも使えると判断されたものと言えるでしょう。中古パーツの在庫は解体業者間で情報を共有していますので、それぞれで融通を利かせることが可能です。相談すれば欲しいパーツを見つけてくれることもありますので、利用した業者が扱っていない場合でも、部品が余っていないか聞いてみるとよいでしょう。

リビルト品と中古パーツの違い

中古パーツと似たものとしてリビルト品というものがありますが、これらは全く別物です。リビルト品は中古パーツを洗浄、修理してきちんと使用できる状態にしたオーバーホール品です。中古パーツの場合は、廃車から採取したものをそのまま販売している状態ですので、一度業者によってメンテナンスされているリビルト品のほうが状態はよいでしょう。

リンク品と中古パーツの違い

リンク品はメーカーが修理用に準備しているパーツであり、予備の部品と考えましょう。リンク品も中古パーツから修理しているものではありますが、メーカーによって新品同然に直されていますので、品質はさらに高いです。品質の高さで言えば、リンク品、リビルト品、中古パーツの順番になることは覚えておきましょう。

中古パーツを使うメリット

修理をするなら安全性や品質の高いメーカー純正の新品がよい、と考える人も多いでしょうが、実は中古パーツを使用することにもさまざまなメリットがあります。修理の選択肢はさまざまありますので、中古パーツを使用するメリットを知って、選択肢の幅を広げておきましょう。

中古パーツのコストメリット

中古パーツを使用する最大のメリットは、コストが安い点にあります。中古パーツは部品としての価格が非常に安く、新品の約半額程度で購入できることが多いです。車は自分で修理する場合でも部品代は必須ですので、必須の費用が削減できることで、よりお得に修理ができます。

作業時間を軽減できる

車の修理をする際には、新品を使う場合まずパーツの下処理や付属部品の組み立てからおこなわなければなりません。中古パーツの場合、これらが必要ありませんので、素早く作業を開始でき、修理にかかる時間を短縮できます。 時間の短縮はコストカットにも繋がり、業者に依頼する場合は、作業工賃を割引してもらえることが多いです。部品代と作業工賃の割引を考えれば、修理にかかるコストはさらに安くなり、通常の3分の1程度の費用で直せる場合もあります。

資源の有効利用に貢献できる

車は資源的な価値が高く、パーツはそれぞれリサイクルして使用されています。中古パーツを積極的に利用することは、資源の有効利用にも繋がり、リサイクルにも貢献していると言えます。環境への配慮にも繋がりますので、エコを考えるなら、中古パーツを使用したほうがよいでしょう。

純正中古パーツを使うメリット

中古パーツにはさまざまな種類があり、中には純正の中古パーツもあります。メーカー純正のパーツは、中古品の中では高価になることが多いですが、それでも中古であれば比較的リーズナブルに購入できます。純正品であれば、車との互換性はばっちりですし、基幹部分など、重要なパーツの交換に使用しても問題はありません。 特に中古車の場合は、社外品を使って修理されていることも多いため、純正品を使って修理し、元に戻しておけば、さらに車を長持ちさせやすくなります。車を長持ちさせたいなら、純正品を使うに越したことはありませんので、中古パーツでも純正があればそれを使うのがおすすめです。

リビルト品を使うメリット

リビルト品は中古パーツを洗浄し、修理していますので、信頼できる点が大きなメリットでしょう。価格としては少し割高になりますが、新品に比べれば安いため、コストカットにも繋がります。部品代などを安く抑えたいものの、中古パーツでは品質などが不安と言う人は、質の高いリビルト品を使うのがおすすめです。

中古パーツを使う上での注意事項

中古パーツを使っての修理にはさまざまなメリットがありますが、反面デメリットも存在するので注意しなければなりません。中古品はあくまで劣化したパーツですし、どれだけ状態がよいとしても、新品にかなうものではないことは理解しておきましょう。中古パーツならではの注意点を把握して、上手に部品を選んで修理することが大切です。

中古パーツの品質に関して

中古パーツは品質が保証されているものではありませんので、使用する際には十分な注意が必要です。基本的には使えると判断されたものが販売されていますが、中には故障寸前のものもありますし、走行性能などに影響する基幹部分の修理に使用するのはリスクが高いです。 中古品を使用するなら、車の性能にそれほど影響しない部分に限定するなど、使いどころをきちんと決めておきましょう。また、品質の問題を解消したいなら、リビルト品を使うのがおすすめです。リビルト品なら中古パーツよりは品質がよく、一部品質保証されているものもあります。車のことを考えるなら、品質保証のあるリビルト品を選んだほうが無難でしょう。

リビルト品とリンク品のコア返却制度

リビルト品とリンク品には、コア返却制度というものが設けられており、これは修理する車の交換部品を提供するというものです。いわば下取りのようなもので、交換部品の提供をしなければリビルト品・リンク品は入手できないものと考えておきましょう。 これはリサイクルを促進するための制度であり、環境に配慮したものですので、きちんと守らなければなりません。

中古パーツをうまく使って修理コストを下げる

車の修理にはコストがかかりますが、これは中古パーツを使用することで削減できます。中古パーツでも状態のよいものはありますし、不安であればリビルト品やリンク品を使用するのもおすすめです。中古パーツを使用すれば、部品代が安く済むのはもちろん、作業工賃も安くなることが多く、よりお得に愛車の修理ができます。 車に長く乗るためには、定期的なメンテナンスが必要ですし、中古パーツも使いながらこまめに部品を交換することが大切です。中古パーツを駆使して修理コストを下げ、愛車を少しでも長持ちさせましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-故障・修理
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト