中古車売却 中古車買取 コラム

廃車 手続き

事故車を廃車にする方法。手続きの流れや廃車の判断基準

更新日:

事故で車が大きく損傷すれば、廃車を検討する人も多いでしょう。事故車を廃車にする場合、通常の廃車とはポイントが違うので注意が必要です。使えなくなった車は早めに廃車して、処分することが大切です。事故車の廃車方法を知り、万が一の事態にも素早く対処しましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

事故車の廃車手続きの流れ

事故で車が損傷すれば、落ち込むことも多く、どう対処すればよいか悩む人も多いでしょう。事故に遭ったからといって、必ずしも廃車しなければならないわけではありませんが、損傷の程度によっては、修理できないこともあります。 修理できない、あるいは修理に費用がかかりすぎる場合は、廃車するのがおすすめです。事故から廃車までの一連の流れを知って、スムーズに手続きを進めましょう。

事故車の処分方法を決める

廃車の決断をすれば、まずはどの方法で処分するか決めましょう。事故車は廃車専門の業者に買い取ってもらうか、解体業者に持ち込んで処分してもらうのが一般的です。どちらの場合でも自走できない場合は、レッカーが必要になり、別途費用がかかるので注意しましょう。 レッカー代は1万程度ですので、可能な限り自分で業者に持ち込んだほうがよいです。また業者によってはレッカーを無料サービスにしていることもあるため、サービス内容を含めて利用する業者を選びましょう。

解体業者に事故車を解体してもらう

解体業者に引き渡して処分する場合は、必ず国から認可を受けた工場を持つ業者を選びましょう。認可されていない業者で処分すると違法行為となり、税金の還付が受けられない可能性もあります。認可業者は適切な方法で解体しリサイクルしていますので、環境への配慮を考えても認可業者の利用が大切です。 業者に車を引き渡せば解体証明書が発行されます。これは廃車手続きの際に必要ですので、なくさないよう保管しましょう。

廃車に必要な書類を集める

廃車時に必要な書類は、永久抹消登録と一時抹消登録で異なります。永久抹消登録の場合は以下の書類が必要です。

  • 所有者の印鑑証明書
  • 車検証
  • ナンバープレート前後面の2枚
  • 「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き
  • 手数料納付書
  • 永久抹消登録申請書(及び解体届出書)
  • 自動車税・自動車取得税申告書

手数料納付書以下の書類は、運輸支局の窓口で廃車手続き当日に入手します。一時抹消登録の場合は以下の書類が必要です。

  • 所有者の印鑑証明書
  • 車検証
  • ナンバープレート前後面の2枚
  • 手数料納付書
  • 一時抹消登録申請書
  • 自動車税・自動車取得税申告書

これも手数料納付書以下の書類は、当日に入手します。廃車手続きを誰かに代行する場合は、さらに委任状が必要です。

運輸支局で廃車の手続きをおこなう

廃車手続きは、廃車する車の本拠地を管轄する運輸支局でおこないます。手続き時に必要な書類は上記のとおりで、一時抹消登録の場合、登録手数料として350円必要です。軽自動車の場合は、運輸支局ではなく軽自動車検査協会でおこないますので、間違えないようにしましょう。また業者に廃車を代行してもらう場合は、業者に書類を提出すればあとは手続きの完了を待つだけです。

税金の還付を受ける

廃車の時期や方法によって、税金が還付されます。還付されるのは自動車税と重量税の2つで、それぞれ条件は異なるので注意しましょう。自動車税は廃車の翌月から次の3月までの期間を月割りで計算し返金されます。 廃車方法に限らず返金は受けられ、廃車登録によって申請が完了しますが、軽自動車の場合には還付はありません。重量税は廃車の翌月から車検の残存期間に応じて金額が決定し、これは軽自動車でも還付されます。重量税の還付は永久抹消登録に限られ、廃車時に申請が必要なので注意しましょう。

車両保険を請求する

車両保険に加入している場合は、プランに応じて保険金が受け取れます。全損すれば上限額いっぱいまで請求できますので、必ず保険会社に連絡し請求しましょう。また、相手に過失がある場合には、相手の対物賠償保険から、過失割合に応じた補償も受けられます。廃車にした場合でも保険金は受け取れますので、それぞれ必ず請求しましょう。

事故車を廃車にする判断基準

事故で車が損傷すれば、廃車を考える人も多いでしょう。しかしひとくちに事故といっても、車が全損するような重度な事故の場合もあれば、少しの傷で済むこともあります。事故による被害は状況に応じて違うため、どの程度なら廃車すべきか悩む人は多いです。 事故に遭ったからといって、必ずしも廃車が必要なわけではなく、廃車して損をすることもあります。事故後の車の扱いを決めるためにも、どの程度なら廃車にすべきか、判断基準を持つことが大切です。

修理代が保険で賄えない

事故による損傷が激しく、修理代が高い場合は廃車を検討するのがおすすめです。とくに保険を使っても自己負担分が出てしまう場合は、すぐに廃車したほうがよいでしょう。よっぽど思い入れがあれば別ですが、自己負担をしてまで修理して乗るのは、デメリットが大きいです。 損傷が激しい場合は修理しても完全に直るとは限らず、不具合が残ることも多いです。せっかく修理しても、すぐに故障してしまい廃車するというケースもありますので、被害が大きければ速やかに廃車を検討しましょう。

完全に水没している

事故によって落水し、完全に水没した場合も廃車がおすすめです。水没車は電気系統が故障しており、これは修理しても完全には直りません。修理直後は使えても次いつ故障するとも分からないため、乗り続けるのはリスクが高いです。 損傷の中でも水没は、とくに被害が大きく厄介なものですので、早めに廃車して乗り換えたほうが無難でしょう。

年式が古くて走行距離が多い

年式が古く走行距離も多く中古車として価値が低い場合は、廃車して乗り換えたほうがよいでしょう。年式は10年、走行距離は10万kmでほとんど価値がなくなると言われており、これを超えれば高値で売却するのは難しいです。 加えて事故車となればさらに価値は下がり、ほとんど値が付きません。修理して使っても、売却時にはほとんどお金にならず、元の状態が悪ければ長持ちしないことも多いでしょう。10年、10万kmは車の寿命とも言えますので、事故を機に廃車して乗り換えるのがおすすめです。

事故車の処分は速やかに決断しよう

事故車でも、名義を持ち続けていれば課税の対象になり、維持費がかかります。また廃車が遅れればそのぶん還付金も減りますので、損をしないためにも早めに決断を下すことが大切です。廃車か修理して乗るかを自分なりの判断基準で決め、素早く対応して損失を最小限に抑えましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車, 手続き
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト