中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

不動車なのに無料引き取りができる理由|手順と業者の選び方

パーツが故障して動かなくなったり、車検切れで動かせなくなったりと、車によって使用を制限される理由は違います。理由の違いこそあれ、これらはまとめて不動車と呼ばれ、処分に困ることも多いでしょう。車は処分するだけでも費用がかかりますが、実は一部無料引き取りを行う業者もあります。 どのような業者が無料引き取りを行うのかを知り、無料で処分してもらえる理由も把握して、不動車を上手に手放しましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

不動車の無料引き取りが可能な理由

車を処分する際には、スクラップにかけて解体するのが基本であり、どうしても費用がかかります。処分を依頼すると、解体費用を請求されることがほとんどですが、業者によっては無料で引き取り対応してくれる場合もあります。 無料で処分できるならそれに越したことはありませんが、処分=費用がかかると考える人は多く、怪しいと思ってしまうことも少なくありません。しかし、無料引き取りだからといって、違法なわけではなく、合法的に行われている場合がほとんどです。費用がかかるはずの引き取りがなぜ無料でできるのか、それには3つの理由があります。

鉄を再利用できる

車は大部分が鉄でできており、不動車であっても資源的な価値は存在します。車の大きさによって金額は変わりますが、軽自動車でも数万円分くらいの鉄が取れることが多く、解体費用と相殺できるため、無料引き取りが可能です。

パーツを中古として販売できる

不動車は必ずしも完全に故障しているとは限らず、パーツ単位で見るとまだまだ使えるものが残されている場合も多いです。仮に動かない場合でもパーツが無事ならそれを取り出し、再利用できます。無事なパーツが多いと、分解して中古品で売却できるため、業者に利益が上がり、その分引き取り費用を無料にして引き取ってもらえます。 中古品のパーツは需要が高く、分解後に整備をすることでほとんどのパーツを再利用することも可能です。不動車のパーツ取りは利益が出やすいため、少しでも状態が良いなら積極的に無料引き取りを行う業者は多いでしょう。

海外に輸出して販売できる

不動車は車検切れによって動かないものも該当し、実際にはメンテナンス次第で運転できるものもあります。手を加えて走行可能なものは海外で売却ができ、大きな利益が上がるため引き取り費用を無料にする業者が多いです。 日本の車は海外で人気が高く、不動車でも高値で取引されるケースが多いです。また、日本と海外では車に対しての考え方も違っており、年式が古く走行距離が長くても、走れるなら問題なしとされる傾向にあります。多少の状態の悪さは気にされないため、不動車でも輸出して売却することは可能です。

不動車の無料引き取りを依頼する時の手順

不動車を処分するなら、無料引き取りを行う業者に依頼しましょう。車の処分は面倒な手続きが必要とイメージする人も多いでしょうが、手順さえ理解しているならそれほど難しくはありません。全体の流れを把握して、無料引き取りでスムーズに不動車を処分しましょう。

業者に連絡を入れる

不動車の引き取りをしてもらうには、まずは業者に連絡を入れなければなりません。車の引き取り処分を行う業者は多いため、複数比較してもっともお得に利用できる業者を見つけることが大切です。業者に連絡をすると、引き取りの方法や日時を選択し、スケジュールを組みます。 不動車の場合は業者に取りに来てもらうことになるため、運搬の費用も含めて無料か確認しておきましょう。業者によっては持ち込みに限って引き取りと処分を無料で請け負う場合もあります。別途運搬費用が必要な場合は、1万円程度かかることが多いため、業者を調べ直して全額無料で利用できるところを探したほうが良いでしょう。

車の引き取りに立ち会う

指定した日時になると、業者が車を引き取りに来ます。車の引き取りには立ち合いが必要なため、必ず予定を開けておきましょう。基本的には手続きの進め方や引き取り時の注意点、処分の方法といった簡単な説明だけのため、30分程度で終わることが多いです。 ただし、ガレージが狭かったり、路地が狭かったりすると、引き取りがスムーズにいかず、時間がかかるケースもあります。特殊な事情がある場合は事前に業者に伝えておくと、よりスムーズに引き取りが完了するでしょう。

廃車の手続きを行う

車を引き取ってもらった後は廃車手続きを行い、名義を抹消します。車を引き取ってもらっただけでは名義は残り続け、自動車税の課税対象になるため注意しなければなりません。 廃車手続きは運輸支局で行いますが、業者によっては廃車まで代行してくれることもあります。業者ごとにサービス内容は違うため、引き取りに際してどこまでやってくれるかは必ず確認しておきましょう。

不動車の無料引き取りを依頼する業者の選び方

不動車を処分する際には、余計な費用をかけないためにも無料引き取りを実施する業者を選ぶのが賢明です。しかし、無料引き取りを行う業者は非常に多く、それぞれで細かいサービス内容も違います。 そのため、結局どこがもっとも良いのか分からず、悩んでしまうことも多いでしょう。スムーズに処分を完了させるには、業者の選び方から意識して行うことが大切です。

自治体から解体や引き取りの許可を得ている

車の解体処分は誰でもできるわけではなく、自動車リサイクル法によって制限がかけられています。自治体から認可を得た業者でないと、車の解体処分を行うことはできないため、ホームページで認可の有無を確認しましょう。認可なしで営業を行っている場合、違法な取引をしている可能性が高く、信頼性に欠けるため避けたほうが無難です。

引き取りに使える車が充実している

不動車の引き取りではレッカー車を用いることが多いですが、状況に応じて別の車両が必要なこともあります。引き取ってもらう車の状態や種類、場所によっては特殊な車両が必用になる場合もあるため、万が一に備えて引き取り用の車が充実した業者を選びましょう。 使える車両が複数ある業者なら、事前に状況を伝えることで特殊なケースにもスムーズに対応してくれます。対応できる車両がないために引き取りに時間がかかる、あるいは別途費用を請求されるということもあるため、最初から選択肢が多い業者がおすすめです。

無料引き取りの利用で不動車をお得に処分しよう

無料引き取りが可能なのは、不動車でも活用して、業者の利益になるからです。中には認可を受けずに解体処分を行う違法な業者もありますが、基本的には信頼できる業者ばかりと言えます。無料引き取りならコストがかからず、よりお得に処分できるため、信頼できる業者を見つけて、不動車をスムーズに手放しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト